Amazon S3 Glacier でのアーカイブの削除 - Amazon S3 Glacier

Amazon S3 Glacier でのアーカイブの削除

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) 管理コンソールを使用してアーカイブを削除することはできません。アーカイブを削除するには、AWS Command Line Interface (CLI) の使用またはコードの記述が必要になります。削除をリクエストするコードを記述する場合は、REST API を直接使用するか、AWS SDK for Java と .NET ラッパーライブラリを使用します。以下のトピックでは、AWS SDK for Java、.NET ラッパーライブラリ、REST API、AWS CLI の使用方法について説明します。

ボールトから削除できるアーカイブは一度に 1 つです。アーカイブを削除するには、削除リクエストにアーカイブ ID を指定する必要があります。アーカイブ ID は、そのアーカイブを含むボールトのボールトインベントリをダウンロードすることで取得できます。ボールトインベントリのダウンロードの詳細については、「Amazon S3 Glacier でのボールト​インベントリのダウンロード」を参照してください。

アーカイブを削除した後でも、削除したアーカイブの取得ジョブを開始することはリクエストできますが、アーカイブの取得ジョブ自体は失敗します。

アーカイブを削除する際に、該当するアーカイブ ID のアーカイブが取得中であった場合、取得は以下のシナリオに応じて成功する場合と成功しない場合があります。

  • S3 Glacier がアーカイブの削除リクエストを受け取ったときに、アーカイブの取得ジョブがダウンロード用のデータを準備している最中であった場合には、アーカイブの取得オペレーションが失敗することがあります。

  • S3 Glacier がアーカイブの削除リクエストを受け取ったときに、アーカイブの取得ジョブがダウンロード対象のアーカイブの準備を完了していた場合には、出力をダウンロードできます。

アーカイブの取得に関する詳細については、「Amazon S3 Glacier でのアーカイブのダウンロード」を参照してください。

このオペレーションはべき等です。既に削除されたアーカイブを削除しようとした場合には、エラーは発生しません。

アーカイブの削除後、すぐにボールトインベントリをダウンロードした場合、リストに削除したアーカイブが含まれることがあります。S3 Glacier がボールトインベントリを更新するのは、約 1 日 1 回であるためです。