システム要件と機能のサポート (AppStream 2.0 クライアント) - Amazon AppStream 2.0

システム要件と機能のサポート (AppStream 2.0 クライアント)

このトピックでは、AppStream 2.0 クライアントの要件とサポートされる機能を理解するのに役立つ情報を提供します。

システム要件と考慮事項

AppStream 2.0 クライアントには以下の要件があります。

  • AppStream 2.0 クライアントを起動する時は、最小特権の原則に従ってください。クライアントは、タスクを完了するために必要な特権レベルのみで実行される必要があります。

  • オペレーティングシステム – Windows 7、Windows 8、または Windows 10 (32 ビットまたは 64 ビット)

  • Microsoft Visual C++ 2015 再配布可能バージョン以降。Visual Studio 2015、2017、2019 の最新 Visual C++ の再配布可能パッケージについては、Microsoft サポートドキュメントの The latest supported Visual C++ downloads を参照してください。

  • RAM — 2 GB 以上

  • ハードドライブ容量 — 200 MB 以上

  • ローカル管理者権限 — USB ドライバーのサポートとして AppStream 2.0 USB ドライバーをインストールする場合に使用します。

  • 2018 年 11 月 14 日以降に発行された最新の AppStream 2.0 エージェントまたはエージェントバージョンを使用する AppStream 2.0 イメージ。AppStream 2.0 エージェントのバージョンについては、「AppStream 2.0 エージェントのリリースノート」を参照してください。

  • Windows ネイティブクライアントは、UDP だけでなく、NICE DCV を介したデフォルトの TCP ベースのストリーミングもサポートします。NICE DCV および UDP の詳細については、「QUIC UDP トランスポートプロトコルを有効にする」を参照してください。Windows ネイティブクライアントのUDP ストリーミングを有効にする場合は、以下の要件を満たしていることを確認します。次の要件を満たさない場合、Windows ネイティブクライアントはデフォルトで TCP ベースのストリーミングに戻ります。

注記

AppStream 2.0 クライアントのインストールには、インターネット接続を使用することをお勧めします。インターネットに接続されていないコンピュータにはクライアントをインストールできない場合や、AppStream 2.0 からストリーミングされたアプリケーションを USB デバイスで使用できない場合があります。詳細については、「AppStream 2.0 ユーザーの問題のトラブルシューティング」を参照してください。

機能とデバイスのサポート

AppStream 2.0 クライアントは、次の機能とデバイスをサポートしています。

ネイティブアプリケーションモード

注記

Linux インスタンスからストリーミングする時にネイティブアプリケーションモードを使用することはできません。

ネイティブアプリケーションモードでは、AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にユーザーは使い慣れたエクスペリエンスを得られます。ユーザーがこのモードで AppStream 2.0 に接続すると、ローカルコンピュータにインストールされているアプリケーションを操作するのとほぼ同じ方法で、リモートストリーミングアプリケーションを操作できます。ネイティブアプリケーションモードの各ストリーミングアプリケーションは、独自のウィンドウで開き、ユーザーのローカル PC のタスクバーにアプリケーションのアイコンが表示されます。

ユーザーにクラシックモードでのみ AppStream 2.0 に接続させる場合は、ネイティブアプリケーションモードを無効にするように NativeAppModeDisabled レジストリを設定できます。詳細については、「ネイティブアプリケーションモードを無効にするかどうかを選択する」を参照してください。

ネイティブアプリケーションモードとクラシックモードの詳細、およびユーザーに提供できるガイダンスについては、AppStream 2.0 クライアント接続モード を参照してください。

注記

[Desktop (デスクトップ)] ストリームビューでフリートが有効になっている場合、ネイティブアプリケーションモードは使用できません。[Desktop] (デスクトップ) ストリームビューを設定する方法については、「フリートを作成する」をご参照ください。

要件

ユーザーに対してこの機能を有効にするには、2020 年 2 月 19 日以降にリリースされた AppStream 2.0 エージェントのバージョンを利用するイメージを使用する必要があります。また、AppStream 2.0 クライアントのバージョン 1.1.129 以降をユーザーの PC にインストールする必要があります。クライアントのバージョンの詳細については、AppStream 2.0 クライアントリリースノート を参照してください。

