ALTER TABLE SET TBLPROPERTIES - Amazon Athena

ALTER TABLE SET TBLPROPERTIES

カスタムまたは事前定義されたメタデータプロパティをテーブルに追加して、それらの割り当てられた値を設定します。テーブル内のプロパティを表示するには、SHOW TBLPROPERTIES コマンドを使用します。

Apache Hive のマネージドテーブルはサポートされていないため、'EXTERNAL'='FALSE' を設定しても効果はありません。

Synopsis

ALTER TABLE table_name SET TBLPROPERTIES ('property_name' = 'property_value' [ , ... ])

Parameters

SET TBLPROPERTIES ('property_name' = 'property_value' [ , ... ])

追加するメタデータプロパティを property_name として指定し、各プロパティの値を property value として指定します。property_name が既に存在する場合は、その値が新たに指定された property_value に設定されます。

以下の事前定義されたテーブルプロパティには、特別な用途があります。

事前定義プロパティ 説明
classification AWS Glue のデータ型を示します。可能な値は csvparquetorcavro、または json です。詳細については、「CREATE TABLE」の「TBLPROPERITERS」セクションを参照してください。
has_encrypted_data LOCATION によって指定されたデータセットが暗号化されているかどうかを示します。詳細については、「CREATE TABLE」の「TBLPROPERITERS」セクション、および「Amazon S3 内の暗号化されたデータセットに基づくテーブルの作成」を参照してください。
orc.compress ORC 形式のデータに対する圧縮形式を指定します。詳細については、「」を参照してくださいORC SerDe
parquet.compression Parquet 形式のデータに対する圧縮形式を指定します。詳細については、「」を参照してくださいParquet SerDe
projection.* パーティション射影で使用されるカスタムプロパティで、Athena がテーブルでクエリを実行するときに、どのパーティションパターンを期待すべきかを把握できるようにします。詳細については、「」を参照してくださいAmazon Athena でのパーティション射影
skip.header.line.count テーブルを定義するときに、データのヘッダーを無視します。詳細については、「」を参照してくださいヘッダ―の無視
storage.location.template 射影されたパーティションに対してカスタム Amazon S3 パステンプレートを指定します。詳細については、「」を参照してくださいパーティション射影のセットアップ

Example

ALTER TABLE orders SET TBLPROPERTIES ('notes'="Please don't drop this table.");