Amazon Route 53 カスタムドメインの自動サブドメインを設定する - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Route 53 カスタムドメインの自動サブドメインを設定する

アプリが Route 53 のカスタムドメインに接続された後、Amplify を使用すると、新しく接続されたブランチのサブドメインを自動的に作成できます。たとえば、devブランチ、Amplify が自動的に作成可能dev.exampledomain.com。ブランチを削除すると、関連するサブドメインが自動的に削除されます。

新しく接続されたブランチの自動サブドメイン作成を設定するには

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開くにはAmplify コンソール

  2. Route 53 で管理されているカスタムドメインに接続されているアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。アプリの設定[] を選択してから、ドメイン管理

  4. リポジトリの []ドメイン管理[] ページで、[]サブドメインの管理

  5. [] を選択します。サブドメイン自動検出左下のチェックボックスをオンにします。

注記

この機能は、ルートドメインでのみ使用できます。たとえば、exampledomain.com。ドメインがすでにサブドメインである場合、Amplify コンソールにこのチェックボックスは表示されません。dev.exampledomain.com

サブドメインを含む Web プレビュー

有効にした後サブドメイン自動検出前述の手順を使用して、自動的に作成されたサブドメインを使用して、アプリのプルリクエストウェブプレビューにアクセスすることもできます。プルリクエストが閉じられると、関連するブランチとサブドメインは自動的に削除されます。プルリクエスト用の Web プレビューの設定の詳細については、「」を参照してください。プルリクエストのウェブプレビュー