アプリケーション設定の永続化の有効化 - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリケーション設定の永続化の有効化

アプリケーション設定の永続化を有効にするための前提条件

アプリケーション設定の永続化を有効にするには、まず、以下のことを行う必要があります。

  • Amazon S3 アクションに対する適切な AWS Identity and Access Management (IAM) アクセス許可があることを確認します。詳細については、Amazon AppStream 2.0 向け Identity and Access Management の「ホームフォルダ用の IAM ポリシーと Amazon S3 バケット」を参照してください。

  • 2017 年 12 月 7 日以降に AWS が発行したベースイメージから作成されたイメージを使用します。リリース済みの AWS ベースイメージの最新リストについては、「AppStream 2.0 ベースイメージおよびマネージド型イメージ更新リリースノート」を参照してください。

  • この機能を有効にするスタックと (2018 年 8 月 29 日以降にリリースされたバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージに基づく) フリートを関連付けます。詳細については、「AppStream 2.0 エージェントリリースノート」を参照してください。

  • インターネットアクセスまたは Amazon S3 の VPC エンドポイントを設定して、Virtual Private Cloud (VPC) から Amazon S3 へのネットワーク接続を有効にします。詳細については、Amazon AppStream 2.0 のネットワークとアクセス の「ホームフォルダと VPC エンドポイント」セクションを参照してください。

アプリケーション設定の永続化を有効にするためのベストプラクティス

インスタンスへのインターネットアクセスを提供せずに、アプリケーション設定の永続化を有効にするには、VPC エンドポイントを使用します。このエンドポイントは、AppStream 2.0 インスタンスの接続先の VPC 内に存在する必要があります。エンドポイントへの AppStream 2.0 アクセスを有効にするには、カスタムポリシーをアタッチする必要があります。カスタムポリシーを作成する方法については、Amazon AppStream 2.0 のネットワークとアクセス の「ホームフォルダと VPC エンドポイント」を参照してください。プライベート Amazon S3 エンドポイントの詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドVPC Endpoints および Endpoints for Amazon S3 を参照してください。

アプリケーション設定の永続化を有効にする方法

スタックの作成時またはスタックの作成後に、AppStream 2.0 コンソール、AppStream 2.0 API、AWS SDK、または AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、アプリケーション設定の永続化を有効/無効にできます。AWS リージョンごとに、永続的なアプリケーション設定がアカウントの S3 バケットに保存されます。

AWS リージョンのスタックで初めてアプリケーション設定の永続化を有効にすると、AppStream 2.0 によって同じリージョンの AWS アカウントに S3 バケットが作成されます。同じバケットに、該当 AWS リージョンのすべてのユーザーとすべてのスタックのアプリケーション設定 VHD ファイルが保存されます。詳細については、ユーザーのアプリケーション設定 VHD の管理Amazon S3 バケットストレージ を参照してください。

スタックの作成時にアプリケーション設定の永続化を有効にするには
  • スタックの作成」の手順に従い、[Enable Application Settings Persistence (アプリケーション設定の永続化を有効にする)] が選択されていることを確認します。

既存のスタックでアプリケーション設定の永続化を有効にするには
  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[Stacks (スタック)] を選択し、アプリケーション設定の永続化を有効にするスタックを選択します。

  3. スタックのリストの下で、[User Settings (ユーザー設定)]、[Application Settings Persistence (アプリケーション設定の永続化)]、[Edit (編集)] の順に選択します。

  4. [Application Settings Persistence (アプリケーション設定の永続化)] ダイアログボックスで、[Enable Application Settings Persistence (アプリケーション設定の永続化を有効にする)] を選択します。

  5. 現在の設定グループを選択して確定するか、新しい設定グループの名前を入力します。完了したら、[Update (更新)] を選択します。

これにより、新しいストリーミングセッションでアプリケーション設定の永続化が有効になります。