API Gateway プライベート統合用の Network Load Balancer の設定 - Amazon API Gateway

API Gateway プライベート統合用の Network Load Balancer の設定

次の手順では、Amazon EC2 コンソールを使用して API Gateway プライベート統合用の Network Load Balancer (NLB) を設定するステップを示し、各ステップについて詳細な説明の参照を提供します。

各 VPC にリソースがあり、1 つの NLB と 1 つ VPCLink 設定するだけで済みます。NLB は、NLB あたり複数のリスナーターゲットグループをサポートしています。各サービスを NLB の特定のリスナーとして設定でき、単一の VPCLink を使用して NLB に接続できます。API Gateway でプライベート統合を作成するときに、各サービスに割り当てられた特定のポートを使用して、各サービスを定義します。詳細については、「チュートリアル: API Gateway プライベート統合を使用して REST API をビルドする」を参照してください。

注記

Network Load Balancer と API は、同じ AWS アカウントにより所有される必要があります。

API Gateway コンソールを使用してプライベート統合用の Network Load Balancer を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールにサインインして、ナビゲーションバーでリージョンを選択します (例: us-east-1)。

  2. Amazon EC2 インスタンスでウェブサーバーを設定します。設定例については、「Amazon Linux への LAMP ウェブサーバーのインストール」を参照してください。

  3. Network Load Balancer を作成し、EC2 インスタンスをターゲットグループに登録して、ターゲットグループを Network Load Balancer のリスナーに追加します。詳細については、「Network Load Balancer の開始方法」の手順に従ってください。

    Network Load Balancer が作成されたら、その ARN を書き留めます。この ARN は、API と Network Load Balancer の背後にある VPC リソースを統合するために、API Gateway で VPC リンクを作成する際に必要になります。