AppStream 2.0 ユーザーに対して OneDrive for Business を有効にして管理する - Amazon AppStream 2.0

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AppStream 2.0 ユーザーに対して OneDrive for Business を有効にして管理する

AppStream 2.0 では、組織のユーザーに対して次の永続的ストレージをサポートしています。

  • OneDrive for Business

  • Google Drive for G Suite

  • ホームフォルダ

組織に対して、1 つ以上のオプションを有効にすることができます。AppStream 2.0 スタックに対して OneDrive for Business を有効にすると、スタックのユーザーは OneDrive for Business アカウントを AppStream 2.0 にリンクできます。その後、ユーザーは、OneDrive for Business のアカウントにサインインして、アプリケーションストリーミングセッション中に OneDrive フォルダにアクセスできます。このセッション中に、OneDrive でユーザーがファイルやフォルダに行う変更は、自動的にバックアップ、同期されます。結果として、ストリーミングセッション外部から利用できるようになります。

重要

OneDrive for Business は、OneDrive ドメイン内のアカウントに対してのみ有効にできますが、個人用アカウントに対しては有効にできません。AppStream 2.0 では、アプリケーションに対するエンドユーザーの同意を許可するように Microsoft Azure Active Directory 環境を設定する必要があります。詳細については、以下を参照してください。 エンドユーザーがアプリケーションに同意する方法を設定する Azure Active Directoryで アプリケーション管理 文書化。

管理者同意ワークフローを使用すると、管理者は管理者の承認を必要とするアプリケーションへのアクセスを許可できます。管理者同意ワークフローが Azure Active Directory 環境で設定されている場合は、AWS サポートにお問い合わせください。AWS サポートへの問い合わせ方法については、「AWS Support Center」を参照してください。

AppStream 2.0 ユーザーに対して OneDrive を有効にする

OneDrive を有効にする前に、以下を実行する必要があります。

  • 有効な組織ドメインを持つアクティブなMicrosoft Office 365 アカウントまたは OneDrive for Business と、そのドメインのユーザーアカウントを AppStream 2.0 と一緒に使用します。

  • 関連付けられているフリートを使用して AppStream 2.0 を設定します。

    このフリートでは、2018 年 7 月 26 日以降にリリースされたバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを使用する必要があります。詳細については、AppStream 2.0 エージェントのバージョン履歴 を参照してください。このフリートでは、インターネットにアクセスできることも必要です。

AppStream 2.0 ユーザーに対して OneDrive を有効にするには、次の手順に従います。

スタックの作成時に OneDrive を有効にするには

  • スタックの作成 の手順に従って、[Enable OneDrive (OneDrive を有効にする)] が選択されていること、OneDrive for Business アカウントに関連付けられている組織ドメインを 1 つ以上指定していることを確認します。

既存のスタックで OneDrive を有効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/appstream2 で AppStream 2.0 コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Stacks] を選択し、OneDrive を有効にするスタックを選択します。

  3. スタックリストの下の [Storage] をクリックし、[Enable OneDrive for Business] を選択します。

  4. [Enable OneDrive for Business] ダイアログボックスの、[OneDrive domain name] に、OneDrive アカウントに関連付けられている組織ドメイン名を 1 つ以上入力します。別のドメインを指定するには、[Add another domain] を選択し、ドメインの名前を入力します。

  5. OneDrive ドメイン名を追加したら、[Enable (有効化)] を選択します。

ユーザーが AppStream 2.0 で OneDrive を使用するには、サードパーティーのウェブアプリケーションを使用して OneDrive アカウントをリンクするアクセス許可を付与する必要があります。そのためには、次のセクションのステップに従います。

重要

エンドユーザーがアプリケーションに同意できるようにするには、Microsoft Azure Active Directory 環境を設定する必要があります。詳細については、以下を参照してください。 エンドユーザーがアプリケーションに同意する方法を設定する Azure Active Directoryで アプリケーション管理 文書化。

AppStream 2.0 で OneDrive をリンクするアクセス許可をユーザーに付与する

ユーザーが OneDrive for Business を AppStream 2.0 にリンクできるようにするには、Office 365 または OneDrive for Business 管理コンソールで統合アプリを有効にする必要があります。

  1. Business 管理コンソールで、Office 365 または OneDrive にサインインします。

  2. コンソールの左のナビゲーションペインで [Settings (設定)]、[Services & add-ins] の順に選択します。

  3. サービスとアドインのリストから、[Integrated Apps] を選択します。

  4. [Integrated apps] ページで、組織のユーザーがサードパーティーのウェブアプリを使用して、Office 365 情報にアクセスすることを許可するオプションをオンにします。

注記

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中の OneDrive の使用を開始するのに役立つようにユーザーに提供できるガイダンスについては、「OneDrive for Business を使用する」を参照してください。

AppStream 2.0 ユーザーに対して OneDrive を無効にする

OneDrive に保存したユーザーコンテンツを失うことなく、スタックに対して OneDrive を無効にすることができます。スタックで OneDrive を無効にすると、次のような影響があります。

  • スタックのアクティブなストリーミングセッションに接続されているユーザーはエラーメッセージを受け取ります。OneDrive にアクセスするアクセス許可がないことが通知されます。

  • OneDrive を無効化したスタックを使用する、新しいセッションでは、OneDrive は表示されません。

  • OneDrive が無効になっている特定のスタックのみが影響を受けます。

  • すべてのスタックに対して OneDrive が無効になっている場合でも、AppStream 2.0 によって、OneDrive に保存されているユーザーコンテンツが削除されることはありません。

既存のスタックで OneDrive を無効にするには、以下の手順を実行します。

既存のスタックで OneDrive を無効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/appstream2 で AppStream 2.0 コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Stacks] を選択し、OneDrive を無効にするスタックを選択します。

  3. スタックリストの下の [Storage] をクリックし、[Enable OneDrive for Business] オプションを解除します。

  4. [Disable OneDrive for Business] ダイアログボックスで、CONFIRM (大文字と小文字は区別される) と入力します。選択内容を確認したら、[Disable] を選択します。

    次の AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始すると、スタックのユーザーは、その後のセッション内から OneDrive フォルダにアクセスできなくなります。