アプリランナーサービスの作成 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリランナーサービスの作成

AWS App Runnerは、コンテナイメージまたはソースコードリポジトリから、自動的にスケーリングされる実行中の Web サービスに移動するプロセスを自動化します。App Runner をソースイメージまたはコードにポイントし、必要な設定を少数だけ指定します。App Runner は、必要に応じてアプリケーションを構築し、コンピューティングリソースをプロビジョニングし、アプリケーションをデプロイして実行できるようにします。

サービスを作成する際、App Runner はserviceリソース。場合によっては、指定する必要があることがあります。接続リソース。App Runner コンソールを使用する場合、コンソールは暗黙的に接続リソースを作成します。アプリケーションランナーのリソースタイプの詳細については、「」を参照してください。App Runner リソース。これらのリソースタイプには、それぞれのAWS リージョン。詳細については、「App Runner リソースクォータ」を参照してください。

サービスの作成手順には、ソースタイプとプロバイダによって微妙な違いがあります。このトピックでは、それぞれの状況に最も適したソースタイプに従うことができるように、これらの異なるソースタイプを作成する手順をまったく別々に示します。コード例を含む基本的な開始手順については、「」を参照してください。アプリのランナーの開始

Prerequisites

App Runner サービスを作成する前に、以下のアクションを必ず完了します。

サービスを作成する

このセクションでは、2 つの App Runner サービスタイプ (ソースコードとコンテナーイメージに基づく) の作成プロセスを説明します。

以下のセクションでは、ソースがコードリポジトリである場合に App Runner サービスを作成する方法を示します。GitHub。GitHub を使用する場合、App Runner は GitHub の組織またはアカウントに接続する必要があります。そのため、この接続を確立するには、支援する必要があります。アプリケーションランナー接続の詳細については、「」を参照してください。アプリランナー接続の管理

サービスを作成すると、App Runner は、アプリケーションコードと依存関係を含む Docker イメージを作成します。次に、このイメージのコンテナーインスタンスを実行するサービスを起動します。

App Runner コンソールを使用したコードからのサービスの作成

コンソールを使用して App Runner サービスを作成するには
  1. ソースコードを設定します。

    1. を開くアプリのランナーコンソール、およびリージョンリストで、AWS リージョン。

    2. そのファイルにAWS アカウントに App Runner サービスがまだない場合は、コンソールのホームページが表示されます。選択App Runner サービスの作成

      
      [サービスの作成] ボタンを表示する App Runner コンソールのホームページ

      そのファイルにAWS アカウントが既存のサービスを持っている場合、サービスページにサービスのリストが表示されます。[Create service] を選択します。

      
      アプリランナーコンソールサービスページ
    3. リポジトリの []ソースとデプロイ[] ページで次の操作を行います。送信元セクションの[Repository type]] で、[ソースコードのリポジトリ

    4. を使用する場合GitHub Connect する] で、以前使用したことがある GitHub アカウントまたは組織を選択するか、[Add New。次に、GitHub の認証情報を入力し、接続する GitHub アカウントまたは組織を選択するプロセスを実行します。

    5. を使用する場合リポジトリで、アプリケーションコードを含むリポジトリを選択します。

    6. を使用する場合ブランチで、デプロイするブランチを選択します。

  2. 配置を構成します。

    1. 展開設定セクションの [] セクションで手動または自動

      デプロイ方法の詳細については、「」を参照してください。デプロイ方法

    2. [Next] を選択します。

    
                  App Runner サービスの作成時のソースとデプロイの設定
  3. アプリケーションのビルドを構成します。

    1. リポジトリの []ビルドの設定ページ、[] の設定ファイル] で、[ここですべての設定を構成する、リポジトリに App Runner 設定ファイルが含まれていない場合は設定ファイルを使用するもし可能です。

      注記

      アプリケーションランナー構成ファイルは、アプリケーションソースの一部としてビルド構成を維持する方法です。指定すると、App Runner はファイルからいくつかの値を読み取り、コンソールで設定することはできません。

    2. 次のビルド設定を指定します。

      • ランタイム— アプリケーションの特定のマネージランタイムを選択します。

      • ビルドコマンドソースコードからアプリケーションを構築するコマンドを入力します。これは、言語固有のツールまたはコードで提供されているスクリプトである可能性があります。

      • 開始コマンド— Web サービスを開始するコマンドを入力します。

      • ポート— Web サービスがリッスンする IP ポートを入力します。

    3. [Next] を選択します。

    
                  App Runner サービスの作成中に設定を作成する
  4. サービスを設定します。

    1. リポジトリの []サービスの構成[] ページで次の操作を行います。サービス設定セクションで、サービス名を入力します。

      注記

      その他のサービス設定はすべてオプションであるか、コンソールで提供されるデフォルト設定のいずれかです。

    2. 必要に応じて、アプリケーションの要件を満たすように他の設定を変更または追加します。

    3. [Next] を選択します。

    
                  App Runner サービスの作成時のサービス設定
  5. リポジトリの []確認と作成] ページで、入力した詳細をすべて確認し、[作成とデプロイ

    結果: サービスの作成が成功すると、コンソールにサービスダッシュボードが表示され、サービスの概要新しいサービスの.

