テーブル、データベース、および列の名前 - Amazon Athena

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テーブル、データベース、および列の名前

Athena のデータベースオブジェクトに命名するには、以下のヒントを参考にしてください。

データベース、テーブル、および列名は 255 文字以下にする

データベース、テーブル、および列名は 255 文字以下である必要があります。この制限を超えると、「Value at 'name' failed to satisfy constraint: Member must have length less than or equal to 255」などのエラーが生成されます。

Athena のテーブル名とテーブルの列名に小文字を使用する

Athena では大文字と小文字の DDL クエリと DML クエリを受け入れますが、クエリを実行するときの名前は小文字になります。このため、テーブル名や列名で大文字と小文字を混在させることは避け、そのような名前を区別するために、大文字と小文字の区別だけに依存しないでください。例えば、DDL ステートメントを使用して Castle という名前の列を作成する場合、作成される列は小文字で castle になります。また、DML クエリで列名を Castle または CASTLE に指定すると、Athena はクエリを実行する際の名前を小文字にし、クエリで選択した大文字と小文字を使用して列見出しを表示します。

データベース、テーブル、および列名は 255 文字以下である必要があります。

アンダースコアで始まる名前

テーブルを作成するときは、アンダースコアで始まるテーブル名、ビュー名、または列名はバックティックで囲みます。以下に例を示します。

CREATE EXTERNAL TABLE IF NOT EXISTS `_myunderscoretable`( `_id` string, `_index` string) LOCATION 's3://my-athena-data/'

数字で始まるテーブル、ビュー、または列の名前

SELECTCTAS、または VIEW クエリを実行するときは、数字で始まるテーブル名、ビュー名、または列名といった識別子を引用符で囲みます。以下に例を示します。

CREATE OR REPLACE VIEW "123view" AS SELECT "123columnone", "123columntwo" FROM "234table"

列名と複合型

複合型の場合、列名には、英数字、アンダースコア(_)、ピリオド (.) のみが使用可能です。カスタム DDL ステートメントを使用すると、テーブルとキーのマッピングの作成に使用する文字を制限できます。詳細については、AWS ビッグデータブログの「JSONSerDe によるマッピングを使って、入れ子の JSON から Amazon Athena のテーブルを作成する」を参照してください。

予約語

Athena の特定の予約語は、エスケープする必要があります。DDL ステートメントで予約キーワードをエスケープするには、バックティック (`) で囲みます。SQL の SELECT ステートメントや ビュー のクエリで予約キーワードをエスケープするには、二重引用符 ('') で囲みます。

詳細については、「予約済みキーワード」を参照してください。

以下も参照してください。

データベースおよびテーブル作成の構文の詳細については、次のページを参照してください。