Amazon API Gateway
開発者ガイド

前提条件: API Gateway で API を構築する準備を整える

初めて Amazon API Gateway を使用する前に、AWS アカウントを所有している必要があります。

Amazon API Gateway の使用開始」および「Amazon API Gateway チュートリアル」の多くのチュートリアルでは、必要な IAM ポリシーが自動的に作成されます。ただし、独自の API の作成を開始する場合、「IAM アクセス権限により API へのアクセスを制御する」および以下に示す情報を検討する必要があります。

AWS アカウントにサインアップする

Amazon API Gateway、AWS Lambda、およびその他の AWS のサービスを使用するには、AWS アカウントが必要です。アカウントをお持ちでない場合は、aws.amazon.com にアクセスして、[Create an AWS Account] を選択します。詳細な手順については、「AWS アカウントの作成とアクティブ化」を参照してください。

IAM 管理者ユーザーの作成

ベストプラクティスとしては、管理者権限を持つ AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーも合わせて作成します。ルート認証情報を必要としてないすべての機能にこれを使用します。コンソールアクセス用のパスワードと、コマンドラインツールを使用するためのアクセスキーを作成します。詳細については、『IAM ユーザーガイド』の「最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成」を参照してください。