AppStream 2.0 クライアントのバージョン 1.1.129 以降がユーザーのコンピュータにインストールされているが、使用しているイメージで 2020 年 2 月 19 日以降にリリースされたエージェントバージョンが使用されていない場合は、ネイティブアプリケーションモードを選択していても、クライアントはクラシックモードに戻ります。

既知の問題

ネイティブアプリケーションモードでのストリーミングセッション中に、ユーザーがあるブラウザウィンドウのタブを別のウィンドウに対してドッキングまたはドッキング解除しようとすると、リモートストリーミングブラウザはローカルブラウザと同じようには機能しません。ネイティブアプリケーションモードでのストリーミングセッション中にこのタスクを実行するには、ユーザーは Alt キーを押しながら、ブラウザタブを別のブラウザウィンドウにドッキングする必要があります。

診断ログの自動およびオンデマンドのアップロード

ユーザーが AppStream 2.0 クライアントを使用しているときに問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立てるために、診断ログの自動またはオンデマンドのアップロードを自分で有効にするか、ユーザーに有効にしてもらうことができます。

注記

診断ログに機密情報は含まれません。自分が管理しているユーザー PC で診断ログの自動およびオンデマンドのアップロードを無効にしたり、これらの機能を無効にすることをユーザーに許可したりすることはできません。

診断ログの自動アップロード

自分が管理する PC にクライアントをインストールするときに、診断ログを自動的にアップロードするように AppStream 2.0 クライアントを設定できます。これにより、クライアントで問題が発生した場合も、ユーザーによる操作なしで、ログが AppStream 2.0 (AWS) に送信されます。詳細については、「ユーザーの追加の AppStream 2.0 クライアント設定を設定する」を参照してください。

または、ユーザーによる AppStream 2.0 クライアントのインストール時またはインストール後に、診断ログの自動アップロードを有効にするかどうかをユーザーに選択させることができます。このタスクの実行に役立つようにユーザーに提供できるガイダンスについては、「設定」をご参照ください。

診断ログのオンデマンドアップロード

ログ記録をより詳細に制御する場合は、自動のログ記録を無効にし、診断ログのオンデマンドアップロードを有効にすることができます。診断ログのオンデマンドアップロードをユーザーに許可することで、例外が発生した場合やクライアントが応答しなくなった場合に、ミニダンプ (エラーレポート) を AppStream 2.0 (AWS) に送信するかどうかも、ユーザーが選択できるようになります。

このタスクの実行に役立つユーザー向けのガイダンスについては、ログ記録 を参照してください。

周辺機器

AppStream 2.0 クライアントは、モニター、ウェブカメラ、マウス、キーボード、ドローイングタブレットなどの周辺機器に対して次のサポートを提供します。

注記

特定の例外を除き、AppStream 2.0 クライアントが USB デバイスをサポートするには USB リダイレクトが必要です。また、ほとんどの場合、デバイスに USB リダイレクトが必要な場合は、AppStream 2.0 ストリーミングセッションで使用する前に、デバイスを修飾する必要があります。詳細については、「USB リダイレクト」を参照してください。

マルチモニター

AppStream 2.0 では、異なる解像度のモニターを含め、ストリーミングセッション中に複数のモニターを使用できます。最適なストリーミング体験を実現するために、解像度の異なるモニターを使用しているユーザーは、モニターのディスプレイスケールを 100% に設定することをお勧めします。

注記

ネイティブアプリケーションモードを使用する AppStream 2.0 ストリーミングセッションでは、最大 2K 解像度のモニターがサポートされます。高解像度のモニターをストリーミングセッションに使用すると、AppStream 2.0 クライアントはクラシックモードに戻ります。このシナリオでは、AppStream 2.0 クラシックモードのストリーミングビューが、画面の 2K を占有し、画面の残りの部分は黒になります。

マルチモニター (最大 2K 解像度)

