検出コネクタのトラブルシューティング - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

検出コネクタのトラブルシューティング

このセクションには、Application Discovery Service に関する既知の問題のトラブルシューティングに役立つトピックが含まれています。

検出コネクタが到達できない問題を修正するAWSセットアップ中に

設定時にAWSエージェントレス検出コネクタは、コンソールに、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

到達できませんでしたAWS

AWSに到達できません (接続リセット)。ネットワークとプロキシの設定を確認してください。

このエラーは、検出コネクタが HTTPS 接続を確立するために失敗したために発生します。ec2.amazonaws.comセットアッププロセス中に。接続を確立できない場合、検出コネクタの構成は失敗します。

への接続を修正するにはAWS

  1. ファイアウォールが送信トラフィックをブロックしているかどうかを確認します。ec2.amazonaws.com。ブロックされている場合は、ブロックを解除します。ファイアウォールを更新した後、検出コネクタを再構成します。

  2. ファイアウォールを更新しても接続の問題が解決しない場合は、コネクタ仮想マシンにアウトバウンドネットワーク接続があることを確認します。仮想マシンにアウトバウンド接続がある場合は、aws.amazon.comおよびec2.amazonaws.comを実行してTelnetポート80および443に。

    telnet ec2.amazonaws.com 80
  3. 仮想マシンからのアウトバウンド接続が有効になっている場合は、AWS サポートを参照して、さらにトラブルシューティングを行ってください。

異常なコネクタの修正

各検出コネクタのHealth 情報は、データコレクターページMigration Hub。[Health (ヘルス)] ステータスが [Unhealthy (異常)] のコネクタを検索すると、問題のあるコネクタを特定できます。次の手順では、コネクタコンソールにアクセスしてヘルスの問題を特定する方法の概要を示します。

コネクタコンソールへのアクセス

  1. Web ブラウザーで Migration Hub コンソールを開き、[] を選択します。データコレクター左側のナビゲーションから「」を選択します。

  2. [] からコネクタタブで、[IP addressの健全性ステータスを持つ各コネクタの異常

  3. コネクタ仮想マシンに接続できる任意のコンピュータでブラウザを開き、コネクタコンソールの URL を入力します。https://ip_address_of_connectorここで、とします。ip_address_of_connectorは、正常でないコネクタの IP アドレスです。

  4. コネクタの構成時に設定されたコネクタ管理コンソールのパスワードを入力します。

コネクタコンソールにアクセスすると、異常なステータスを解決するためのアクションを実行できます。ここで選択することができます情報の表示forvCenter の接続をクリックすると、診断メッセージを含むダイアログボックスが表示されます。[View Info (情報を表示)] リンクは、バージョン 1.0.3.12 以降のコネクタでのみ使用できます。

ヘルスの問題を修正した後、コネクタは vCenter サーバーとの接続を再確立し、コネクタのステータスが [HEALTHY (正常)] ステータスに変わります。問題が解決しない場合は、AWS サポートまでお問い合わせください。

異常なコネクタの最も一般的な原因は、IP アドレスの問題と認証情報の問題です。以下のセクションは、これらの問題を解決し、コネクタを正常な状態に戻すのに役立ちます。

IP アドレスの問題

コネクタのセットアップ中に提供された vCenter エンドポイントの形式が正しくないか、無効な場合、または vCenter サーバーが現在ダウンしていて到達不可能な場合、コネクタが異常なステータスになる可能性があります。この場合、[情報の表示forvCenter の接続をクリックすると、「vCenter サーバの動作ステータスを確認するか、[設定の編集] を選択して vCenter エンドポイントを更新します。

次の手順は、IP アドレスの問題を解決するのに役立ちます。

  1. コネクタコンソール (https://ip_address_of_connector) から、[Edit Settings (設定の編集)] を選択します。

  2. 左側のナビゲーションから、[] を選択します。ステップ 5: 検出コネクタのセットアップ

  3. [Configure vCenter credentials (vCenter 認証情報の設定)] で、[vCenter Host (vCenter ホスト)] の IP アドレスをメモします。

  4. のような別のコマンドラインツールを使用するpingまたはtraceroute関連付けられた vCenter サーバーがアクティブであり、IP がコネクタ VM から到達可能であることを確認します。

    • IP アドレスが正しくなく、vCenter サービスがアクティブな場合は、コネクタコンソールで IP アドレスを更新し、[Next (次へ)] を選択します。

    • IP アドレスは正しいが、vCenter サーバーが非アクティブの場合は、アクティブにします。

    • IP アドレスが正しく、vCenter サーバーがアクティブな場合は、ファイアウォールの問題により侵入ネットワーク接続がブロックされているかどうかを確認します。ブロックされている場合は、コネクタ VM からの着信接続を許可するようにファイアウォール設定を更新します。

認証情報の問題

コネクタのセットアップ中に提供された vCenter ユーザーの認証情報が無効であるか、vCenter の読み取りおよび表示アカウント権限がない場合、コネクタは異常な状態になる可能性があります。この場合、[情報の表示forvCenter の接続をクリックすると、「[設定の編集] を選択して、アカウントの vCenter ユーザー名とパスワードを読み取り、表示権限で更新します」というメッセージが表示されたダイアログボックスが表示されます。

次の手順は、認証情報の問題を解決するのに役立ちます。前提条件として、vCenter サーバーでアカウントの読み取り権限と表示権限を持つ vCenter ユーザーを作成していることを確認します。

  1. コネクタコンソール (https://ip_address_of_connector) から、[Edit Settings (設定の編集)] を選択します。

  2. 左側のナビゲーションから、[] を選択します。ステップ 5: 検出コネクタのセットアップ

  3. [Configure vCenter credentials (vCenter 認証情報の設定)] で、読み取り権限と表示権限を持つ vCenter ユーザーの認証情報を指定して、[vCenter Username (vCenter ユーザ名)] と [vCenter Password (vCenter パスワード)] を更新します。

  4. [Next (次へ)] を選択して設定を完了します。

スタンドアロン ESX ホストのサポート

Discovery Connector は、スタンドアロンの ESX ホストをサポートしていません。ESX ホストは vCenter Server インスタンスの一部であることが必要です。

コネクタの問題に対する追加のサポートの取得

ヘルプが必要な問題が発生した場合は、AWS サポートにお問い合わせください。AWS サポートから、コネクタのログを送信するよう求められる場合があります。ログを取得するには、次の操作を行います。

  • ログインし直すAWSエージェントレス検出コネクタコンソール (設定) を選択し、ログバンドルのダウンロード

  • ログバンドルのダウンロードが完了したら、AWS サポートの指示に従って送信します。