GitHub リポジトリへの Amplify アクセスを設定する - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

GitHub リポジトリへの Amplify アクセスを設定する

Amplify は、 GitHub アプリの機能で、GitHub リポジトリへの Amplify 読み取り専用アクセスを許可します。Amplify GitHub アプリ、権限はより細かく調整され、指定したリポジトリにのみAmplifyアクセス権を付与できます。GitHub Apps の詳細については、「」を参照してください。概要 GitHub アプリケーションで GitHub ウェブサイト.

に保存されている新しいアプリを接続すると GitHub レポ、デフォルトで Amplify は GitHub リポジトリにアクセスするアプリケーション。ただし、GitHub リポジトリから以前に接続した既存の Amplify アプリは OAuth を使用してアクセスします。CI/CD はこれらのアプリで引き続き動作しますが、新しい Amplify を使用するように移行することを強くお勧めします。 GitHub アプリケーション。

Amplify コンソールを使用して新しいアプリをデプロイするか、既存のアプリを移行すると、Amplify のインストール場所に自動的にリダイレクトされます。 GitHub アプリケーション。アプリのインストールランディングページに手動でアクセスするには、Web ブラウザを開き、リージョン別にアプリに移動します。の形式を使用します。https://github.com/apps/aws-amplify-REGION、置き換える領域Amplify アプリをデプロイするリージョンを使用します。たとえば、Amplify をインストールするには GitHub アプリを、米国西部 (オレゴン) リージョンの [https://github.com/apps/aws-amplify-us-west-2] に移動します。

Amplify のインストールと承認 GitHub 新しいデプロイメント用のアプリ

新しいアプリを既存のコードから Amplify にデプロイすると GitHub repo、次の手順を使用して、インストールおよび認証を行います。 GitHub アプリケーション。

Amplify をインストールして承認するには GitHub アプリケーション

  1. にサインインするAWS Management Console[] を開くにはコンソールAmplify

  2. [] からすべてのアプリケーション[] ページで [] を選択します新しいアプリとなる。ウェブアプリをホストする

  3. リポジトリの []Amplify Hosting の使用を開始します[] ページで [] を選択しますGitHub[] の順に選択します。続行

  4. これが初めて接続する場合 GitHub リポジトリ、GitHub.com のブラウザに新しいページが開き、承認の許可が要求されます。AWS AmplifyGitHub アカウント内にあります。[Authorize] を選択します。

  5. 次に、Amplify をインストールする必要があります GitHub アプリ内 GitHub アカウント. GitHub.com で、インストールと承認の許可を要求するページが開きます。AWS AmplifyGitHub アカウント内にあります。

  6. [] を選択します。 GitHub Amplify をインストールするアカウント GitHub アプリケーション。

  7. 以下のいずれかを実行します。

    • インストールをすべてのリポジトリに適用するには、すべてのリポジトリ

    • 選択した特定のリポジトリにインストールを制限するには、リポジトリのみを選択。移行するアプリのリポを、選択したリポジトリに必ず含めてください。

  8. 選択インストールと認証

  9. [] にリダイレクトされます。リポジトリブランチの追加Amplify コンソールでアプリのページを表示します。

  10. 最近更新されたリポジトリリストで、接続するリポジトリの名前を選択します。

  11. ブランチリストで、接続するリポジトリブランチの名前を選択します。

  12. [Next] (次へ) を選択します。

  13. リポジトリの []ビルド設定を構成する[] ページで [] を選択します

  14. リポジトリの []確認[] ページで [] を選択します保存してデプロイ

既存のものを移行するOAuthAmplifyへのアプリ GitHub アプリケーション

以前に接続した既存の Amplify アプリ GitHub リポジトリはリポジトリアクセスに OAuth を使用します。これらのアプリを Amplify GitHub アプリを使用するように移行することを強くお勧めします。

次の手順に従って、アプリを移行し、対応する OAuth Webhook を GitHub アカウント. マイグレーションの手順は、Amplify かどうかによって異なることに注意してください。 GitHub アプリは既にインストールされています。最初のアプリを移行し、をインストールして認証した後 GitHub App の場合、それ以降のアプリの移行でリポジトリ権限を更新するだけで済みます。

アプリを OAuth から GitHub アプリケーション

  1. にサインインするAWS Management Console[] を開くにはコンソールAmplify

  2. 移行するアプリを選択します。

  3. アプリの情報ページで、青を見つけるGitHub アプリに移行するメッセージを送って選ぶ移行の開始

  4. リポジトリの []インストールと承認 GitHub アプリケーション[] ページで [] を選択します設定 GitHub アプリケーション

  5. GitHub.com のブラウザに新しいページが開き、認証の許可が要求されます。AWS Amplify[] 内の GitHub アカウント. [Authorize] を選択します。

  6. [] を選択します。 GitHub Amplify をインストールするアカウント GitHub アプリケーション。

  7. 以下のいずれかを実行します。

    • インストールをすべてのリポジトリに適用するには、すべてのリポジトリ

    • 選択した特定のリポジトリにインストールを制限するには、リポジトリのみを選択。移行するアプリのリポジトリを、選択したリポジトリに必ず含めてください。

  8. 選択インストールと認証

  9. 「」にリダイレクトされます。インストールと承認 GitHub アプリケーションAmplify コンソールでアプリのページを表示します。もし GitHub 認証が成功すると、成功メッセージが表示されます。を選択します。

