詳細設定を使用して起動テンプレートを作成する - Amazon EC2 Auto Scaling

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

詳細設定を使用して起動テンプレートを作成する

このトピックでは、 から詳細設定を使用して起動テンプレートを作成する方法について説明します AWS Management Console。

詳細設定を使用して起動テンプレートを作成するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインのインスタンス で、起動テンプレート を選択し、起動テンプレートの作成 を選択します。

  3. 次のトピックで説明するように、起動テンプレートを設定します。

  4. [起動テンプレートの作成] を選択します。

必須の設定

起動テンプレートを作成するときは、次の必須設定を含める必要があります。

起動テンプレート名

起動テンプレートを説明する一意の名前を入力します。

アプリケーションと OS イメージ (Amazon マシンイメージ)

使用する Amazon マシンイメージ (AMI) を選択します。使用する AMI を検索または参照できます。最適なスケーリング効率を得るには、アプリケーションコードでインスタンスを起動するように完全に設定されており、起動時に変更がほとんど必要なカスタム AMI を選択します。

インスタンスタイプ

AMI と互換性のあるインスタンスタイプを選択します。Auto Scaling グループ独自のリソース定義に埋め込まれている複数のインスタンスタイプを使用する場合は、起動テンプレートへのインスタンスタイプの追加をスキップできます。インスタンスタイプは、混合インスタンスグループ を作成する予定がない場合にのみ必要です。

[詳細設定]

詳細設定はオプションです。詳細設定を行わない場合、特定の機能はインスタンスに追加されません。

[高度な詳細] セクションを展開して、詳細設定を表示します。以下のセクションでは、Auto Scaling グループの起動テンプレートを作成するときに焦点を当てる最も有用な詳細設定について説明します。詳細については、「Amazon EC2 https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/create-launch-template.html#lt-advanced-detailsユーザーガイド」の「詳細」を参照してください。 Amazon EC2

IAM インスタンスプロファイル

インスタンスプロファイルには、使用する IAM ロールが含まれます。Auto Scaling グループが EC2 インスタンスを起動すると、関連付けられた IAM ロールで定義されたアクセス許可が、インスタンスで実行されているアプリケーションに付与されます。詳細については、「Amazon EC2 インスタンスで実行中のアプリケーション用の IAM ロール」を参照してください。

終了保護

この機能を有効にすると、ユーザーは Amazon EC2 コンソール、CLI コマンド、および API オペレーションを使用してインスタンスを終了できなくなります。終了保護は、偶発的な終了に対する追加の保護を提供します。Amazon EC2 Auto Scaling がインスタンスを終了することを妨げることはありません。Amazon EC2 Auto Scaling を終了できるインスタンスを制御するには、「」を参照してくださいインスタンスのスケールイン保護を使用する

詳細 CloudWatch モニタリング

EC2 インスタンスの詳細モニタリングを有効にして、1 分間隔でメトリクスデータを Amazon CloudWatch に送信できます。デフォルトでは、EC2 インスタンスはメトリクスデータを CloudWatch 5 分間隔で に送信します。別途 料金がかかります。詳細については、「Auto Scaling インスタンスのモニタリングを設定する」を参照してください。

クレジット仕様

Amazon EC2 は、T2, T3T3a などのバーストパフォーマンスインスタンスを提供します。これにより、アプリケーションは必要に応じてベースライン CPU パフォーマンスを超えてバーストできます。デフォルトでは、これらのインスタンスは、CPU 使用率がスロットリングされる前に期間限定でバーストする可能性があります。オプションで無制限モードを有効にして、インスタンスがベースラインを超えて必要なだけバーストできるようにします。これにより、アプリケーションは必要に応じて高い CPU パフォーマンスを維持できます。追加料金が適用される場合があります。詳細については、Amazon EC2 ユーザーガイド」のAuto Scaling グループを使用してバーストパフォーマンスインスタンスを無制限で起動する」を参照してください。

