メニュー
Amazon API Gateway
開発者ガイド

AWS CLI コマンドを使用して API の SDK を生成する

AWS CLI を使用して、get-sdk コマンドを呼び出すことによって、サポートされているプラットフォーム用の API の SDK を生成およびダウンロードできます。以下では、サポートされているプラットフォームの一部について、これを示しています。

AWS CLI を使用した、Java for Android SDK の生成とダウンロード

特定のステージ (test) で、API (udpuvvzbkc) の API Gateway で生成された Java for Android SDK を生成してダウンロードするには、次のようにコマンドを呼び出します。

aws apigateway get-sdk \ --rest-api-id udpuvvzbkc \ --stage-name test \ --sdk-type android \ --parameters groupId='com.mycompany',\ invokerPackage='com.mycompany.myApiSdk',\ artifactId='myApiSdk',\ artifactVersion='0.0.1' \ ~/apps/myApi/myApi-android-sdk.zip

~/apps/myApi/myApi-android-sdk.zip の最後の入力は、myApi-android-sdk.zip という名前の、ダウンロードした SDK ファイルへのパスです。

AWS CLI を使用した、JavaScript SDK の生成とダウンロード

特定のステージ (test) で、API (udpuvvzbkc) の API Gateway で生成された JavaScript SDK を生成してダウンロードするには、次のようにコマンドを呼び出します。

aws apigateway get-sdk \ --rest-api-id udpuvvzbkc \ --stage-name test \ --sdk-type javascript \ ~/apps/myApi/myApi-js-sdk.zip

~/apps/myApi/myApi-js-sdk.zip の最後の入力は、myApi-js-sdk.zip という名前の、ダウンロードした SDK ファイルへのパスです。

AWS CLI を使用した、Ruby SDK の生成とダウンロード

特定のステージ (test) で、API (udpuvvzbkc) の Ruby SDK を生成してダウンロードするには、次のようにコマンドを呼び出します。

aws apigateway get-sdk \ --rest-api-id udpuvvzbkc \ --stage-name test \ --sdk-type ruby \ --parameters service.name=myApiRubySdk,ruby.gem-name=myApi,ruby.gem-version=0.01 \ ~/apps/myApi/myApi-ruby-sdk.zip

~/apps/myApi/myApi-ruby-sdk.zip の最後の入力は、myApi-ruby-sdk.zip という名前の、ダウンロードした SDK ファイルへのパスです。

次に、生成された SDK を使用して基盤となる API を呼び出す方法を示します。詳細については、「生成された SDK を使用して API を呼び出します」を参照してください。