DAX メトリクスとディメンションの表示 - Amazon DynamoDB

DAX メトリクスとディメンションの表示

Amazon DynamoDB を操作するとき、メトリクスとディメンションが Amazon CloudWatch に送信されます。以下の手順を使用して、DynamoDB Accelerator (DAX) のメトリクスを表示できます。

メトリクスを表示するには (コンソール)

メトリクスはまずサービスの名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内のさまざまなディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Metrics] (メトリクス) を選択します。

  3. [DAX] 名前空間を選択します。

メトリクス () を表示するにはAWS CLI
  • コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。

    aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/DAX"

DAX メトリクスとディメンション

以下のセクションでは、DAX が CloudWatch に送信するメトリクスとディメンションについて説明します。

DAX メトリクス

次のメトリクスは DAX から入手できます。DAX は、値がゼロ以外のメトリクスのみを CloudWatch に送信します。

注記

CloudWatch は 1 分間隔で以下の DAX メトリクスを集計します。

  • CPUUtilization

  • CacheMemoryUtilization

  • NetworkBytesIn

  • NetworkBytesOut

  • NetworkPacketsIn

  • NetworkPacketsOut

  • GetItemRequestCount

  • BatchGetItemRequestCount

  • BatchWriteItemRequestCount

  • DeleteItemRequestCount

  • PutItemRequestCount

  • UpdateItemRequestCount

  • TransactWriteItemsCount

  • TransactGetItemsCount

  • ItemCacheHits

  • ItemCacheMisses

  • QueryCacheHits

  • QueryCacheMisses

  • ScanCacheHits

  • ScanCacheMisses

  • TotalRequestCount

  • ErrorRequestCount

  • FaultRequestCount

  • FailedRequestCount

  • QueryRequestCount

  • ScanRequestCount

  • ClientConnections

  • EstimatedDbSize

  • EvictedSize

  • CPUCreditUsage

  • CPUCreditBalance

  • CPUSurplusCreditBalance

  • CPUSurplusCreditsCharged

AverageSum など、すべての統計が必ずしも常にすべてのメトリクスに適用可能であるとは限りません。ただし、これらの値はすべて DAX コンソール経由で利用できます。または CloudWatch コンソール、AWS CLI、AWS SDK を使用してすべてのメトリクスを利用できます。次の表は、各メトリクスに適用可能な有効な統計のリストを示します。

メトリクス 説明
CPUUtilization

ノードまたはクラスタの CPU 使用率の割合。

単位: Percent

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

CacheMemoryUtilization

ノードまたはクラスター上のアイテムキャッシュおよびクエリキャッシュによって使用されている使用可能なキャッシュメモリの割合。メモリ使用率が 100% に達する前に、キャッシュされたデータが削除され始めます (EvictedSize メトリクスを参照)。いずれかのノードで CacheMemoryUtilization が 100% に達すると書き込み要求が抑制されるので、より大きなノードタイプのクラスターへの切り替えを検討する必要があります。

単位: Percent

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

NetworkBytesIn

ノードまたはクラスターによってすべてのネットワークインターフェイスで受信されたバイトの数。

単位: Bytes

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

NetworkBytesOut

ノートまたはクラスターによってすべてのネットワークインターフェイスで送信されたバイトの数。このメトリクスは、送信トラフィックのボリュームを単一のノードまたはクラスターでのバイト数として識別します。

単位: Bytes

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

NetworkPacketsIn

ノードまたはクラスターによってすべてのネットワークインターフェイスで受信されたパケットの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

NetworkPacketsOut

ノートまたはクラスターによってすべてのネットワークインターフェイスで送信されたパケットの数。このメトリクスは、送信トラフィックのボリュームを単一のノードまたはクラスターでのパケット数として識別します。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

GetItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された GetItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

BatchGetItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された BatchGetItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

BatchWriteItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された BatchWriteItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

DeleteItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された DeleteItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

PutItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された PutItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

UpdateItemRequestCount

ノードまたはクラスターで処理された UpdateItem リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

TransactWriteItemsCount

ノードまたはクラスターで処理された TransactWriteItems リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

TransactGetItemsCount

ノードまたはクラスターで処理された TransactGetItems リクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ItemCacheHits

ノードまたはクラスターによってキャッシュから項目が返された回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ItemCacheMisses

項目がノードキャッシュまたはクラスターキャッシュに存在せず、DynamoDB から取得する必要があった回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

QueryCacheHits

ノードキャッシュまたはクラスターキャッシュからクエリ結果が返された回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

QueryCacheMisses

クエリ結果がノードキャッシュまたはクラスターキャッシュに存在せず、DynamoDB から取得する必要があった回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ScanCacheHits