プレイスメントグループ名

プレイスメントグループを指定し、クラスターまたはパーティション戦略を使用して、インスタンスが AWS データセンターに物理的にどのように配置されているかに影響を与えることができます。小規模な Auto Scaling グループの場合は、スプレッド戦略を使用することもできます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「プレイスメントグループ」を参照してください。 Amazon EC2

Auto Scaling グループでプレイスメントグループを使用する場合は、いくつかの考慮事項があります。

  • 起動テンプレートと Auto Scaling グループの両方でプレイスメントグループが指定されている場合、Auto Scaling グループのプレイスメントグループが優先されます。グループが作成されると、Auto Scaling グループ設定で指定されたプレイスメントグループを変更することはできません。

  • では AWS CloudFormation、起動テンプレートでプレイスメントグループを定義する場合は注意してください。Amazon EC2 Auto Scaling は、指定されたプレイスメントグループにインスタンスを起動します。ただし、Auto Scaling グループUpdatePolicyで を使用する場合、 CloudFormation はそれらのインスタンスからシグナルを受信しません (ただし、これは将来変更される可能性があります)。

購入オプション

スポットインスタンスのリクエストを選択して、オンデマンド料金でスポットインスタンスをリクエストし、カスタマイズを選択してデフォルトのスポットインスタンス設定を変更できます。Auto Scaling グループでは、終了日なしのワンタイムリクエストを指定する必要があります (デフォルト)。詳細については、「耐障害性に優れた柔軟なアプリケーションのためにスポットインスタンスをリクエストする」を参照してください。この設定は特殊な状況では便利ですが、通常は指定せず、代わりに混合インスタンスグループを作成することをお勧めします。詳細については、「複数のインスタンスタイプと購入オプションを使用する Auto Scaling グループ」を参照してください。

起動テンプレートでスポットインスタンスリクエストを指定した場合、混合インスタンスグループを作成することはできません。混合インスタンスグループでスポットインスタンスをリクエストする起動テンプレートを使用しようとすると、次のように Incompatible launch template: You cannot use a launch template that is set to request Spot Instances (InstanceMarketOptions) when you configure an Auto Scaling group with a mixed instances policy. Add a different launch template to the group and try again. というエラーメッセージが表示されます。

Capacity Reservation

キャパシティ予約を使用すると、特定のアベイラビリティーゾーンの Amazon EC2 インスタンスのキャパシティーを任意の期間予約できます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「オンデマンドキャパシティ予約」を参照してください。 Amazon EC2

インスタンスを起動するかどうかを選択できます。

  • 任意のオープンキャパシティーの予約 (オープン

  • 特定のキャパシティーの予約 (ID によるターゲット

  • キャパシティ予約のグループ (グループ によるターゲット

特定のキャパシティーの予約をターゲットにするには、起動テンプレートのインスタンスタイプが予約のインスタンスタイプと一致する必要があります。Auto Scaling グループを作成するときは、キャパシティーの予約と同じアベイラビリティーゾーンを使用します。 AWS リージョン 選択した に応じて、代わりにキャパシティブロックをターゲットにすることを選択できます。詳細については、「機械学習ワークロードCapacity Blocksに を使用する」を参照してください。

キャパシティ予約のグループをターゲットにするには、「」を参照してくださいオンデマンドキャパシティ予約を使用して特定のアベイラビリティーゾーンのキャパシティを予約する。キャパシティ予約のグループをターゲットにすることで、キャパシティを複数のアベイラビリティーゾーンに分散させて回復性を向上させることができます。

テナンシー

Amazon EC2 には、EC2 インスタンスのテナンシーに 3 つのオプションがあります。

  • 共有 (共有 ) — 複数の が同じ物理ハードウェアを共有 AWS アカウント している場合があります。これは、インスタンスを起動する際のデフォルトのテナンシーオプションです。

  • 専用インスタンス (専用 ) — インスタンスはシングルテナントハードウェアで実行されます。同じ AWS 物理サーバーを共有するお客様は他にありません。詳細については、ハードウェア専有インスタンスAmazon EC2 ユーザーガイドを参照してください。

