Linux ユーザー用のデフォルト環境変数の作成 - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Linux ユーザー用のデフォルト環境変数の作成

Linux Image Builder インスタンスに環境変数を作成することができます。環境変数を作成すると、そのイメージから作成されたストリーミングインスタンスでそれらを使用できるようになります。

注記

Linux フリートインスタンスで、Image Assistant (GUI) ツールを使用して設定された環境変数とデフォルトのシステム環境変数は、/etc/profile.d/appstream_system_vars.sh スクリプトを通じてエクスポートされます。これらの環境変数にアクセスするには、アプリケーションで /etc/profile.d/appstream_system_vars.sh スクリプトを明示的にソースにする必要があります。

ユーザー用の環境変数を作成する
  1. /etc/profile フォルダが存在しない場合は、以下のコマンドを実行してフォルダを作成します。

    [ImageBuilderAdmin]$ sudo mkdir -p /etc/profile.d

  2. このフォルダ内に新しいシェルスクリプトファイル (my-environment.sh など) を作成するには、以下のコマンドを実行します。

    [ImageBuilderAdmin]$ vim my-environment.sh

  3. スクリプトファイルの最初の行に、以下のコンテンツを追加します。

    #!/bin/sh

  4. 後続の各行に、イメージの環境変数を設定するための export コマンドを追加します。以下の例は、PATH 変数に $HOME/bin を追加します。

    export PATH=”$HOME/bin:$PATH”

  5. Esc キーを押して vim のコマンドモードに戻ってから、以下のコマンドを実行してスクリプトを保存し、vim を終了します。

    :x

  6. 以下のコマンドを実行して、プログラムとしてのスクリプトの実行を許可します。

    [ImageBuilderAdmin]$ chmod +x my-environment.sh