ノードキャッシュまたはクラスターキャッシュからスキャン結果が返された回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ScanCacheMisses

スキャン結果がノードキャッシュまたはクラスターキャッシュに存在せず、DynamoDB から取得する必要があった回数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

TotalRequestCount

ノードまたはクラスターによって処理されたリクエストの合計数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ErrorRequestCount

ノードまたはクラスターによって報告されたユーザーエラーの原因となったリクエストの合計数。ノードまたはクラスターによってスロットリングされたリクエストが含まれます。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ThrottledRequestCount

ノードまたはクラスターによってスロットリングされたリクエストの合計数。DynamoDB によってスロットリングされたリクエストは含まれません。DynamoDB メトリクス を使用してモニタリングできます。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

FaultRequestCount

ノードまたはクラスターによって報告された内部エラーの原因となったリクエストの総数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

FailedRequestCount

ノードまたはクラスターによって報告されたエラーの原因となったリクエストの合計数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

QueryRequestCount

ノードまたはクラスターによって処理されたクエリリクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ScanRequestCount

ノードまたはクラスターによって処理されたスキャンリクエストの数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

ClientConnections

クライアントから行われたノードまたはクラスターへの同時接続の数。

単位: Count

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

EstimatedDbSize

ノードまたはクラスターによって項目キャッシュおよびクエリキャッシュにキャッシュされるデータ量の近似。

単位: Bytes

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

EvictedSize

新しくリクエストされたデータ用のスペースを作るために、ノードまたはクラスターによってエビクトされたデータの量。ミス率が上昇し、この指標も増加している場合は、ワーキングセットが増加したと考えられます。より大きなノードタイプのクラスターへの切り替えを検討する必要があります。

単位: Bytes

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • Sum

CPUCreditUsage

CPU 使用率に関してノードで消費される CPU クレジットの数。1 つの CPU クレジットは、1 個の vCPU が 100% の使用率で 1 分間実行されること、または、vCPU、使用率、時間の同等の組み合わせ (たとえば、1 個の vCPU が 50% の使用率で 2 分間実行されるか、2 個の vCPU が 25% の使用率で 2 分間実行される) に相当します。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。5 分を超える期間を指定する場合は、Average の代わりに Sum 統計を使用します。

単位: Credits (vCPU-minutes)

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

CPUCreditBalance

ノードが起動または開始後に蓄積した獲得 CPU クレジットの数。

クレジットは、獲得後にクレジット残高に蓄積され、消費されるとクレジット残高から削除されます。クレジット残高には、DAX ノードサイズによって決まる上限があります。制限に到達すると、獲得された新しいクレジットはすべて破棄されます。

CPUCreditBalance のクレジットは、ノードがそのベースライン CPU 使用率を超えてバーストするために消費できます。

単位: Credits (vCPU-minutes)

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

CPUSurplusCreditBalance

CPUCreditBalance 値がゼロの場合に DAX ノードによって消費された余剰クレジットの数。

CPUSurplusCreditBalance 値は獲得した CPU クレジットによって支払われます。余剰クレジットの数が、24 時間にノードが獲得できるクレジットの最大数を超えている場合、最大数を超えて消費された余剰クレジットに対しては料金が発生します。

単位: Credits (vCPU-minutes)

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

CPUSurplusCreditsCharged

獲得 CPU クレジットにより支払われないために追加料金が発生した消費済み余剰クレジットの数。

消費済み余剰クレジットは、消費された余剰クレジットがノードで 24 時間に獲得できる最大クレジット数を超えている場合に課金されます。最大数を越えて消費された余剰クレジットは、時間の最後またはノードが終了したときに課金されます。

単位: Credits (vCPU-minutes)

有効な統計:

  • Minimum

  • Maximum

  • Average

  • SampleCount

  • Sum

注記

CPUCreditUsageCPUCreditBalanceCPUSurplusCreditBalance、および CPUSurplusCreditsCharged メトリクスは T3 ノードでのみ使用できます。

DAX メトリクスのディメンション

DAX のメトリクスは、アカウント、クラスター ID、またはクラスター ID とノード ID の組み合わせの値によって修飾されます。CloudWatch コンソールを使用して、以下の表に示すいずれかのディメンションに従って DAX データを取得できます。

ディメンション

CloudWatch メトリクス名前空間

説明

Account DAX Metrics

アカウント内のすべてのノードで集計された統計情報を提供します。

ClusterId Cluster Metrics

データをクラスターに制限します。

ClusterId, NodeId ClusterId, NodeId

データをクラスター内のノードに制限します。