アプリランナー構成ファイルの例 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリランナー構成ファイルの例

注記

次の例は、以下を示しています。AWS App Runner設定ファイル。一部は最小限で、必要な設定のみが含まれています。設定ファイルのすべてのセクションを含め、その他のセクションは完了です。App Runner 設定ファイルの概要については、」設定ファイルを使用した App Runner サービスオプションの設定

設定ファイルの例

最小の設定ファイルを使用すると、App Runner は次の前提条件になります。

  • ビルド中または実行中にカスタム環境変数は必要ありません。

  • 最新のランタイムバージョンが使用されます。

  • デフォルトのポート番号とポート環境変数が使用されます。

例 apprunner.yaml

version: 1.0 runtime: python3 build: commands: build: - pip install pipenv - pipenv install run: command: python app.py

この例は、管理対象ランタイムでのすべての設定キーの使用を示しています。

例 apprunner.yaml

version: 1.0 runtime: python3 build: commands: pre-build: - wget -c https://s3.amazonaws.com/DOC-EXAMPLE-BUCKET/test-lib.tar.gz -O - | tar -xz build: - pip install pipenv - pipenv install post-build: - python manage.py test env: - name: DJANGO_SETTINGS_MODULE value: "django_apprunner.settings" - name: MY_VAR_EXAMPLE value: "example" run: runtime-version: 3.7.7 command: pipenv run gunicorn django_apprunner.wsgi --log-file - network: port: 8000 env: MY_APP_PORT env: - name: MY_VAR_EXAMPLE value: "example"

特定の管理対象ランタイム設定ファイルの例については、」コードベースのサービス