GraphQL API の設計 - AWS AppSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

GraphQL API の設計

GraphQL API を構築している場合は、スキーマ設計やデータソースに接続する方法など、知っておく必要がある概念があります。

このセクションでは、以下を行います。

  1. スキーマをゼロから構築

  2. リソースの自動プロビジョニング

  3. データソースを手動で定義する

  4. データソースを GraphQL リゾルバーConnect

AWS AppSync では、GraphQL APIAWS の使用に必要なコンポーネントをプロビジョニングして構築することで、構成プロセスの一部をさらに自動化できます。それらの機能には以下が含まれます。

  • GraphQL API をすばやく作成してクエリを設定するための GraphQL スキーマ作成ウィザードの提供

    (詳細については、「ガイド付きスキーマウィザード」を参照してください。)

    注記

    このオプションは、GraphQLAWS AppSync を初めて使用するユーザーやユーザーにお勧めします。

  • 既存の Amazon DynamoDB テーブルをインポートすることで、自動的にスキーマを作成し、リゾルバーに接続する

    (詳細については、「Amazon DynamoDB からのインポート」を参照してください)。

  • 既存の GraphQL スキーマの有無にかかわらず Amazon DynamoDB テーブルのプロビジョニング

    (詳細については、「スキーマからのプロビジョニング」を参照してください)。