汎用、メモリ最適化、コンピューティング最適化、Graphics Design、Graphics Pro の AppStream 2.0 インスタンスタイプは、最大 4 台のモニターと、モニターあたり最大 2,560 x 1,600 ピクセルの表示解像度をサポートします。

マルチモニター (最大 4K 解像度)

Graphics Design と Graphics Pro の AppStream 2.0 インスタンスタイプは、最大 2 台のモニターと、モニターあたり最大 4,096 x 2,160 ピクセルの表示解像度をサポートします。

注記

グラフィック以外のインスタンスタイプ (汎用、メモリ最適化、コンピューティング最適化) は、モニターあたり 2,560 x 1,600 ピクセルの最大ディスプレイ解像度をサポートします。

リアルタイムの音声および動画 (Windows 向けクライアント)

AppStream 2.0 は、ローカルウェブカメラ動画入力を AppStream 2.0 ストリーミングセッションにリダイレクトすることにより、リアルタイム音声動画 (AV) をサポートしています。この機能により、ユーザーは AppStream 2.0 ストリーミングセッション内でビデオ会議や音声会議にローカルウェブカメラを使用できます。リアルタイム AV とリアルタイムオーディオのサポートにより、ユーザーは AppStream 2.0 ストリーミングセッションを離れることなく、使い慣れたビデオおよび音声会議アプリケーションを使用して共同作業を行うことができます。

ユーザーが AppStream 2.0 ストリーミングセッション内からビデオ会議を開始すると、AppStream 2.0 は、ウェブカメラのビデオとマイクのオーディオ入力をローカルで圧縮してから、このデータを安全なチャネル経由でストリーミングインスタンスに送信します。ストリーミングセッション中に、ユーザーは AppStream 2.0 ツールバーを使用して音声および動画入力を有効にできます。ユーザーが複数のウェブカメラを持っている場合 (ローカルコンピュータに接続されている USBウェブカメラと組み込みのウェブカメラがある場合など)、ストリーミングセッション中に使用するウェブカメラを選択することもできます。

リアルタイム AV のサポートを設定およびテストするには、次の手順を実行します。

リアルタイム AV サポートの設定とテスト

  1. 新しい Image Builder を作成するか、次の要件を満たす既存の Image Builder に接続します。

    • Image Builder は、Windows Server 2016 または Windows Server 2019 を実行する必要があります。

    • Image Builder は、2021 年 6 月 1 日以降にリリースされたバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用する必要があります。

    • 2021 年 5 月 17 日以降にリリースされたAppStream 2.0エージェントの場合、リアルタイム AV はデフォルトで有効になっています。テスト用のストリーミング URL を作成するには、ステップ 3~6 を省略し、Image Builder からの接続を解除します。リアルタイム AV を無効にする必要がある場合は、ステップ 4 でウェブカメラのアクセス許可を無効にしながら、すべてのステップを完了します。

    • Image Builder が、ウェブブラウザへのアクセスを使用して動画に接続する場合には、2021 年 6 月 24 日以降にリリースされたバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用する必要があります。サポートされるウェブブラウザの詳細については、「ウェブブラウザアクセス」を参照してください。

    Image Builder を作成する方法については、Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する を参照してください。

  2. 使用する Image Builder に接続し、管理者としてサインインします。Image Builder に接続するには、次のいずれかを行います。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  3. Image Builder で、レジストリエディタを開きます。これを行うには、Image Builder のデスクトップで、タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力してください。次に、レジストリエディタで最上位の結果を選択します。

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Amazon\AppStream\ で、次の種類、名前、および値のデータを持つ新しいレジストリ値を作成します。

    • レジストリ値の種類: DWORD

    • レジストリ値の名前: WebCamPermission

    • レジストリ値のデータ (ヘキサデミカル): ウェブカメラのアクセスを許可 (有効化) する場合は 1 を、拒否 (無効化) する場合には 0 を設定

  5. レジストリ値を作成した後、[Template User (テンプレートユーザー)] または Image Builder の管理者権限を持たないドメインユーザーアカウントに切り替えます。[Template User (テンプレートユーザー)] に切り替えるには、セッションウィンドウの右上にあるツールバーで、[Admin Commands (管理コマンド)]、[Switch User (ユーザーの切り替え)]、[Template User (テンプレートユーザー)] の順に選択します。

