Image Builder に接続する - Amazon AppStream 2.0

Image Builder に接続する

次のいずれかの操作を行って、Image Builder に接続できます。

  • AppStream 2.0 コンソールの使用 (ウェブ接続のみ)

  • ストリーミング URL の作成 (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

注記

接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。

AppStream 2.0 コンソール (ウェブ接続)

AppStream 2.0 コンソールを使用してウェブブラウザ経由で Image Builder に接続するには、次の手順を実行します。

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Images]、[Image Builder] の順に選択します。

  3. Image Builder 一覧で、接続する Image Builder を選択します。Image Builder のステータスが [Running (実行中)] であることを確認し、[Connect (接続)] を選択します。

    この手順を実行するには、https://stream.<aws-region>.amazonappstream.com/ からのポップアップを許可するようにブラウザを設定する必要があるかもしれません。

  4. 次のいずれかを実行して、Image Builder にログインします。

    • Image Builder が Windows ベースでアクティブディレクトリドメインに参加していない場合は、[Local User] (ローカルユーザー) タブで、以下のいずれかを選択します。

      • Administrator (管理者) — Image Builder にアプリケーションをインストールしてイメージを作成するか、ローカル管理者権限を必要とするその他のタスクを実行するには、[Administrator (管理者)] を選択します。

      • Template User (テンプレートユーザー) — デフォルトのアプリケーションおよび Windows 設定を作成するには、[Template User (テンプレートユーザー)] を選択します。

      • Test User (ユーザーのテスト) — [Test User (ユーザーのテスト)] を選択して、アプリケーションを開き、設定を確認します。

    • Image Builder が Windows ベースでアクティブディレクトリドメインに参加しており、かつアプリケーションをインストールするためにアクティブディレクトリ管理のリソースにアクセスする必要がある場合は、[Directory User] (ディレクトリユーザー) タブを選択し、Image Builder に対するローカル管理者権限を持つドメインユーザーアカウントの認証情報を入力します。

      注記

      スマートカードサインインは、ウェブブラウザを介した接続ではサポートされていません。代わりに、ストリーミング URL を作成し、AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

    • Image Builder が Linux ベースの場合は、以下のユーザーとして自動的にログインされます。

      Amazon Linux GNOME デスクトップの ImageBuilderAdmin ユーザーで、ルート管理者権限を持ってる。

ストリーミング URL (AppStream 2.0 クライアントまたはウェブ接続)

ストリーミング URL を作成して、ウェブブラウザまたは AppStream 2.0 クライアントを介して Image Builder に接続できます。フリートインスタンスへのユーザーアクセスを有効にするように作成するストリーミング URL とは異なり、デフォルトでは、Image Builder にアクセスするために作成するストリーミング URL は、1 時間後に失効します。別の有効期限を設定するには、CreateStreamingURL API アクションを使用してストリーミング URL を生成する必要があります。

接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。

注記

ネイティブアプリケーションモードは、Image Builder への AppStream 2.0 クライアント接続ではサポートされていません。AppStream 2.0 クライアントを使用して Image Builder に接続し、[Start in native application mode (ネイティブアプリケーションモードで起動)] チェックボックスがオンになっている場合、セッションがクラシックモードに切り替えられたことを示す AppStream 2.0 エラー通知が表示されます。

ストリーミング URL は、次のいずれかの方法で作成できます。

AppStream 2.0 コンソールを使用してストリーミング URL を作成し、Image Builder に接続するには、以下の手順を実行します。

AppStream 2.0 コンソールを使用してストリーミング URL を作成し、Image Builder に接続するには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Images (イメージ)]、[Image Builder (イメージビルダー)] の順に選択します。

  3. Image Builder 一覧で、接続する Image Builder を選択します。Image Builder のステータスが [Running (実行中)] であることを確認します。

  4. [Actions (アクション)]、[Create streaming URL (ストリーミング URL の作成)] の順に選択します。

  5. 次のいずれかを行ってください。

    • ストリーミング URL を保存した後に Image Builder に接続するには、[Copy Link (リンクをコピー)] を選択して URL をコピーし、アクセス可能な場所に保存します。

    • AppStream 2.0 クライアント経由で Image Builder に接続するには、[Launch in Client (クライアントで起動)] を選択します。このオプションを選択すると、AppStream 2.0 クライアントのサインインページに事前にストリーミング URL が入力されます。

    • ウェブブラウザを使用して Image Builder に接続するには、[Launch in Browser (ブラウザで起動)] を選択します。このオプションを選択すると、ウェブブラウザが開き、ストリーミング URL が事前に入力されたアドレスバーが表示されます。

  6. ストリーミング URL を作成して Image Builder に接続したら、次のいずれかの方法で Image Builder にログインします。

    • Image Builder が Windows ベースでアクティブディレクトリドメインに参加していない場合は、[Local User] (ローカルユーザー) タブで、以下のいずれかを選択します。

      • Administrator (管理者) — Image Builder にアプリケーションをインストールしてイメージを作成するか、ローカル管理者権限を必要とするその他のタスクを実行するには、[Administrator (管理者)] を選択します。

      • Template User (テンプレートユーザー) — デフォルトのアプリケーションおよび Windows 設定を作成するには、[Template User (テンプレートユーザー)] を選択します。

      • Test User (ユーザーのテスト) — [Test User (ユーザーのテスト)] を選択して、アプリケーションを開き、設定を確認します。

    • Image Builder が Windows ベースでアクティブディレクトリドメインに参加しており、かつアプリケーションをインストールするためにアクティブディレクトリ管理のリソースにアクセスする必要がある場合は、[Directory User] (ディレクトリユーザー) タブを選択し、Image Builder に対するローカル管理者権限を持つドメインユーザーアカウントの認証情報を入力します。

      注記

      AppStream 2.0 クライアントを使用している場合は、Active Directory ドメインのパスワードを入力して [Password sign in (パスワードサインイン)] を選択するか、[Choose a smart card (スマートカードを選択)] を選択してプロンプトが表示されたら、スマートカードの PIN を入力します。

      ウェブブラウザを使用している場合は、Active Directory ドメインパスワードを入力する必要があります。スマートカードサインインは、ストリーミングインスタンスへの AppStream 2.0 クライアント接続でのみサポートされます。

    • Image Builder が Linux ベースの場合は、以下のユーザーとして自動的にログインされます。

      Amazon Linux GNOME デスクトップの ImageBuilderAdmin ユーザーで、ルート管理者権限を持ってる。