S3 の場所 - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

S3 の場所

Amazon S3 内の、ジョブ結果が保存される場所に関する情報が含まれます。

内容

AccessControlList

保存した結果へのアクセスを制御する、許可のリスト。

Type: 配列の許可オブジェクト

必須: いいえ

BucketName

ジョブ結果が保存されている Amazon S3 バケットの名前。バケットは、入力アーカイブオブジェクトを含むボールトと同じ AWS リージョンにある必要があります。

Type: 文字列

必須: はい

CannedACL

ジョブ結果に適用する、既定アクセスコントロールリスト (ACL)。

Type: 文字列

有効な値: private | public-read | public-read-write | aws-exec-read | authenticated-read | bucket-owner-read | bucket-owner-full-control

必須: いいえ

[Encryption] (暗号化)

Amazon S3 にジョブ結果を保存するのに使用された、暗号化に関する情報を含むオブジェクト。

タイプ: [Encryption] (暗号化) オブジェクト

必須: いいえ

[Prefix] (プレフィックス)

このリクエストの結果に付加されるプレフィックス。プレフィックスの最大長は、512 バイトです。

Type: 文字列

必須: はい

StorageClass

ジョブ結果を保存するために使用される、ストレージのクラス。

Type: 文字列

有効な値: STANDARD | REDUCED_REDUNDANCY | STANDARD_IA

必須: いいえ

タグ付け

ジョブ結果に適用されるタグセット。

Type: 文字列から文字列へのマッピング

必須: いいえ

UserMetadata

ジョブ結果とともに ​Amazon S3 に保存されるメタデータのマップ。

Type: 文字列から文字列へのマッピング

必須: いいえ

詳細