  6. [Administrator (管理者)] に戻ります。

  7. Image Builder から接続解除し、Image Builder のストリーミング URL を作成します。そのためには、次の操作を行います。

    1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

    2. ナビゲーションペインで、[Images (イメージ)]、[Image Builder] の順に選択します。

    3. 接続解除した Image Builder を選択し、[Actions (アクション)]、[Create streaming URL (ストリーミング URL の作成)] の順に選択します。

    4. [Copy Link (リンクをコピー)] を選択し、セキュリティで保護されているアクセス可能な場所にリンクを保存します。次の手順のリンクを使用して、Image Builder に接続します。

  8. 作成したストリーミング URL を介して、AppStream 2.0 クライアントもしくはウェブブラウザへのアクセスを使用しながら Image Builder に接続します。

  9. ビデオおよび音声会議 (Windows 用クライアント) の手順に従って、Image Builder でリアルタイム AV エクスペリエンスをテストします。

  10. リアルタイム AV が予想どおりに動作していることを確認したら、ストリーミングセッションの接続を解除してから、Image Builder に再接続し、Image Assistant の必要な手順に従ってイメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

Image Builder の設定とリアルタイム AV をサポートするイメージの作成が完了したら、AppStream 2.0 フリート内のユーザーに対し、この機能の使用を許可できるようになります。ユーザーのコンピュータに AppStream 2.0 クライアントのバージョン 1.1.257 以降がインストールされていることを確認します。

注記

AppStream 2.0 クライアントでリアルタイム AV を使用する場合は、AppStream 2.0 のベースイメージとエージェントには、2021 年 6 月 1 日以降のバージョンを使用する必要があります。AppStream 2.0 クライアントには、最新バージョンの使用をお勧めします。リアルタイム AV を使用するためにユーザーに提供できるガイダンスについては、「ビデオおよび音声会議 (Windows 用クライアント)」をご参照ください。

ウェブブラウザへのアクセスを通じてリアルタイム AV を使用する場合は、AppStream 2.0 イメージ用の AppStream 2.0 エージェントには、2021 年 6 月 24 日以降にリリースされたバージョンを使用する必要があります。サポートされるウェブブラウザの詳細については、「ウェブブラウザアクセス」を参照してください。

USB デバイス

次のセクションでは、USB デバイスに対する AppStream 2.0 のサポートについて説明します。

USB リダイレクト

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にほとんどのローカル USB デバイスを使用するには、USB リダイレクトが必要です。USB リダイレクトが必要な場合は、ユーザーが AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にデバイスを使用する前に、そのデバイスを認定する必要があります。デバイスの認定後、ユーザーは AppStream 2.0 でデバイスを共有する必要があります。USB リダイレクトでは、AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に、ユーザーのデバイスにアクセスしてローカルアプリケーションで使用することはできなくなります。

それ以外の場合は、USB デバイスは AppStream 2.0 で既に有効になっているため、それ以上の構成は必要ありません。たとえば、AppStream 2.0 クライアントをインストールすると、スマートカードリダイレクトはデフォルトで有効になっています。この機能を有効にすると、USB リダイレクトは使用されないため、スマートカードリーダーを認定する必要はなく、ユーザーがストリーミングセッション中にデバイスを使用するために AppStream 2.0 でこれらのデバイスを共有する必要はありません。

注記

現在、USB リダイレクトは Linux ベースのフリートインスタンス向けにサポートされていません。

スマートカード

AppStream 2.0 では、Active Directory に参加しているストリーミングインスタンスへの Windows サインイン用のスマートカードの使用と、ストリーミングアプリケーション用のセッション内認証がサポートされています。スマートカードリダイレクトはデフォルトで有効になっているため、ユーザーは USB リダイレクトなしで、ローカルコンピュータとスマートカードに接続されているスマートカードリーダーを使用できます。