  10. リポジトリの []完全なインストール[] ページで [] を選択します完全なインストール。この手順では、既存の Webhook を削除し、新しいウェブフックを作成し、移行を完了します。

Amplify の設定 GitHub アプリケーション用AWS CloudFormation、CLI、SDK のデプロイメント

以前に接続した既存の Amplify アプリ GitHub リポジトリはリポジトリアクセスに OAuth を使用します。これには、Amplify コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してデプロイしたアプリが含まれます。AWS CloudFormation、またはSDKs。新しい Amplify を使用するには、これらのアプリを移行することを強くお勧めします。 GitHub アプリケーション。マイグレーションは、Amplify コンソールのAWS Management Console。手順については、「既存のものを移行するOAuthAmplifyへのアプリ GitHub アプリケーション」を参照してください。

次を使用できます。AWS CloudFormation、Amplify CLI、および SDK を使用して、新しい Amplify アプリケーションをデプロイします。 GitHub レポアクセス用のアプリ。このプロセスでは、最初に Amplify をインストールする必要があります。 GitHub アプリ内 GitHub アカウント. 次に、で個人用アクセストークンを生成する必要があります。 GitHub アカウント. 最後に、アプリをデプロイし、個人用のアクセストークンを指定します。

Amplify をインストールする GitHub アカウント内のアプリ

  1. ウェブブラウザを開き、の Amplify GitHub アプリのインストール場所に移動します。AWSアプリを展開するリージョン。

    の形式を使用します。https://github.com/apps/aws-amplify-REGION/installations/new、置き換える領域あなた自身の入力で。たとえば、アプリを米国西部 (オレゴン) リージョンにインストールする場合は、https://github.com/apps/aws-amplify-us-west-2/installations/new

  2. [] を選択します。 GitHub Amplify をインストールするアカウント GitHub アプリケーション。

  3. 以下のいずれかを実行します。

    • インストールをすべてのリポジトリに適用するには、すべてのリポジトリ

    • 選択した特定のリポジトリにインストールを制限するには、リポジトリのみを選択。移行するアプリのリポを、選択したリポジトリに必ず含めてください。

  4. [Install] (インストール) をクリックします。

で個人用アクセストークンを生成する GitHub アカウント

  1. にサインインする GitHub アカウント.

  2. 右上隅にあるプロフィール写真を見つけ、設定[] メニューから [] を選択します。

  3. 左のナビゲーションメニューの [] を選択します。開発者設定

  4. リポジトリの []GitHub Appsページの左のナビゲーションメニューの個人用のアクセストークン

  5. リポジトリの []個人用のアクセストークン[] ページで [] を選択します新しいトークンを生成

  6. リポジトリの []新しい個人用アクセストークンページ,注意トークンの分かりやすい名前を入力します。

  7. スコープの選択セクションで、admin: repo_hook

  8. [Generate token] を選択します。

  9. 個人用のアクセストークンをコピーして保存します。CLI で Amplify アプリをデプロイするときに提供する必要があります。AWS CloudFormation、またはSDKs。

Amplify GitHub アプリは GitHub アカウントと個人アクセストークンを生成したら、Amplify CLIで新しいアプリをデプロイできます。AWS CloudFormation、またはSDKs。を使用するaccessTokenフィールドを使用して、前の手順で作成した個人用アクセストークンを指定します。詳細については、次を参照してください。CreateAppAPIリファレンスをAmplifyそしてAWS::Amplify::AppAWS CloudFormationユーザーガイド

次の CLI コマンドは、新しい Amplify アプリをデプロイします。 GitHub リポジトリアクセス用のアプリ。置換myapp-using-githubapp,https://github.com/Myaccount/react-app, およびTOKEN自分の情報を持ちます。

aws amplify create-app --name myapp-using-githubapp --repository https://github.com/Myaccount/react-app --access-token MY_TOKEN

Amplify を使用した Web プレビューの設定 GitHub アプリケーション

ウェブプレビューは、に対して行われたすべてのプルリクエスト (PR) をデプロイします。 GitHub リポジトリを一意のプレビュー URL にします。プレビューでAmplifyを使用するようになりました GitHub にアクセスするためのアプリ GitHub リポジトリ。をインストールして認証する手順については、を参照してください。 GitHub ウェブプレビュー用のアプリ。ウェブプレビューを有効にする