Amazon AppStream 2.0 とは何ですか? - Amazon AppStream 2.0

Amazon AppStream 2.0 とは何ですか?

Amazon AppStream 2.0 は、デスクトップアプリケーションに即座にアクセスできるようにする、完全マネージド型のアプリケーションストリーミングサービスです。AppStream 2.0 は、アプリケーションをホストして実行するために必要な AWS リソースを管理し、自動的にスケーリングを行うとともに、ユーザーにオンデマンドでアクセスを提供します。AppStream 2.0 を使用すると、ユーザーは選択したデバイスで必要なアプリケーションにアクセスできます。これは、ネイティブにインストールされたアプリケーションと区別がつかず、素早く反応するユーザーエクスペリエンスを提供します。

AppStream 2.0 では、既存のデスクトップアプリケーションを AWS に簡単に追加して、ユーザーがそれらを即座にストリーミングできるようにすることが可能です。Windows ユーザーは AppStream 2.0 クライアントまたは HTML5 対応ウェブブラウザをアプリケーションのストリーミングに使用できます。アプリケーションごとに 1 つのバージョンを維持すればよいため、簡単にアプリケーションを管理できます。ユーザーはいつでも最新バージョンのアプリケーションにアクセスできます。アプリケーションは AWS のコンピューティングリソースで実行され、データがユーザーのデバイスに保存されることはないので、ユーザーは常に高性能でセキュアなエクスペリエンスを得ることができます。

デスクトップアプリケーションストリーミングの従来のオンプレミスソリューションとは違い、AppStream 2.0 は従量課金制です。そのため、先行投資やインフラストラクチャの維持が不要です。すぐに、グローバルにスケーリングできるため、いつでも最高の体験をユーザーに提供できます。

詳細については、AppStream 2.0 をご覧ください。

機能

Amazon AppStream 2.0 を使用すると、次の利点があります。

サポートされているデバイスからデスクトップアプリケーションに安全にアクセス

デスクトップアプリケーションには、Windows および Linux PC、Mac、Chromebook、iPad、Android タブレットから HTML5 対応のウェブブラウザを介して安全にアクセスできます。または、サポートされているバージョンの Windows では、AppStream 2.0 クライアントをアプリケーションのストリーミングに使用できます。

アプリケーションとデータの保護

アプリケーションとデータは AWS 上に保持され、ユーザーには暗号化されたピクセルのみがストリーミングされます。アプリケーションは、各ユーザー専用の AppStream 2.0 インスタンスで実行されるため、コンピューティングリソースは共有されません。アプリケーションは、お客様独自の Virtual Private Cloud (VPC) 内で動作し、Amazon VPC のセキュリティ機能を使用してアクセスを制御できます。これによって、アプリケーションを分離し、安全に実行できます。

一貫したスケーラブルなパフォーマンス

AppStream 2.0 は AWS で実行され、ローカルデバイスでは利用できないコンピューティング機能にアクセスできるので、アプリケーションは常に高パフォーマンスで実行されます。ローカルおよびグローバルに即座にスケールでき、ユーザーのために常に低レイテンシーのエクスペリエンスを確保できます。オンプレミスソリューションとは異なり、徐々に増加する設備投資を必要とすることなく、ユーザーに最も近い AWS リージョンにアプリケーションをすばやくデプロイして、ストリーミングを開始することができます。

IT 環境との統合

既存の AWS のサービスおよびオンプレミス環境と統合します。VPC 内でアプリケーションを実行することで、ユーザーが AWS で保持しているデータや他のリソースにアクセスできるようになります。これにより、AWS とお使いの環境間におけるデータの移動が少なくなり、より高速なユーザーエクスペリエンスが実現されます。

既存の Microsoft Active Directory 環境との統合。 これにより、ストリーミングアプリケーションで既存の Active Directory ガバナンス、ユーザーエクスペリエンス、およびセキュリティポリシーを使用できるようになります。

