AWS Application Discovery Service とは? - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Application Discovery Service とは?

AWS Application Discovery Serviceへの移行計画に役立ちますAWSクラウドは、オンプレミスサーバーの使用状況および設定に関するデータを収集します。Application Discovery Service はAWS Migration Hubは、移行ステータス情報を単一のコンソールに集約するため、移行の追跡が簡素化されます。ホームリージョン内の Migration Hub コンソールから、検出されたサーバーを表示し、それらをアプリケーション別に分類して、各アプリケーションの移行ステータスを追跡することができます。

検出されたすべてのデータは、AWS Migration Hub ホームリージョンに保存されます。このため、検出および移行アクティビティを実行する前に、Migration Hub コンソールで、または CLI コマンドを使用して、ホームリージョンを設定する必要があります。データは、Microsoft Excel でエクスポートして分析できます。AWSAmazon Athena や Amazon QuickSight などの分析ツール。

Application Discovery Service API を使用して、検出されたサーバーのシステムパフォーマンスと使用率データをエクスポートできます。このデータをコストモデルに取り込むことで、これらのサーバーの実行コストを計算します。AWS。さらに、サーバー間に存在するネットワーク接続に関するデータをエクスポートできます。この情報により、サーバー間のネットワーク依存関係を確認し、サーバーをアプリケーションとしてグループ化して、移行計画に役立てることができます。

注記

データはホームリージョンに保存されるため、検出プロセスを開始する前に、AWS Migration Hub でホームリージョンを設定する必要があります。ホーム領域の操作の詳細については、「ホームリージョン」を参照してください。

Application Discovery Service は、オンプレミスサーバーを検出してそれらに関するデータを収集する方法を 2 つ提供します。

  • エージェントレス検出は、AWSVMware vCenter を通じて Agentless Discovery Connector (OVA ファイル) を実行します。Discovery Connector が設定されると、vCenter に関連付けられている仮想マシン (VM) とホストを特定します。Discovery Connector は、次の静的設定データを収集します。サーバーのホスト名、IP アドレス、MAC アドレス、ディスクリソースの割り当て。さらに、VM ごとに使用状況データを収集し、CPU、RAM、ディスク I/O などのメトリクスの平均とピークの使用率を計算します。

  • エージェントベース検出は、AWSApplication Discovery Agent は、VM と物理サーバーのそれぞれにあります。エージェントのインストーラは Windows および Linux オペレーティングシステムで使用できます。これにより、静的な設定データ、詳細な時系列のシステムパフォーマンス情報、着信/発信のネットワーク接続、および実行中のプロセスが収集されます。

Application Discovery Service はAWSパートナーネットワーク (APN) パートナー。これらのサードパーティー製ソリューションを使用すると、検出コネクタや検出エージェントを使用せずに、オンプレミス環境の詳細を Migration Hub に直接インポートできます。サードパーティーのアプリケーション検出ツールは、クエリを実行可能AWSアプリケーション検出サービス。パブリック API を使用して Application Discovery Service データベースに書き込んだりできます。このようにして、Migration Hub にデータをインポートして表示できるため、アプリケーションをサーバーに関連付けたり、移行を追跡したりできます。

VMware の検出に関する詳細

VMware vCenter 環境で実行されている仮想マシン (VM) がある場合は、Discovery Connector を使用すると、各 VM にエージェントをインストールしなくてもシステム情報を収集できます。代わりに、このオンプレミスアプライアンスを vCenter 内にロードし、このアプライアンスですべてのホストと VM を検出することを許可します。

Discovery Connector は、使用されているオペレーティングシステムを問わず、vCenter で実行されている各 VM のシステムパフォーマンス情報とリソース使用率をキャプチャします。ただし、各 VM の「内部を見る」ことはできません。したがって、各 VM で実行されているプロセスや使用されているネットワーク接続を判断することはできません。したがって、移行の計画を補助するためにこのレベルの詳細情報が必要で、既存の VM の一部を精査したいという場合は、必要に応じて Discovery Agent をインストールできます。

また、VMware でホストされている VM については、Discovery Connector と Discovery Agent の両方を使用して検出を同時に実行できます。各検出ツールで収集される正確なデータタイプの詳細については、「Discovery Connector によって収集されたデータ」と「エージェント検出によって収集されたデータ」を参照してください。

コネクタとエージェントの比較

以下の表は、2 つの主要な Application Discovery Service ツールの簡単な比較です。

Discovery Connector Discovery Agent
  • サポートされるサーバータイプ

    • VMware 仮想マシン

    • 物理サーバー

  •  

  • はい

  • いいえ

  •  

  • はい

  • はい

  • デプロイメント

    • サーバーごと

    • vCenter ごと

  •  

  • いいえ

  • はい

  •  

  • はい

  • いいえ

  • 収集されるデータ

    • 静的な設定データ

    • VM 使用率メトリクス

    • 時系列のパフォーマンス情報

    • ネットワーク着信/発信接続

    • 実行中のプロセス

  •  

  • はい

  • はい

  • いいえ

  • いいえ

  • いいえ

  •  

  • はい

  • いいえ

  • はい (エクスポートのみ)

  • はい (エクスポートのみ)

  • はい (エクスポートのみ)

  • サポートされる OS

VMware vCenter (V5.5、V6、および V6.5) で実行されている任意の OS

サポートされる Linux および Windows オペレーティングシステムのリストについては、「Discovery Agent のインストール前提条件」を参照してください。

前提

Application Discovery Service の使用は、以下を前提としています。

期待する内容は次のとおりです。

  • Migration Hub ホームリージョンは、Application Discovery Service が検出データと計画データを保存する唯一のリージョンです。

  • Discovery Agent、Connector、およびインポートは、選択された Migration Hub ホームリージョンのみで使用できます。

  • のリストAWSApplication Discovery Service を使用可能なリージョンについては、「」を参照してください。Amazon Web Services 全般のリファレンス