AppStream 2.0 での Active Directory の使用 - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AppStream 2.0 での Active Directory の使用

Amazon AppStream 2.0 の常時オンおよびオンデマンドの Windows フリートと Image Builder を Microsoft Active Directory のドメインに参加させ、既存の Active Directory ドメインをクラウドベースのドメインまたはオンプレミスのドメインで使用して、ドメインに参加しているストリーミングインスタンスを起動できます。Managed AWS Microsoft AD とも呼ばれる を使用して AWS Directory Service for Microsoft Active Directory Active Directory ドメインを作成し、それを使用して AppStream 2.0 リソースをサポートすることもできます。 AWS Managed Microsoft AD の使用に関する詳細については、AWS Directory Service 管理ガイドMicrosoft アクティブディレクトリについて参照してください。

注記

Linux フリート、Image Builder、Elastic フリート、App Block Builder は現在、ドメイン参加をサポートしていません。

AppStream 2.0 を Active Directory ドメインに参加させることで、次のことが可能になります。

  • ストリーミングセッションからプリンターやファイル共有などのアクティブディレクトリリソースにアクセスすることをユーザーとアプリケーションに許可する。

  • グループポリシーマネジメントコンソール (GPMC) で使用できるグループポリシー設定を使用して、エンドユーザーエクスペリエンスを定義する。

  • アクティブディレクトリログイン認証情報を使用した認証をユーザーに義務付けるアプリケーションをストリーミングする。

  • エンタープライズコンプライアンスポリシーとセキュリティポリシーを AppStream 2.0 ストリーミングインスタンスに適用します。