ID フェデレーションを構成します。これにより、ユーザーは社内認証情報を使用してアプリケーションにアクセスできます。または、AppStream 2.0 で実行しているアプリケーションから IT リソースへの認証済みのアクセスを許可することもできます。

お客様のニーズに合うフリートの種類を選択してください。

フリートには 3 つのタイプがあります。

  • 常時オン – ストリーミングインスタンスは、アプリケーションとデスクトップをストリーミングしているユーザーがいなくても、常に実行されます。ストリーミングインスタンスは、ユーザーがストリーミングする前にプロビジョニングされる必要があります。プロビジョニングされるストリーミングインスタンスの数は、オートスケーリングルールを使用して管理されます。詳細については、「Amazon AppStream 2.0 向け Fleet Auto Scaling」を参照してください。

    ユーザーがアプリケーションまたはデスクトップを選択すると、それらのストリーミングが直ちに開始されます。ストリーミングしているユーザーがいない場合でも、すべてのストリーミングインスタンスに対して実行中のインスタンス料金が請求されます。

  • オンデマンド – ストリーミングインスタンスは、ユーザーがアプリケーションとデスクトップをストリーミングしている場合にのみ実行されます。まだユーザーに割り当てられていないストリーミングインスタンスは、停止状態になります。ストリーミングインスタンスは、ユーザーがストリーミングする前にプロビジョニングされる必要があります。プロビジョニングされるストリーミングインスタンスの数は、オートスケーリングルールを使用して管理されます。詳細については、「Amazon AppStream 2.0 向け Fleet Auto Scaling」を参照してください。

    ユーザーがアプリケーションまたはデスクトップを選択すると、1~2 分の待機時間後にそれらのストリーミングが開始されます。まだユーザーに割り当てられていないストリーミングインスタンスにはコストが低い停止中のインスタンス料金が請求され、ユーザーに割り当てられているストリーミングインスタンスには実行中のインスタンス料金が請求されます。

  • Elastic – このストリーミングインスタンスのプールは、AppStream 2.0 によって管理されます。ユーザーが起動するアプリケーションまたはデスクトップを選択すると、App Block がダウンロードされ、ストリーミングインスタンスにマウントされた後で、これらのストリーミングが開始されます。

    Elastic フリートストリーミングインスタンスに対する実行中のインスタンス料金は、ストリーミングセッションの持続時間分のみが秒単位で請求されます。

詳細については、Amazon AppStream 2.0 の料金を参照してください。

主なコンセプト

AppStream 2.0 を最大限に活用するには、以下のコンセプトを理解しておく必要があります。

アプリケーション

アプリケーションには、ユーザーにストリーミングするアプリケーションを起動するために必要な情報が含まれています。アプリケーションは、App Block やイメージなど、アプリケーションを起動するために必要なファイルが含まれるリソースに関連付けられています。

App Block

App Block には、ユーザーにストリーミングするアプリケーションファイルと、アプリケーションを設定するために必要な詳細が含まれています。

Image Builder

Image Builder は、イメージの作成に使用する仮想マシンです。Image Builder を起動して接続するには、AppStream 2.0 コンソールを使用します。Image Builder に接続すると、アプリケーションをインストール、追加、テストできます。さらに Image Builder を使用してイメージを作成できます。自己所有のプライベートイメージを使用して新しい Image Builder を起動できます。

イメージ

イメージには、ユーザーにストリーミングできるアプリケーションと、ユーザーがアプリケーションの使用をすばやく開始できるようにするためのデフォルトのシステム設定とアプリケーション設定が含まれています。AWS は、Image Builder を作成するために使用できるベースイメージを提供しています。その後、その Image Builder で独自のアプリケーションが含まれるイメージを作成します。イメージの作成後にイメージを変更することはできません。他のアプリケーションの追加、既存のアプリケーションの更新、またはイメージ設定の変更を行うには、新しいイメージを作成する必要があります。イメージは、他の AWS リージョンにコピーする、または同じリージョン内の他の AWS アカウント、ユーザー、およびユーザーがそのアプリケーションの使用をすばやく開始できるようにするためのデフォルトのシステム設定やアプリケーション設定と共有することが可能です。

