パターンベースのフィーチャーブランチデプロイ - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パターンベースのフィーチャーブランチデプロイ

パターンベースのブランチデプロイでは、特定のパターンに一致するブランチを Amplify に自動的にデプロイできます。 GitFlowリリースにフィーチャーブランチやワークフローを使用する製品チームは、「release**」などのパターンを定義して、「release」で始まる Git ブランチを共有可能な URL に自動的にデプロイできるようになりました。このブログ記事では、さまざまなチームワークフローでこの機能を使用する方法について説明します。

  1. [App settings] > [General] > [Edit] の順に選択します。

  2. ブランチの自動検出スイッチを有効にします。

  1. ブランチを自動的にデプロイするためのパターンを定義します。

    • *— リポジトリ内のすべてのブランチをデプロイします。

    • release*'— 'release という単語で始まるすべてのブランチをデプロイします。

    • release*/—「release/」パターンに一致するすべてのブランチをデプロイします。

    • 複数のパターンをカンマ区切りのリストで指定します。例: release*, feature*

  2. [Branch autodetection - access control] を [Enabled] に設定して、自動的に作成されるすべてのブランチに対して自動パスワード保護を設定します。

  3. Amplify バックエンドを使用して構築されたアプリケーションの場合は、新しい環境を作成するか、すべてのブランチを既存のバックエンドにポイントするかを選択できます。

カスタムドメインに接続されたアプリのパターンベースのフィーチャーブランチデプロイ

Amazon Route 53 カスタムドメインに接続されたアプリケーションには、パターンベースのフィーチャーブランチデプロイを使用できます。