AppStream 2.0 ユーザーのホームフォルダを有効にして管理する - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AppStream 2.0 ユーザーのホームフォルダを有効にして管理する

AppStream 2.0 は、組織内のユーザーに対して次の永続的ストレージオプションをサポートしています。

  • ホームフォルダ

  • Google Drive for Google Workspace

  • OneDrive ビジネス向け

組織に対して、1 つ以上のオプションを有効にすることができます。 AppStream 2.0 スタックのホームフォルダを有効にすると、スタックのユーザーはアプリケーションストリーミングセッション中に永続的ストレージフォルダにアクセスできます。ユーザーがホームフォルダにアクセスするために必要な設定はありません。ユーザーが自分のホームフォルダに保存したデータは、Amazon Web Services アカウントの Amazon Simple Storage Service バケットに自動的にバックアップされ、そのユーザーの後のセッションで使用できるようになります。

転送中のファイルやフォルダは Amazon S3 の SSL エンドポイントを使用して暗号化されます。保管中のファイルやフォルダは Amazon S3 で管理される暗号化キーを使用して暗号化されます。

ホームフォルダは、以下のデフォルトの場所にあるフリートインスタンスに保存されます。

  • シングルセッションの場合、 non-domain-joined Windows インスタンス: C:\Users\PhotonUser\My Files\Home Folder

  • マルチセッションの場合、 non-domain-joined Windows インスタンス: C:\Users\as2-xxxxxxxx\My Files\Home Folder 。as2-xxxxxxxxx は、各ユーザーセッションに割り当てられるランダムなユーザー名です。ローカルユーザー名は、環境変数 $USERNAME を使用して決定できます。

  • ドメインに参加済みの Windows インスタンス: C:\Users\%username%\My Files\Home Folder

  • Linux インスタンス: ~/MyFiles/HomeFolder

ホームフォルダを保存先とするようにアプリケーションを設定する場合は、該当パスを管理者として使用します。ユーザーがホームフォルダを見つけられない場合があります。アプリケーションによっては、File Explorer の最上位フォルダとしてホームフォルダを表示する、リダイレクトを認識しないためです。このような場合は、File Explorer 内の同じディレクトリを参照することで、ユーザーがホームフォルダにアクセスにできます。

計算集約型アプリケーションに関連するファイルとディレクトリ

AppStream 2.0 ストリーミングセッションでは、コンピューティング集約型アプリケーションに関連付けられた大きなファイルとディレクトリを永続ストレージに保存すると、基本的な生産性アプリケーションに必要なファイルとディレクトリを保存するよりも時間がかかる場合があります。たとえば、アプリケーションが大量のデータを保存したり、同じファイルを頻繁に変更したりする場合は、1 回の書き込み操作を実行するアプリケーションによって作成されたファイルを保存する場合よりも時間がかかる場合があります。また、多くの小さなファイルを保存するのに時間がかかる場合があります。

ユーザーが計算集約型アプリケーションに関連付けられたファイルとディレクトリを保存し、 AppStream 2.0 永続ストレージオプションが期待どおりに動作しない場合は、Amazon FSx for Windows File Server や AWS Storage Gateway ファイルゲートウェイなどのサーバーメッセージブロック (SMB) ソリューションを使用することをお勧めします。以下は、これらの SMB ソリューションでの使用に適した、計算集約型アプリケーションに関連するファイルとディレクトリの例です。

  • 統合開発環境 (IDE) 用の Workspace フォルダ

  • ローカルデータベースファイル

  • グラフィックシミュレーションアプリケーションによって作成されたスクラッチスペースフォルダ

詳細については、以下を参照してください。

AppStream 2.0 ユーザーのホームフォルダを有効にする

ホームフォルダを有効にする前に、以下を実行する必要があります。

スタックの作成中 (「」を参照スタックの作成)、またはスタックの作成後に AWS Management Console 、 for AppStream 2.0、 AWS SDK、または を使用して、ホームフォルダを有効または無効にできます AWS CLI。各 AWS リージョンでは、ホームフォルダは Amazon S3 バケットによってバックアップされます。