Windows サインインとセッション内認証

AppStream 2.0 では、Active Directory ドメインパスワード、または AppStream 2.0 ストリーミングインスタンス (フリートおよび Image Builder) への Windows サインイン用の共通アクセスカード (CAC)個人識別検証 (PIV) スマートカードなどのスマートカードの使用をサポートしています。ユーザーは、ローカルコンピュータに接続されたスマートカードリーダーとスマートカードを使用して、Microsoft Active Directory ドメインに参加している AppStream 2.0 ストリーミングインスタンスにサインインできます。また、ローカルのスマートカードリーダーとスマートカードを使用して、ストリーミングセッション内のアプリケーションにサインインすることもできます。

ユーザーが Windows で Active Directory に参加しているストリーミングインスタンスにサインインし、ストリーミングアプリケーションのセッション内認証にスマートカードを使用できるようにするには、次のことを行う必要があります。

  • 次の要件を満たすイメージを使用します。

  • このセクションで説明するように、ユーザーがストリーミングセッションにアクセスする AppStream 2.0 スタックで Smart card sign in for Active Directory (Active Directory のスマートカードサインイン) を有効にします。

    注記

    この設定では、Windows が AppStream 2.0 ストリーミングインスタンス (フリートまたは Image Builder) にサインインするために使用できる認証方法のみを制御します。ユーザーは、ストリーミングインスタンスにサインインした後、セッション内認証に使用できる認証方法を制御しません。

  • ユーザーに AppStream 2.0 クライアントバージョン 1.1.257 以降がインストールされていることを確認します。詳細については、「AppStream 2.0 クライアントリリースノート」を参照してください。

デフォルトでは、Active Directory のパスワードサインインは AppStream 2.0 スタックで有効になっています。AppStream 2.0 コンソールで次の手順を実行すると、Active Directory のスマートカードサインインを有効にできます。

AppStream 2.0 コンソールを使用して Active Directory のスマートカードサインインを有効にするには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [スタック] を選択します。

  3. Active Directory のスマートカード認証を有効にするスタックを選択します。

  4. [User Settings (ユーザー設定)] タブを選択し、[Clipboard, file transfer, print to local device, and authentication permissions (クリップボード、ファイル転送、ローカルデバイスへのプリント、および認証のアクセス許可)] セクションを展開します。

  5. [Smart card sign in for Active Directory (Active Directory のスマートカードサインイン)] で、[Enabled (有効)] を選択します。

    [Password sign in for Active Directory (Active Directory のパスワードサインイン)] が有効になっていない場合は、[パスワードサインイン] を有効にすることもできます。少なくとも 1 つの認証方法を有効にしてください。

  6. [更新] を選択します。

あるいは、AppStream 2.0 API、AWS SDK、または AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、Active Directory のスマートカードサインインを有効にすることもできます。

スマートカードリダイレクト

デフォルトでは、AppStream 2.0 クライアントがインストールされている場合、スマートカードのリダイレクトが有効になっています。この機能を有効にすると、ユーザーは USB リダイレクトなしで AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に、ローカルコンピュータとスマートカードに接続されているスマートカードリーダーを使用できます。AppStream 2.0 ストリーミングセッション中、ユーザーのスマートカードリーダーとスマートカードは、ローカルアプリケーションで使用するために引き続きアクセスできます。AppStream 2.0 クライアントは、スマートカード API 呼び出しをユーザーのストリーミングアプリケーションからローカルのスマートカードにリダイレクトします。

注記

現在、スマートカードリダイレクトは Linux ベースのフリートインスタンス向けにサポートされていません。

注記

スマートカードの動作にミドルウェアソフトウェアが必要な場合は、ユーザーのデバイスと AppStream 2.0 ストリーミングインスタンスの両方にミドルウェアソフトウェアをインストールする必要があります。