  6. サービスが実行中であることを確認します。

    1. サービスダッシュボードページで、サービスステータス実行中

    2. [デフォルトのドメインの値です。これは、サービスの Web サイトへの URL です。

    3. Web サイトを使用し、適切に実行されていることを確認します。

App Runner API を使用してコードからサービスを作成するか、AWS CLI

App Runner API を使用してサービスを作成するには、またはAWS CLIを呼び出すには、CreateServiceAPI アクション。詳細と例については、「」を参照してください。CreateService。特定の GitHub 組織またはアカウントを使用してサービスを初めて作成する場合は、まずCreateConnection。これにより、App Runner と GitHub の組織またはアカウント間の接続が確立されます。アプリケーションランナー接続の詳細については、「」を参照してください。アプリランナー接続の管理

呼び出しが成功した応答を返すと、サービスの作成が開始されます。サービスオブジェクトを表示"Status": "CREATING"

呼び出しの例については、「」を参照してください。ソースコードリポジトリサービスの作成()AWS App RunnerAPI リファレンス

以下のセクションでは、ソースがコンテナーイメージである場合に App Runner サービスを作成する方法を示します。Amazon ECR。Amazon ECR は、AWSサービス。したがって、Amazon ECR イメージに基づいてサービスを作成するには、必要な Amazon ECR アクション権限を含むアクセスロールを App Runner に提供する必要があります。

注記

イメージが一般公開されている Amazon ECR パブリックに保存されている場合は、アクセスロールは必要ありません。

サービスの作成中に、App Runner は、指定したイメージのコンテナーインスタンスを実行するサービスを起動します。この場合、ビルドフェーズはありません。

App Runner コンソールを使用したイメージからのサービスの作成

コンソールを使用して App Runner サービスを作成するには
  1. ソースコードを設定します。

    1. を開くアプリのランナーコンソール、およびリージョンリストで、AWS リージョン。

    2. そのファイルにAWS アカウントに App Runner サービスがまだない場合は、コンソールのホームページが表示されます。選択App Runner サービスの作成

      
      [サービスの作成] ボタンを表示する App Runner コンソールのホームページ

      そのファイルにAWS アカウントが既存のサービスを持っている場合、サービスページにサービスのリストが表示されます。[Create service] を選択します。

      
      アプリランナーコンソールサービスページ
    3. リポジトリの []ソースとデプロイ[] ページで次の操作を行います。送信元セクションの[Repository type]] で、[コンテナレジストリ

    4. を使用する場合プロバイダーで、画像が格納されているプロバイダを選択します。

      • Amazon ECR— Amazon ECR に保存されたプライベート画像AWS アカウント。

      • Amazon ECR Public— Amazon ECR パブリックに保存されている、パブリックに読み取り可能な画像。

    5. を使用する場合コンテナイメージURI] で、[参照

    6. Amazon ECR コンテナーイメージを選択ダイアログボックスで、[] を選択します。イメージリポジトリで、イメージを含むリポジトリを選択します。

    7. を使用する場合イメージタグデプロイする特定のイメージタグ (たとえば、latestを選択してから、[] を選択します。続行

    
                  App Runner サービスの作成時に Amazon ECR イメージを選択する
  2. 配置を構成します。

    1. 展開設定セクションの [] セクションで手動または自動

      デプロイ方法の詳細については、「」を参照してください。デプロイ方法

      注記

      App Runner は、Amazon ECR パブリックイメージの自動デプロイをサポートしていません。

    2. [Amazon ECRプロバイダ] のECR アクセスロール[] で、アカウントの既存のサービスロールを選択するか、新しいロールを作成するかを選択します。手動デプロイを使用している場合は、デプロイ時に IAM ユーザーロールを使用することもできます。

    3. [Next] を選択します。

    
                  App Runner サービスの作成時のソースとデプロイの設定
  3. サービスを設定します。

    1. リポジトリの []サービスの構成[] ページで次の操作を行います。サービス設定セクションで、サービス名と、サービス Web サイトがリッスンする IP ポートを入力します。

      注記

      その他のサービス設定はすべてオプションであるか、コンソールで提供されるデフォルト設定のいずれかです。

    2. (オプション)アプリケーションのニーズに合わせて他の設定を変更または追加します。

    3. [Next] を選択します。

    
                  App Runner サービスの作成時のサービス設定
  4. リポジトリの []確認と作成ページで、入力した詳細をすべて確認して、[] を選択します。作成とデプロイ

    結果: サービスの作成が成功すると、コンソールにサービスダッシュボードが表示され、サービスの概要新しいサービスの.

  5. サービスが実行中であることを確認します。

    1. サービスダッシュボードページで、サービスステータス実行中

    2. [デフォルトのドメインの値です。これは、サービスの Web サイトへの URL です。

    3. Web サイトを使用し、適切に実行されていることを確認します。

App Runner API を使用してイメージからサービスを作成するか、AWS CLI

App Runner API を使用してサービスを作成するには、またはAWS CLIを呼び出すには、CreateServiceAPI アクション。

呼び出しが成功した応答を返すと、サービスの作成が開始されます。サービスオブジェクトを表示"Status": "CREATING"

呼び出しの例については、「」を参照してください。ソースイメージリポジトリサービスの作成()AWS App RunnerAPI リファレンス

サービスの作成に失敗した場合

App Runner サービスの作成に失敗すると、サービスのステータスがCREATE_FAILED(作成に失敗しました。)。

アプリケーションコード、ビルドプロセス、または構成に問題がある場合や、リソースクォータに達したために、または基礎となるAWSサービスを使用する必要があります。障害のトラブルシューティングを行うには、次の操作を実行することをお勧めします。まず、サービスイベントとログを読み取り、障害の原因を調べます。次に、コードまたは設定に必要な変更を加えます。最後に、サービスクォータに達した場合は、1 つ以上のサービスを削除します。その後、これらの手順をすべて完了したら、サービスを再度作成してみてください。

重要

失敗したサービスは使用できません。最初の作成の試行を超えて、追加の料金は発生しません。ただし、App Runner は失敗したサービスを自動的に削除せず、サービスのクォータにカウントされます。障害の分析が完了したら、失敗したサービスを必ず削除してください。