Amazon API Gateway
開発者ガイド

API Gateway リソースへのタグ付け

タグとは、ユーザーまたは AWS が AWS リソースに割り当てるメタデータラベルです。各タグは 2 つの部分で構成されます。

  • タグキー (例: CostCenterEnvironment、または Project)。タグキーでは、大文字と小文字が区別されます。

  • タグ値として知られるオプションのフィールド (例: 111122223333 または Production)。タグ値を省略すると、空の文字列を使用した場合と同じになります。タグキーとタグ値は大文字と小文字が区別されます。

タグは、以下のことに役立ちます。

  • リソースに割り当てられたタグに基づいて、リソースへのアクセスをコントロールします。AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーの条件でキーと値を指定することによってアクセスをコントロールします。タグベースのアクセスコントロールの詳細については、IAM ユーザーガイドの「タグを使用したアクセスのコントロール」を参照してください。

  • AWS のコストの追跡。これらのタグは、AWS Billing and Cost Management ダッシュボードで有効化します。AWS はタグを使用してコストを分類し、月単位のコスト配分レポートを提供します。詳細については、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

  • AWS リソースの特定と整理。多くの AWS のサービスではタグ付けがサポートされるため、さまざまなサービスからリソースに同じタグを割り当てて、リソースの関連を示すことができます。たとえば、CloudWatch イベント ルールに割り当てるのと同じタグを API Gateway ステージに割り当てることができます。

タグの使用方法のヒントについては、「AWS の回答」ブログの「AWS タグ付け戦略」を参照してください。

以下のセクションでは、Amazon API Gateway のタグの詳細について説明しています。