HTTP API の操作 - Amazon API Gateway

HTTP API の操作

HTTP API を使用すると、REST API よりも低いレイテンシーとコストで RESTful API を作成することができます。

HTTP API を使用して、AWS Lambda 関数またはルーティング可能な HTTP エンドポイントにリクエストを送信できます。

たとえば、バックエンドの Lambda 関数と統合する HTTP API を作成できます。クライアントが API を呼び出すと、API Gateway はリクエストを Lambda 関数に送信し、関数のレスポンスをクライアントに返します。

HTTP API は、OpenID Connect および OAuth 2.0 認証をサポートしています。クロスオリジンリソース共有 (CORS) と自動デプロイのサポートが組み込まれています。

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、API、AWS CloudFormation、または SDK を使用して HTTP API を作成できます。HTTP API は、これまでは WebSocket API のみをサポートしていた API Gateway バージョン 2 API を使用します。