AWS リージョンで AppStream 2.0 スタックのホームフォルダを初めて有効にすると、サービスは同じリージョンのアカウントに Amazon S3 バケットを作成します。同じバケットを使用して、そのリージョンのすべてのユーザーおよびすべてのスタックのホームフォルダのコンテンツが保存されます。詳細については、「Amazon S3 バケットのストレージ」を参照してください。

注記

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にホームフォルダの使用を開始するのに役立つようにユーザーに提供できるガイダンスについては、「」を参照してくださいホームフォルダを使用する

スタックの作成時にホームフォルダを有効にするには
  • スタックの作成」の手順に従い、[Enable Home Folders (ホームフォルダを有効にする)] が選択されていることを確認します。

既存のスタックのホームフォルダを有効にするには
  1. https://console.aws.amazon.com/appstream2 で AppStream 2.0 コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Stacks (スタック)] を選択し、ホームフォルダを有効にするスタックを選択します。

  3. スタックリストの下の、[Storage] をクリックし、[Enable Home Folders] を選択します。

  4. [Enable Home Folders] ダイアログボックスで、[Enable] を選択します。

ホームフォルダを管理する

ホームフォルダを無効にする

既にホームフォルダに保存されているユーザーコンテンツを失うことなく、スタックに対してホームフォルダを無効にできます。スタック用のホームフォルダを無効にすると、次のようになります。

  • スタックのアクティブなストリーミングセッションに接続されているユーザーはエラーメッセージを受け取ります。ホームフォルダにコンテンツを保存できなくなることが通知されます。

  • ホームフォルダが無効になったスタックを使用する新しいセッションでは、ホームフォルダは表示されません。

  • 1 つのスタックのホームフォルダを無効にしても、他のスタックに対して無効になりません。

  • すべてのスタックでホームフォルダが無効になっている場合でも、 AppStream 2.0 はユーザーコンテンツを削除しません。

スタックのホームフォルダへのアクセスを復元するには、このトピックで前に説明したステップに従って、ホームフォルダをもう一度有効にします。

スタックの作成時にホームフォルダを無効にするには
  • スタックの作成」の手順に従い、[Enable Home Folders (ホームフォルダを有効にする)] オプションが選択解除されていることを確認します。

既存のスタックのホームフォルダを無効にするには
  1. https://console.aws.amazon.com/appstream2 で AppStream 2.0 コンソールを開きます。

  2. 左ナビゲーションペインで [Stacks (スタック)] を選択し、スタックを選択します。

  3. スタックリストの下の、[Storage] をクリックし、[Enable Home Folders] をクリアします。

  4. [Disable Home Folders] ダイアログボックスで、CONFIRM (大文字と小文字は区別されます) と入力し選択を確認します。次に [Disable] を選択します。

Amazon S3 バケットのストレージ

AppStream 2.0 は、アカウントで作成された Amazon S3 バケットを使用して、ホームフォルダに保存されているユーザーコンテンツを管理します。 AWS リージョンごとに、 AppStream はアカウントにバケットを作成します。そのリージョン内のスタックのストリーミングセッションから生成されたすべてのユーザーコンテンツはそのバケットに保存されます。このバケットは、管理者が入力または設定することなく、サービスによって完全に管理されます。このバケットの名前は、次のように特定の形式で付けられます。

appstream2-36fb080bb8-region-code-account-id-without-hyphens

ここで、 region-codeはスタックが作成される AWS リージョンコード、 account-id-without-hyphensは Amazon Web Services アカウント ID です。バケット名の最初の部分 appstream2-36fb080bb8- は、複数のアカウントやリージョンにまたがる場合でも変更されません。

たとえば、アカウント番号 123456789012 で米国西部 (オレゴン) リージョン (us-west-2) のスタックのホームフォルダを有効にした場合、サービスにより、表示された名前でリージョンに Amazon S3 バケットが作成されます。適切なアクセス許可を持つ管理者のみが、このバケットを削除できます。

appstream2-36fb080bb8-us-west-2-123456789012

前述のとおり、スタックに対してホームフォルダを無効にしても、Amazon S3 バケットに保存されたユーザーコンテンツは削除されません。ユーザーコンテンツを完全に削除するには、適切なアクセス権を持つ管理者が Amazon S3 コンソールから削除する必要があります。 AppStream 2.0 は、バケットの誤った削除を防ぐバケットポリシーを追加します。詳細については、「IAM ポリシーを使用したホームフォルダおよびアプリケーション設定の永続化用の Amazon S3 バケットへの管理者アクセスの管理」を参照してください。

