AWS AppSync 指令 - AWS AppSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS AppSync 指令

AWS AppSync Velocity の記述時に開発者の生産性を高めるディレクティブを公開します。

#return(Object) マッピングテンプレートから途中で戻る必要がある場合は、#return ディレクティブが便利です。#return は、プログラミング言語の return キーワードに似ています。これは、最も近いスコープのロジックブロックから戻るためです。つまり、リゾルバーのマッピングテンプレート内で #return を使用すると、リゾルバーから戻ることになります。さらに、関数のマッピングテンプレートから #return を使用すると、実行は関数から戻り、パイプライン内の次の関数に、またはリゾルバーのレスポンスマッピングテンプレートに継続されます。

#return #return(Object) と同じですが、代わりに null が返されます。