アプリランナー接続の管理 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリランナー接続の管理

ときサービスを作成するがAWS App Runnerでは、アプリケーションソース (コンテナーイメージまたはプロバイダーに保存されるソースリポジトリ) を設定します。サードパーティプロバイダに保存されたリポジトリがプライベート(パブリックに読めない)である場合、App Runner はプロバイダとの認証および承認された接続を確立する必要があります。次に、App Runner はリポジトリを読み取り、サービスにデプロイできます。App Runner に保存されたコードにアクセスするサービスを作成するときに、接続を確立する必要はありません。AWS アカウントまたはパブリックコードの場所に格納します。

アプリケーションランナーは、接続。App Runner では、サードパーティの接続情報を必要とするサービスを作成するときに接続リソースが必要です。以下は、接続に関するいくつかの重要な情報です。

  • プロバイダー— 現在、App Runner はGitHub

  • 共有— 接続リソースを使用して、同じリポジトリプロバイダアカウントを使用する複数の App Runner サービスを作成できます。

  • リソース管理— App Runner では、接続を作成および削除できます。ただし、既存の接続は変更できません。

  • リソースクォータ— 接続リソースには、AWS アカウントFand EachAWS リージョン。このクォータに達した場合、新しいプロバイダーアカウントに接続する前に、接続を削除する必要がある場合があります。アプリケーションランナーを使用して、接続を削除するにはconsoleまたはAPI。詳細については、「App Runner リソースクォータ」を参照してください。

App Runner コンソールを使用して接続を管理する

App Runner コンソールを使用してサービスを作成するには、接続の詳細を指定します。明示的に接続リソースを作成する必要はありません。コンソールでは、以前接続したことがある GitHub アカウントに接続するか、新しいアカウントに接続するかを選択できます。必要に応じて、App Runner が接続リソースを作成します。新しい接続の場合、一部のプロバイダー (GitHub など) では、接続を使用する前に認証ハンドシェイクを完了する必要があります。コンソールは、このプロセスを実行します。

コンソールには、既存の接続を管理するためのページもあります。サービスの作成時に認証ハンドシェイクを行わなかった場合は、接続の認証ハンドシェイクを完了できます。使用しなくなった接続を削除することもできます。次の手順は、GitHub 接続を管理する方法を示しています。

アカウントで GitHub 接続を管理するには
  1. を開くアプリランナーで、リージョンリストで、AWS リージョン。

  2. ナビゲーションペインで、[] を選択します。GitHub の接続

    コンソールには、アカウント内の GitHub 接続の一覧が表示されます。

    アプリランナー接続ページ
  3. リスト内の任意の接続に対して、以下のいずれかの操作を実行できます。

    • GitHub アカウントまたは組織を開く— 接続の名前を選択します。

    • 認証ハンドシェイクを完了する— 接続を選択して、[] メニューから [] を選択します。ハンドシェイクを完了する。コンソールは、認証ハンドシェイクプロセスを実行します。

    • 接続の削除— 接続を選択して、[] メニューから [] を選択します。削除。削除プロンプトの指示に従います。

アプリケーションランナー API またはAWS CLI

次の App Runner API アクションを使用して、接続を管理することができます。

  • CreateConnection— リポジトリプロバイダアカウントへの接続を作成します。接続が作成されたら、App Runner コンソールを使用して認証ハンドシェイクを手動で完了する必要があります。このプロセスについては、前のセクションで説明しています。

  • リスト接続— アプリケーションランナーの接続の一覧を返すAWS アカウント。

  • DeleteConnection— 接続を削除します。接続クォータに達すると、不要な接続を削除する必要がある場合があります。AWS アカウント。