  • Dedicated Hosts (専有ホスト ) – インスタンスは、お客様専用の物理サーバーで実行されます。Dedicated Hosts を使用すると、専用のハードウェア要件を持つ独自のライセンス (BYOL) を EC2 に持ち込み、コンプライアンスのユースケースを満たすことが容易になります。このオプションを選択した場合は、テナンシーホストリソースグループ のホストリソースグループを指定する必要があります。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Dedicated Host」を参照してください。

Dedicated Hosts のサポートは、ホストリソースグループを指定する場合にのみ使用できます。特定のホスト ID をターゲットにしたり、ホストのプレイスメントアフィニティを使用したりすることはできません。

  • ホスト ID を指定する起動テンプレートを使用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。 Incompatible launch template: Tenancy host ID is not supported for Auto Scaling.

  • ホスト配置のアフィニティを指定する起動テンプレートを使用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。 Incompatible launch template: Auto Scaling does not support host placement affinity.

テナンシーホストリソースグループ

を使用すると AWS License Manager、独自のライセンスを に持ち込み AWS 、一元的に管理できます。ホストリソースグループは、特定の License Manager ライセンス設定にリンクされた Dedicated Hosts のグループです。ホストリソースグループを使用すると、ソフトウェアライセンスのニーズに合った Dedicated Hosts で EC2 インスタンスを簡単に起動できます。Dedicated Hosts は事前に手動で割り当てる必要はありません。必要に応じて自動的に作成されます。AMI をライセンス設定に関連付ける場合、その AMI は一度に 1 つのホストリソースグループにのみ関連付けることができます。詳細については、「License Manager ユーザーガイド」の「AWS License Managerのホストリソースグループ」を参照してください。

ライセンス設定

この設定では、専有ホストにテナンシーを制限せずに、インスタンスのライセンス設定を指定できます。ライセンス設定は、インスタンスにデプロイされたソフトウェアライセンスを追跡するため、ライセンスの使用状況とコンプライアンスをモニタリングできます。詳細については、「License Manager ユーザーガイド」の「セルフマネージドライセンスの作成」を参照してください。

アクセス可能なメタデータ

インスタンスメタデータサービスの HTTP エンドポイントへのアクセスを有効または無効にするかどうかを選択できます。デフォルトでは、HTTP エンドポイントは有効です。エンドポイントを無効にすると、インスタンスメタデータへのアクセスはオフになります。HTTP エンドポイントが有効になっている場合にのみ、IMDSv2 を要求する条件を指定できます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスメタデータオプションの設定」を参照してください。 Amazon EC2

メタデータバージョン

インスタンスメタデータをリクエストするときに、インスタンスメタデータサービスバージョン 2 (IMDSv2) の使用を要求できます。値を指定しない場合、デフォルトで IMDSv1 と IMDSv2 の両方がサポートされます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスメタデータオプションの設定」を参照してください。 Amazon EC2

メタデータトークンレスポンスホップ制限

メタデータトークンのネットワークホップの許容数を設定できます。値を指定していない場合、デフォルトで 1 が適用されます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスメタデータオプションの設定」を参照してください。 Amazon EC2

ユーザーデータ

シェルスクリプトまたは cloud-init ディレクティブをユーザーデータとして指定することで、起動時にインスタンスをカスタマイズして設定を完了できます。ユーザーデータは、インスタンスの初回起動時に実行されるため、起動時にアプリケーション、依存関係、またはカスタマイズを自動的にインストールできます。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「起動時に Linux インスタンスでコマンドを実行するAmazon EC2」を参照してください。

大量のダウンロードや複雑なスクリプトがある場合、インスタンスが使用できるようになるまでにかかる時間が長くなります。その場合、インスタンスが完全にプロビジョニングされるまで InService状態になるまで遅延するようにライフサイクルフックを設定する必要がある場合があります。Auto Scaling グループにライフサイクルフックを追加する方法の詳細については、「」を参照してくださいAmazon EC2 Auto Scaling のライフサイクルフック