AppStream 2.0 で Active Directory を使用する - Amazon AppStream 2.0

AppStream 2.0 で Active Directory を使用する

Amazon AppStream 2.0 フリートと Image Builder を Microsoft Active Directory のドメインに結合することで、既存の Active Directory ドメイン (クラウドベースまたはオンプレミス) を使用して、ドメインに結合されたストリーミングインスタンスを起動することができます。また、Microsoft Active Directory 用 AWS Directory Service (AWS マネージド Microsoft AD とも呼ぶ) を使用して、Active Directory ドメインを作成し、それを使って AppStream 2.0 リソースをサポートすることもできます。AWS マネージド Microsoft AD の使用の詳細については、AWS Directory Service 管理ガイドMicrosoft Active Directory を参照してください。

Amazon AppStream 2.0 を Active Directory ドメインに結合すると、以下のことを行うことができます。

  • ユーザーやアプリケーションは、ストリーミングセッションからプリンターやファイル共有などの Active Directory リソースにアクセスできます。

  • グループポリシーマネジメントコンソール (GPMC) で使用できるグループポリシー設定を使用して、エンドユーザーエクスペリエンスを定義します。

  • ユーザーに Active Directory ログイン認証情報を使用した認証を求めるアプリケーションをストリーミングします。

  • 企業のコンプライアンスとセキュリティポリシーを Amazon AppStream 2.0 ストリーミングインスタンスに適用します。