Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

DynamoDB トランザクションで複雑なワークフローを管理する

Amazon DynamoDB トランザクションは、テーブル内およびテーブル間の複数の項目を調整したり、変更しないといった、開発者のエクスペリエンスを簡素化します。トランザクションによって DynamoDB に不可分性、一貫性、分離性、耐久性 (ACID) が実現されるため、アプリケーション内でのデータの精度を維持することができます。

DynamoDB トランザクション読み取り/書き込み API を使用し、1 つのオースオアナッシングオペレーションとして複数の項目の追加、更新、または削除が必要となる複雑なビジネスワークフローを管理できます。たとえば、ビデオゲーム開発者であれば、ゲーム内でのアイテム交換やゲーム内購入の際に、プレイヤーのプロファイル更新の正確性を確保できます。

トランザクション書き込み API を使用して、複数の PutUpdateDeleteConditionCheck の各アクションをグループ化できます。その後、アクションを単一の TransactWriteItems オペレーションとして送信できます。このオペレーションはユニットとして成功または失敗します。同じことが複数の Get アクションにも当てはまります。この場合、1 つの TransactGetItems オペレーションとしてグループ化し、送信できます。

DynamoDB テーブルのトランザクションを有効にするために、追加料金はかかりません。トランザクションの一部となっている読み取りまたは書き取りにのみ料金が発生します。DynamoDB は、トランザクション内の各項目の基になっている 2 つの読み取りまたは書き込みを実行します。1 つはトランザクションの準備用で、もう 1 つはトランザクションのコミット用です。これらの基になっている 2 つの読み取り/書き込みオペレーションは、Amazon CloudWatch メトリクスに表示されます。

DynamoDB トランザクションを開始するには、最新の AWS SDK または AWS Command Line Interface (AWS CLI) をダウンロードします。その後、「DynamoDB トランザクションの例」に従います。

以下のセクションでは、トランザクション API の全体的な詳細とそれらを DynamoDB で使用する方法を示します。