チュートリアル : GraphQL リゾルバーを組み合わせる - AWS AppSync

チュートリアル : GraphQL リゾルバーを組み合わせる

GraphQL スキーマのリゾルバーとフィールドには、非常に柔軟性の高い 1 対 1 の関係があります。データソースはスキーマとは独立にリゾルバーに設定されるため、ニーズに応じてスキーマ上で組み合わせやマッチングを行い、さまざまなデータソースを使用して GraphQL 型の解決や操作が行えます。

以下のシナリオ例では、スキーマでのデータソースの組み合わせおよびマッチング方法について説明します。ただし、これを行う前に、以前のセクションで説明した、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、および Amazon Elasticsearch Service 向けにデータソースやリゾルバーを設定する方法について習熟している必要があります。

スキーマの例

次のスキーマには、3 つの Post 処理と 3 つの Query 処理を含む Mutation という型が定義されています。

type Post { id: ID! author: String! title: String content: String url: String ups: Int downs: Int version: Int! } type Query { allPost: [Post] getPost(id: ID!): Post searchPosts: [Post] } type Mutation { addPost( id: ID!, author: String!, title: String, content: String, url: String ): Post updatePost( id: ID!, author: String!, title: String, content: String, url: String, ups: Int!, downs: Int!, expectedVersion: Int! ): Post deletePost(id: ID!): Post }

この例では、合計 6 つのリゾルバーをアタッチします。考えられる方法の 1 つは、これらをすべて Posts という Amazon DynamoDB テーブルから取得することです。この場合、「DynamoDB のリゾルバーのマッピングテンプレートリファレンス」で説明されているように、AllPosts はスキャンを実行し、searchPosts はクエリを実行します。ただし、Lambda または Amazon ES を使用して GraphQL クエリに解決させるなど、ビジネスニーズに応じて他の方法も使用できます。

リゾルバーを使用してデータを変更する

DynamoDB (または Amazon Aurora) などのデータベースからクライアントに、一部の属性を変更した結果を返したい場合があります。クライアントでのタイムスタンプの相違などによるデータ型の成形が必要な場合や、後方互換性を確保するための処理が必要な場合などです。以下では、分かりやすい例として、GraphQL リゾルバーが呼び出されるたびに投稿にランダムな番号を割り当て、ブログの投稿の賛成または反対を操作する AWS Lambda 関数を示しています。

'use strict'; const doc = require('dynamodb-doc'); const dynamo = new doc.DynamoDB(); exports.handler = (event, context, callback) => { const payload = { TableName: 'Posts', Limit: 50, Select: 'ALL_ATTRIBUTES', }; dynamo.scan(payload, (err, data) => { const result = { data: data.Items.map(item =>{ item.ups = parseInt(Math.random() * (50 - 10) + 10, 10); item.downs = parseInt(Math.random() * (20 - 0) + 0, 10); return item; }) }; callback(err, result.data); }); };

これは完全に有効な Lambda 関数であり、GraphQL スキーマの AllPosts フィールドにアタッチできるため、すべての結果を返すクエリが、賛成/反対に対するランダムな番号を受け取ります。

DynamoDB および Amazon ES

一部のアプリケーションでは、DynamoDB に対してミューテーションまたは簡単な検索クエリを実行し、バックグラウンドプロセスでドキュメントを Amazon ES に転送する場合があります。その後、searchPosts リゾルバーを Amazon ES データソースに単純にアタッチし、GraphQL クエリを使用して、(DynamoDB のデータからの) 検索結果を返します。これは、キーワードやあいまいワードによる検索、地理空間検索などの高度な検索処理をアプリケーションに追加する場合に非常に役立ちます。DynamoDB からのデータ転送は、ETL プロセスを使用して、または Lambda を使用した DynamoDB からのストリームを使用して行うことができます。これの完全な実例を、AWS アカウントで米国西部 2 (オレゴン) 地区の下記の AWS CloudFormation スタックを使用して起動できます。

この例では、スキーマは以下のような DynamoDB リゾルバーを使用して投稿を追加します。

mutation add { putPost(author:"Nadia" title:"My first post" content:"This is some test content" url:"https://aws.amazon.com/appsync/" ){ id title } }

これにより、データが DynamoDB に書き込まれます。その後、Lambda を介してデータが Amazon Elasticsearch Service に転送されます。ここではすべての投稿がさまざまなフィールドについて検索できます。たとえば、データが Amazon Elasticsearch Service にあるため、以下のように空白を含む任意のテキストを使用して、author フィールドまたは content フィールドを検索できます。

query searchName{ searchAuthor(name:" Nadia "){ id title content } } query searchContent{ searchContent(text:"test"){ id title content } }

データは DynamoDB に直接書き込まれるため、allPosts{...} クエリと singlePost{...} クエリを使用して、テーブルに対するリストまたは項目の検索処理が効率的に実行できます。このスタックでは、DynamoDB ストリームに対して次のコード例を使用します。

注意 : ここで示しているのは一例にすぎません。

var AWS = require('aws-sdk'); var path = require('path'); var stream = require('stream'); var esDomain = { endpoint: 'https://elasticsearch-domain-name.REGION.es.amazonaws.com', region: 'REGION', index: 'id', doctype: 'post' }; var endpoint = new AWS.Endpoint(esDomain.endpoint) var creds = new AWS.EnvironmentCredentials('AWS'); function postDocumentToES(doc, context) { var req = new AWS.HttpRequest(endpoint); req.method = 'POST'; req.path = '/_bulk'; req.region = esDomain.region; req.body = doc; req.headers['presigned-expires'] = false; req.headers['Host'] = endpoint.host; // Sign the request (Sigv4) var signer = new AWS.Signers.V4(req, 'es'); signer.addAuthorization(creds, new Date()); // Post document to ES var send = new AWS.NodeHttpClient(); send.handleRequest(req, null, function (httpResp) { var body = ''; httpResp.on('data', function (chunk) { body += chunk; }); httpResp.on('end', function (chunk) { console.log('Successful', body); context.succeed(); }); }, function (err) { console.log('Error: ' + err); context.fail(); }); } exports.handler = (event, context, callback) => { console.log("event => " + JSON.stringify(event)); var posts = ''; for (var i = 0; i < event.Records.length; i++) { var eventName = event.Records[i].eventName; var actionType = ''; var image; var noDoc = false; switch (eventName) { case 'INSERT': actionType = 'create'; image = event.Records[i].dynamodb.NewImage; break; case 'MODIFY': actionType = 'update'; image = event.Records[i].dynamodb.NewImage; break; case 'REMOVE': actionType = 'delete'; image = event.Records[i].dynamodb.OldImage; noDoc = true; break; } if (typeof image !== "undefined") { var postData = {}; for (var key in image) { if (image.hasOwnProperty(key)) { if (key === 'postId') { postData['id'] = image[key].S; } else { var val = image[key]; if (val.hasOwnProperty('S')) { postData[key] = val.S; } else if (val.hasOwnProperty('N')) { postData[key] = val.N; } } } } var action = {}; action[actionType] = {}; action[actionType]._index = 'id'; action[actionType]._type = 'post'; action[actionType]._id = postData['id']; posts += [ JSON.stringify(action), ].concat(noDoc?[]:[JSON.stringify(postData)]).join('\n') + '\n'; } } console.log('posts:',posts); postDocumentToES(posts, context); };

DynamoDB ストリームを使用し、id をプライマリキーとしてこれを DynamoDB テーブルにアタッチできます。DynamoDB のソースへの変更は Amazon ES ドメインに転送されます。この設定の詳細については、DynamoDB ストリームのドキュメントを参照してください。