Amazon AppStream 2.0
開発者ガイド

AppStream 2.0 で Active Directory を使用する

Amazon AppStream 2.0 フリートと Image Builder を Microsoft Active Directory のドメインに結合することで、既存の Active Directory ドメイン (クラウドベースまたはオンプレミス) を使用して、ドメインに結合されたストリーミングインスタンスを起動することができます。また、Microsoft Active Directory (Enterprise Edition) 用の AWS Directory Service (AWS Managed Microsoft AD とも呼ばれる) を使用して Active Directory ドメインを作成したり、そのドメインで AppStream 2.0 リソースをサポートしたりすることもできます。AWS Managed Microsoft AD を使用する場合の詳細については、『AWS Directory Service Administration Guide』の「Microsoft Active Directory」を参照してください。

AppStream 2.0 を Active Directory ドメインに結合すると、以下のことを行うことができます。

  • ユーザーやアプリケーションは、ストリーミングセッションからプリンターやファイル共有などの Active Directory リソースにアクセスできます。

  • グループポリシーマネジメントコンソール (GPMC) で使用できるグループポリシー設定を使用して、エンドユーザーエクスペリエンスを定義します。

  • Active Directory ログイン認証情報を使用して、ユーザー認証が必要なアプリケーション (Microsoft SharePoint または Microsoft Outlook など) をストリーミングします。

  • 企業のコンプライアンスとセキュリティポリシーを AppStream 2.0 ストリーミングインスタンスに適用します。