AWS エージェントレス検出コネクター - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS エージェントレス検出コネクター

エージェントレス検出では AWS Discovery Connector を使用します。AWS Discovery Connector は、VMware 仮想マシン (VM) に関する情報のみを収集できる VMware アプライアンスです。Open Virtualization Archive (OVA) ファイルを使用して VMware vCenter Server 環境に VM として Discovery Connector をインストールします。Discovery Connector は、オペレーティングシステムにかかわらず、VMware メタデータに依存してサーバー情報を収集するため、最初のオンプレミスインフラストラクチャの評価所要時間を最小限に抑えます。

検出コネクタを展開する前に、[検出コネクタ] を選択する必要があります。Migration Hub Home。コネクタをホームリージョンに登録する必要があります。Discovery Connector をデプロイして構成すると、Application Discovery Service エンドポイントに登録され、定期的に (約 60 分間隔) でサーバーに ping を発行して構成情報を確認します。

  • たとえば、eu-central-1がホームリージョンの場合、arsenal-discovery.eu-central-1.amazonaws.comApplication Discovery Service

  • または、us-west-2 を除く他のすべてのリージョンで、必要に応じてホームリージョンが置き換えられます。

  • もしus-west-2がホームリージョンの場合、arsenal.us-west-2.amazonaws.comApplication Discovery Service

仕組み

登録後、コネクタは VMware vCenter Server に接続され、指定の vCenter に管理されるすべての VM とホストに関するデータを収集します。収集されたデータは、Secure Sockets Layer (SSL) 暗号化を使用して Application Discovery Service に送信されます。コネクタは、コネクタの新しいバージョンが利用可能になると自動的にアップグレードするように設定されています。この設定はいつでも変更できます。