ホームフォルダコンテンツの同期

ホームフォルダを有効にすると、 AppStream 2.0 はコンテンツを保存するユーザーごとに一意のフォルダを作成します。このフォルダは、 Amazon Web Services アカウント (リージョン) にある S3 バケット内のユーザー名のハッシュを使用する、一意の Amazon S3 プレフィックスとして作成されます。 AppStream 2.0 は Amazon S3 にホームフォルダを作成した後、そのフォルダ内のアクセスされたコンテンツを S3 バケットからフリートインスタンスにコピーします。これにより、ユーザーはストリーミングセッション中に、フリートインスタンスからホームフォルダのコンテンツにすばやくアクセスすることができます。S3 バケット内のユーザーのホームフォルダコンテンツに加えた変更、およびフリートインスタンス上のホームフォルダコンテンツに加えた変更は、次のように Amazon S3 と AppStream 2.0 の間で同期されます。

  1. ユーザーの AppStream 2.0 ストリーミングセッションの開始時に、 AppStream 2.0 は、Amazon Web Services アカウントとリージョンの Amazon S3 バケットにそのユーザー用に保存されたホームフォルダファイルをカタログ化します。

  2. ユーザーのホームフォルダコンテンツは、ストリーミング元の AppStream 2.0 フリートインスタンスにも保存されます。ユーザーが AppStream 2.0 フリートインスタンスのホームフォルダにアクセスすると、カタログ化されたファイルのリストが表示されます。

  3. AppStream 2.0 は、ユーザーがストリーミングアプリケーションを使用してストリーミングセッション中にファイルを開く場合にのみ、S3 バケットからフリートインスタンスにファイルをダウンロードします。

  4. AppStream 2.0 がフリートインスタンスにファイルをダウンロードした後、ファイルへのアクセス後に同期が行われます。

  5. ユーザーがストリーミングセッション中にファイルを変更した場合、 AppStream 2.0 は、新しいバージョンのファイルをフリートインスタンスから S3 バケットに定期的またはストリーミングセッションの最後にアップロードします。ただし、ストリーミングセッション中にファイルは S3 バケットから再度ダウンロードされません。

以下のセクションでは、Amazon S3 でユーザーのホームフォルダファイルを追加し、置き換え、削除するときの同期動作について説明します。

Amazon S3 ユーザーのホームフォルダに追加したファイルの同期

S3 バケット内のユーザーのホームフォルダに新しいファイルを追加すると、 AppStream 2.0 はファイルをカタログ化し、数分以内にユーザーのホームフォルダ内のファイルのリストに表示します。ただし、ストリーミングセッション中にユーザーがアプリケーションでファイルを開くまで、ファイルは S3 バケットからフリートインスタンスにダウンロードされません。

Amazon S3 ユーザーのホームフォルダで置き換えたファイルの同期

ユーザーがストリーミングセッション中にフリートインスタンスのホームフォルダ内のファイルを開き、そのユーザーのアクティブなストリーミングセッション中に S3 バケットのホームフォルダにある同じファイルを新しいバージョンに置き換えた場合、新しいバージョンのファイルはフリートインスタンスにすぐにダウンロードされません。新しいバージョンは、ユーザーが新しいストリーミングセッションを開始してファイルを再度開いた後にのみ、S3 バケットからフリートインスタンスにダウンロードされます。

Amazon S3 ユーザーのホームフォルダから削除したファイルの同期

ユーザーがストリーミングセッション中にフリートインスタンスのホームフォルダ内のファイルを開き、そのユーザーのアクティブなストリーミングセッション中に S3 バケットのホームフォルダからファイルを削除すると、ユーザーが次のいずれかの操作を行った後、そのファイルはフリートインスタンスから削除されます。

