モニタリングの構成 Auto Scaling インスタンス - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

モニタリングの構成 Auto Scaling インスタンス

Amazon EC2 でEC2インスタンスを起動するときに詳細な監視を有効にできます。 Auto Scaling グループ。監視を構成する Auto Scaling 起動テンプレートまたは起動設定を使用するインスタンス。

モニタリングは、インスタンスが作成されるたびに、基本モニタリング (5 分間隔) または詳細モニタリング (1 分間隔) で有効になります。詳細モニタリングでは追加料金が適用されます。詳細については、以下を参照してください。 Amazon CloudWatch 価格設定 および を使用してインスタンスを監視する CloudWatchLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

デフォルトでは、起動テンプレートを作成した場合、または AWS マネジメントコンソールを使用して起動設定を作成した場合、基本モニタリングが有効になります。詳細モニタリングは、AWS CLI または SDK を使用して起動設定を作成する場合に有効になります。

新しい EC2 インスタンスで有効になるモニタリングのタイプを変更するには、起動テンプレートを更新するか、Auto Scaling グループを更新して新しい起動設定を使用します。インスタンスを終了しても、以前に有効化されたモニタリングタイプが使用されます。すべてのインスタンスを更新するには、インスタンスを終了して、インスタンスが Auto Scaling インスタンスを個別にグループ化または更新するには、 monitor-instances および unmonitor-instances.

注記

最大インスタンス寿命とインスタンス更新機能を使用すると、 Auto Scaling グループは、新しい設定を使用する新しいインスタンスを起動します。詳細については、以下を参照してください。 最大インスタンス有効期間に基づいた Auto Scaling インスタンスの置き換え および インスタンスの更新に基づく Auto Scaling インスタンスの置き換え.

もし、 CloudWatch 関連付けられたアラーム Auto Scaling グループ、 put-metric-alarm コマンドを使用して、各アラームを更新します。各間隔をモニタリングタイプに合わせます (基本モニタリングでは 300 秒、詳細モニタリングでは 60 秒)。詳細モニタリングから基本モニタリングに変更しても、5 分間アラームを更新しないと、1 分ごとに統計を確認し続けます。5 回のうち最大 4 回は利用可能なデータが検出されない可能性があります。

設定するには CloudWatch 監視(コンソール)

起動構成を作成する場合は、 AWS マネジメントコンソール、 詳細の構成 ページ、選択 CloudWatch詳細監視を有効にする. それ以外の場合は、基本モニタリングが有効です。詳細については、「」を参照してください。起動設定の作成.

を使用して起動テンプレートの詳細な監視を有効にするには AWS マネジメントコンソール、 詳細の詳細 セクション、対象: モニタリング、選択 有効化. それ以外の場合は、基本モニタリングが有効です。詳細については、「」を参照してください。起動テンプレートの作成 Auto Scaling グループ.

設定するには CloudWatch モニタリング(AWS CLI)

起動構成では、 create-launch-configuration コマンドと --instance-monitoring オプション。このオプションを に設定する true 詳細なモニタリングや false 基本的なモニタリングを可能にします。

--instance-monitoring Enabled=true

起動テンプレートについては、 create-launch-template コマンドを実行し、起動テンプレートを作成するための情報を含む JSON ファイルを渡します。監視属性を "Monitoring":{"Enabled":true} 詳細なモニタリングや "Monitoring":{"Enabled":false} 基本的なモニタリングを可能にします。