CREATE DATABASE - Amazon Athena

CREATE DATABASE

データベースを作成します。DATABASESCHEMA はどちらでも使用できます。どちらも同じ意味です。

Synopsis

CREATE (DATABASE|SCHEMA) [IF NOT EXISTS] database_name [COMMENT 'database_comment'] [LOCATION 'S3_loc'] [WITH DBPROPERTIES ('property_name' = 'property_value') [, ...]]

Parameters

[IF NOT EXISTS]

database_name という名前のデータベースが既に存在する場合、エラーメッセージを抑制します。

[COMMENT database_comment]

comment という組み込みメタデータプロパティにメタデータ値を設定し、database_comment に値を指定します。AWS Glue では、COMMENT の内容がデータベースプロパティの Description フィールドに書き込まれます。

[LOCATION S3_loc]

データベースファイルとメタストアがある場所を S3_loc として指定します。これは Amazon S3 の場所にする必要があります。

[WITH DBPROPERTIES ('property_name' = 'property_value') [, ...] ]

データベース定義のカスタムメタデータプロパティを指定します。

Examples

CREATE DATABASE clickstreams;
CREATE DATABASE IF NOT EXISTS clickstreams COMMENT 'Site Foo clickstream data aggregates' LOCATION 's3://myS3location/clickstreams/' WITH DBPROPERTIES ('creator'='Jane D.', 'Dept.'='Marketing analytics');

データベースプロパティの表示

CREATE DATABASE を使用して AWSDataCatalog で作成するデータベースのデータベースプロパティを表示するには、以下の例にあるように、AWS CLI コマンドの aws glue get-database を使用することができます。

aws glue get-database --name <your-database-name>

JSON 出力では、結果が以下のようになります。

{ "Database": { "Name": "<your-database-name>", "Description": "<your-database-comment>", "LocationUri": "s3://<your-database-location>", "Parameters": { "<your-database-property-name>": "<your-database-property-value>" }, "CreateTime": 1603383451.0, "CreateTableDefaultPermissions": [ { "Principal": { "DataLakePrincipalIdentifier": "IAM_ALLOWED_PRINCIPALS" }, "Permissions": [ "ALL" ] } ] } }

AWS CLI の詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドを参照してください。