  • ホームフォルダを再度開く

  • ホームフォルダを更新する

ホームフォルダの形式

ユーザーフォルダの階層は、次のセクションで説明するように、ユーザーがストリーミングセッションを起動する方法によって異なります。

AWS SDKsと AWS CLI

CreateStreamingURL または create-streaming-url を使用して起動されたセッションでは、ユーザーフォルダ構造は次のようになります。

bucket-name/user/custom/user-id-SHA-256-hash/

ここで、 bucket-nameは に示す形式で、 Amazon S3 バケットのストレージuser-id-SHA-256-hashは CreateStreamingURL API オペレーションまたはcreate-streaming-urlコマンドに渡されるUserId値から生成された小文字の SHA-256 ハッシュ 16 進文字列を使用して作成されたユーザー固有のフォルダ名です。詳細については、「Amazon AppStream 2.0 API リファレンス」の「CreateStreamingURL」およびAWS CLI 「 コマンドリファレンスcreate-streaming-url」の「」を参照してください。

次の例のフォルダ構造は、米国西部 (オレゴン) リージョン (us-west-2) の API または UserId testuser@mydomain.com、アカウント ID 123456789012 AWS CLI を使用したセッションアクセスに適用されます。

appstream2-36fb080bb8-us-west-2-123456789012/user/custom/a0bcb1da11f480d9b5b3e90f91243143eac04cfccfbdc777e740fab628a1cd13/

ウェブサイトを使用するか、オンラインで入手できるオープンソースコーディングライブラリを使用して、小文字の UserId の SHA-256 ハッシュ値を生成してユーザーのフォルダを識別できます。

SAML 2.0

SAML フェデレーションを使用して作成されたセッションでは、ユーザーフォルダ構造は次のようになります。

bucket-name/user/federated/user-id-SHA-256-hash/

この場合、user-id-SHA-256-hash は、SAML フェデレーションリクエストに渡された NameID SAML 属性値から生成された、小文字の SHA-256 ハッシュ 16 進文字列を使用して作成されたフォルダ名です。2 つの異なるドメインに属する同じ名前のユーザーを区別するには、NameID 形式で domainname\username を含む SAML リクエストを送信します。詳細については、Amazon AppStream 2.0 と SAML 2.0 の統合 を参照してください。

次の例のフォルダ構造は、米国西部 (オレゴン) リージョン の NameID SAMPLEDOMAIN\testuser、アカウント ID 123456789012 と SAML フェデレーションを使用したセッションアクセスに適用されます。

appstream2-36fb080bb8-us-west-2-123456789012/user/federated/8dd9a642f511609454d344d53cb861a71190e44fed2B8aF9fde0C507012a9901

NameID 文字列の一部またはすべてが大文字の場合 (例ではドメイン名 SAMPLEDOMAIN)、 AppStream 2.0 は文字列で使用される大文字化に基づいてハッシュ値を生成します。この例では、SAMPLEDOMAIN\testuser のハッシュ値は 8DD9A642F511609454D344D53CB861A71190E44FED2B8AF9FDE0C507012A9901 です。そのユーザーのフォルダで、この値は、8dd9a642f511609454d344d53cb861a71190e44fed2B8aF9fde0C507012a9901 のように小文字で表示されます。

ウェブサイトを使用するか、オンラインで入手できるオープンソースコーディングライブラリを使用して、NameID の SHA-256 ハッシュ値を生成してユーザーのフォルダを識別できます。

AWS Command Line Interface または AWS SDKs

スタックのホームフォルダを有効または無効にするには、 AWS CLI または AWS SDKsを使用します。

次の create-stack コマンドを使用して、新しいスタックを作成中にホームフォルダを有効にできます。

aws appstream create-stack --name ExampleStack --storage-connectors ConnectorType=HOMEFOLDERS

次の update-stack コマンドを使用して、既存のスタックに対するホームフォルダを有効にできます。

aws appstream update-stack --name ExistingStack --storage-connectors ConnectorType=HOMEFOLDERS

次のコマンドを使用して、既存のスタックに対するホームフォルダを無効にできます。このコマンドによりユーザーデータは削除されません。

aws appstream update-stack --name ExistingStack --delete-storage-connectors

その他のリソース

Amazon S3 バケットの管理とベストプラクティスの詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドにある次のトピックを参照してください。