管理対象デバイスでのクライアントインストール時に、スマートカードリダイレクトを無効にすることができます。詳細については、「スマートカードリダイレクトを無効にするかどうかを選択する」を参照してください。スマートカードリダイレクトを無効にすると、ユーザーは USB リダイレクトなしで AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にスマートカードリーダーとスマートカードを使用できません。この場合、デバイスを認定する必要があります。デバイスの認定後、ユーザーは AppStream 2.0 でデバイスを共有する必要があります。スマートカードリダイレクトが無効になっている場合、ユーザーの AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に、スマートカードリーダーとスマートカードにアクセスしてローカルアプリケーションで使用することはできません。

ドローイングタブレット

ドローイングタブレット (ペンタブレットとも呼ばれます) は、スタイラス (ペン) を使って絵を描くことができるコンピュータ入力デバイスです。AppStream 2.0 では、ユーザーが Wacom ペンタブレットなどのドローイングタブレットを、ローカルコンピュータに接続してストリーミングアプリケーションで使用できるようになりました。

次に、ユーザーがストリーミングアプリケーションでドローイングタブレットを使用するための要件と考慮事項を示します。

  • 顧客がこの機能を利用できるようにするには、Windows Server 2019 を実行するためのイメージを使用するように AppStream 2.0 フリートを設定する必要があります。

  • この機能を使用するには、ユーザーは AppStream 2.0 クライアントを使用するか、Google Chrome または Mozilla Firefox ブラウザでのみ AppStream 2.0 にアクセスする必要があります。

  • ストリーミングアプリケーションは、Windows Ink テクノロジをサポートしている必要があります。詳細については、「Windows アプリでのペン操作と Windows インク」を参照してください。

  • GIMP などの一部のアプリケーションでは、圧力感度をサポートするために、ストリーミングインスタンス上のドローイングタブレットを検出する必要があります。この場合、ユーザーは AppStream 2.0 クライアントを使用して AppStream 2.0 にアクセスし、これらのアプリケーションをストリーミングする必要があります。さらに、ユーザーのドローイングタブレットを認定する必要があります。ユーザーは、新しいストリーミングセッションを開始するたびに、ドローイングタブレットを AppStream 2.0 と共有する必要があります。詳細については、「ストリーミングアプリケーションで使用する USB デバイスを認証する」を参照してください。

  • この機能は Chromebook ではサポートされていません。

アプリケーションストリーミングセッション中にドローイングタブレットの使用を開始するには、ユーザーは USB を使用してドローイングタブレットをローカルコンピュータに接続し、圧力感度の検出に必要な場合は AppStream 2.0 とデバイスを共有します。次に、AppStream 2.0 クライアントまたはサポートされているウェブブラウザを使用して、AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始します。

キーボードショートカット

ほとんどのオペレーティングシステムのキーボードショートカットがサポートされています。サポートされているキーボードショートカットには、Alt + Tab、クリップボードショートカット (Ctrl + X、Ctrl + C、Ctrl + V)、Esc、Alt + F4 があります。

相対マウスオフセット

デフォルトでは、ユーザーのストリーミングセッション中に、AppStream 2.0 は絶対座標を使用し、マウスの動きをローカルにレンダリングすることによって、マウスの動きに関する情報をストリーミングインスタンスに送信します。コンピュータ支援設計 (CAD)/コンピュータ支援製造 (CAM) ソフトウェアやビデオゲームなど、グラフィックを多用するアプリケーションの場合、相対的マウスモードが有効になっているときにマウスのパフォーマンスが向上します。相対的マウスモードでは、ウィンドウまたは画面内の XY 座標の絶対値ではなく、最終フレームからマウスが移動した距離を表す相対座標が使用されます。相対的マウスモードが有効になっている場合、AppStream 2.0 はマウスの動きをリモートでレンダリングします。

ユーザーは、次のいずれかの操作を行って、AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にこの機能を有効にできます。

  • Ctrl + Shift + F8 を押す

  • ストリーミングセッションウィンドウの左上にある AppStream 2.0 ツールバーの [Settings (設定)] メニューから [Relative Mouse Position (相対的マウスの位置) [Ctrl + Shift + F8]] を選択します。この方法は、クラシックモードまたは [Desktop View (デスクトップビュー)] を使用している場合に機能します。