ソースコードに基づくアプリランナーサービス - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ソースコードに基づくアプリランナーサービス

次を使用できます。AWS App Runnerを使用して、根本的に異なる 2 種類のサービスソースに基づいてサービスを作成および管理します。ソースコードおよびソースイメージ。ソースの種類にかかわらず、App Runner はサービスの開始、実行、スケーリング、負荷分散を行います。App Runner の CI/CD 機能を使用して、ソースイメージまたはコードに対する変更を追跡できます。App Runner が変更を検出すると、自動的に (ソースコード用に) ビルドされ、新しいバージョンが App Runner サービスにデプロイされます。

この章では、ソースコードに基づくサービスについて説明します。ソースイメージに基づくサービスの詳細については、ソースイメージに基づくアプリランナーサービス

ソースコードは、App Runnerが構築してデプロイするアプリケーションコードです。App Runnerをソースコードリポジトリにポイントし、適切なruntime。App Runner は、ランタイムのベースイメージとアプリケーションコードに基づいてイメージを構築します。次に、このイメージに基づいてコンテナーを実行するサービスを開始します。

アプリランナーは、便利な言語固有の提供ランタイムの管理。これらのランタイムのそれぞれは、ソースコードからコンテナーイメージを構築し、言語ランタイムの依存関係をイメージに追加します。Dockerfile などのコンテナフィグレーションや、ビルド手順を指定する必要はありません。

この章のサブトピックでは、さまざまなランタイムをアプリケーションランナーがサポートしていること(汎用Dockerfileランタイム、ランタイムの管理異なるプログラミング環境のために。

ソースコードのリポジトリプロバイダー

App Runner は、ソースコードのリポジトリから読み込んでソースコードをデプロイします。App Runner は、1 つのソースコードリポジトリプロバイダをサポートしています。GitHub

GitHub からデプロイする

ソースコードをから App Runner サービスにデプロイするにはGitHubリポジトリでは、App Runner が GitHub への接続を確立します。リポジトリがプライベートである場合(つまり、GitHub でパブリックにアクセスできない場合)、接続の詳細を App Runner に提供する必要があります。App Runner コンソールを使用してサービスを作成するではサービス作成手順の一部として接続の詳細を指定します。

アプリランナー API またはAWS CLIの場合、接続は別のリソースです。まず、次を使用して接続を作成します。CreateConnectionAPI アクション 次に、サービスの作成時に接続の ARN をCreateServiceAPI アクション

App Runner サービスの作成の詳細については、」アプリランナーサービスの作成。App Runner 接続の詳細については、」アプリランナー接続の管理

App Runner マネージドランタイム

App Runner は、さまざまなプログラミング環境用のマネージドランタイムを提供します。管理された各ランタイムにより、特定のプログラミング言語またはランタイム環境に基づいてコンテナを簡単に構築および実行できます。管理対象ランタイムを使用すると、App Runner は管理対象ランタイムイメージで起動します。この画像はAmazon Linux Docker イメージに含まれており、言語ランタイムパッケージだけでなく、いくつかのツールや一般的な依存関係パッケージも含まれています。App Runner は、この管理されたランタイムイメージをベースイメージとして使用し、アプリケーションコードを追加して Docker イメージを構築します。次に、このイメージをデプロイして、コンテナーで Web サービスを実行します。

App Runner サービスのランタイムは、サービスを作成するを使用して、App Runner コンソールまたはCreateServiceAPI. また、ソースコードの一部としてランタイムを指定することもできます。の使用runtimeキーワードをアプリランナー構成ファイルをコードリポジトリに含めます。マネージランタイムの命名規則は<language-name> <major-version>

App Runner は、デプロイメントまたはサービスの更新ごとに、サービスのランタイムを最新バージョンに更新します。アプリケーションで特定のバージョンの管理対象ランタイムが必要な場合は、runtime-versionキーワードをアプリランナー構成ファイル。マイナーバージョンを<major><minor>を使用して、メジャーバージョンとマイナーバージョンをロックします (App Runner はパッチバージョンのみを更新します)。特定のパッチレベルを<major><minor><patch>を使用して、特定のランタイムバージョンでサービスをロックします(App Runnerはランタイムを更新しません)。