Amazon Athena Neptune コネクタ - Amazon Athena

Amazon Athena Neptune コネクタ

Amazon Neptune は、高速で信頼性に優れたフルマネージド型のグラフデータベースサービスで、高度に接続されたデータセットを使用するアプリケーションの構築と実行を容易にします。Neptune の高性能専用グラフデータベースエンジンは、数十億のリレーションシップを最適に保存し、ミリ秒単位のレイテンシーでグラフをクエリします。詳細については、「Neptune ユーザーガイド」を参照してください。

Amazon Athena Neptune コネクタは、Athena が Neptune グラフデータベースインスタンスとやり取りすることを可能にして、SQL クエリがNeptune グラフデータにアクセスできるようにします。

前提条件

Neptune コネクタを使用するには、次の 3 つのステップが必要です。

制約事項

現在、コネクタはプロパティグラフモデルのみをサポートしています。RDF グラフは、現在サポートされていません。

Neptune クラスターのセットアップ

使用したい既存の Amazon Neptune クラスターとプロパティグラフデータセットがない場合は、セットアップする必要があります。

Neptune クラスターをホストする VPC にインターネットゲートウェイと NAT ゲートウェイがあることを確認してください。Neptune コネクタ Lambda 関数が使用するプライベートサブネットには、この NAT ゲートウェイを経由するインターネットへのルートが必要です。Neptune コネクタの Lambda 関数は NAT ゲートウェイを使用して AWS Glue と通信します。

新しい Neptune クラスターをセットアップしてサンプルデータセットとともにロードする手順については、GitHub.com で「Sample Neptune Cluster Setup」(Neptune クラスターのセットアップ例) を参照してください。

AWS Glue Data Catalog のセットアップ

従来のリレーショナルデータストアとは異なり、Neptune グラフ DB ノードとエッジは設定されたスキーマを使用しません。各エントリには、異なるフィールドとデータ型を設定できます。ただし、Neptune コネクタは AWS Glue Data Catalog からメタデータを取得するので、必要なスキーマのテーブルを含む AWS Glue データベースを作成する必要があります。AWS Glue データベースとテーブル作成したら、コネクタは Athena からのクエリに使用できるテーブルのリストに入力できます。

AWS Glue Data Catalog をセットアップして Neptune と連携する方法については、GitHub.com で「Set up AWS Glue Catalog」を参照してください。

以下も参照してください。

このコネクタに関する追加情報については、GitHub.com で対応するサイトを参照してください。