$util.xml の XML ヘルパー - AWS AppSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

$util.xml の XML ヘルパー

注記

現在、主に APPSYNC_JS ランタイムとそのドキュメントをサポートしています。こちらにある APPSYNC_JS ランタイムとそのガイドの使用をご検討ください。

$util.xml には、XML レスポンスを JSON またはディクショナリに変換しやすくするヘルパーメソッドが含まれています。

$util.xml utils リスト

$util.xml.toMap(String) : Map

XML 文字列を辞書に変換します。

Input: <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <posts> <post> <id>1</id> <title>Getting started with GraphQL</title> </post> </posts> Output (JSON representation): { "posts":{ "post":{ "id":1, "title":"Getting started with GraphQL" } } } Input: <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <posts> <post> <id>1</id> <title>Getting started with GraphQL</title> </post> <post> <id>2</id> <title>Getting started with AWS AppSync</title> </post> </posts> Output (JSON representation): { "posts":{ "post":[ { "id":1, "title":"Getting started with GraphQL" }, { "id":2, "title":"Getting started with AWS AppSync" } ] } }
$util.xml.toJsonString(String) : String

XML 文字列を JSON 文字列に変換します。これは、出力が文字列である点を除き、toMap に似ています。これは、XML レスポンスを HTTP オブジェクトから JSON に直接変換し、返す場合に便利です。

$util.xml.toJsonString(String, Boolean) : String

XML 文字列を JSON 文字列に変換します。オプションのブールパラメータを使用して、JSON を文字列エンコードするか判断します。