フリート

フリートは、ユーザー指定のアプリケーションとデスクトップが実行されるフリートインスタンス (ストリーミングインスタンスとも呼ばれます) で構成されています。1 人のユーザーに 1 つのインスタンスが必要です。

スタック

スタックは、関連付けられたフリート、ユーザーアクセスポリシー、ストレージ設定で構成されます。ユーザーに対してストリーミングアプリケーションを開始するためにスタックを設定します。

ストリーミングインスタンス

ストリーミングインスタンス (フリートインスタンスとも呼ばれる) は、アプリケーションストリーミングにユーザー 1 人あたりが使用できる EC2 インスタンスです。ユーザーのセッションが完了すると、インスタンスは EC2 によって終了します。

ユーザープール

ユーザープールを使用して、ユーザーと割り当てられたスタックを管理します。

オートスケーリングルール

オートスケーリングルールは、スケージュールベースおよび使用量ベースのポリシーで、常時オンまたはオンデマンドフリートに適用して、ユーザーがストリーミングに利用できるストリーミングインスタンスの数を自動的に管理することができます。

開始方法

AppStream 2.0 を初めて使用する場合には、Try it Now (今すぐ試す) 機能を使用するか、Amazon AppStream 2.0 の使用を開始する: サンプルアプリケーションを使用してセットアップする チュートリアルに従って使用できます (両方とも AppStream 2.0 コンソールで使用できます)。

  • Try It Now では、デスクトップブラウザから簡単にデスクトップアプリケーションを起動できる無料トライアルの機能が提供されています。

  • 入門チュートリアルを使用すると、サンプルアプリケーションまたはユーザー独自のアプリケーションを使用してアプリケーションストリーミングをセットアップできます。サンプルアプリケーションを使用してチュートリアルを開始した場合は、後でユーザー独自のアプリケーションをいつでも追加できます。

    これら 2 つのオプションの詳細については、Amazon AppStream 2.0 FAQs を参照してください。

初めてサービスを使用するときは、AppStream 2.0 が、ユーザーに代わって AppStream 2.0 リソースを作成して管理する AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを作成します。

「今すぐ試す」機能を使用するには

  1. AppStream 2.0 コンソール (https://console.aws.amazon.com/appstream2) を開きます。

  2. [今すぐ試す] を選択します。

  3. AWS アカウントの認証情報を使用してサインインします (要求された場合)。

  4. 諸条件を読み、[Agree and Continue] を選択します。

  5. 表示されるアプリケーションのリストから、試したいアプリケーションを 1 つ選択します。

入門チュートリアルを実行するには

  1. AppStream 2.0 コンソール (https://console.aws.amazon.com/appstream2) を開きます。

  2. [Get Started] (開始する) を選択します。

  3. AppStream 2.0 リソースの詳細については、オプションを選択します。

AppStream 2.0 にアクセス中

次のいずれかのインターフェイスを使用して AppStream 2.0 を操作できます。

AWS Management Console

コンソールは AppStream 2.0 リソースを管理するためのブラウザーベースのインターフェイスです。詳細については、「Amazon AppStream 2.0 の使用を開始する: サンプルアプリケーションを使用してセットアップする」を参照してください。

AWS コマンドラインツール

AWS には、AWS Command Line Interface (AWS CLI) と AWS Tools for Windows PowerShell という 2 セットのコマンドラインツールが用意されています。AWS CLI を使用して AppStream 2.0 コマンドを実行するには、Amazon AppStream 2.0 コマンドラインリファレンスを参照してください。

AWS SDK

さまざまなプログラミング言語から AppStream 2.0 にアクセスできます。SDK は、自動的に次のようなタスクを処理します。

  • AppStream 2.0 スタックまたはフリートの設定

  • スタックにアプリケーションストリーミング URL を取得する

  • リソースについて説明する

詳細については、Tools for Amazon Web Services を参照してください。