読み取り/書き込みキャパシティーモードの変更時の考慮事項