の開始方法 AWS Backup - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の開始方法 AWS Backup

このチュートリアルでは、 AWS Backup の機能を使用するための一般的な手順を示します。この技術ドキュメントの他の部分と同様に、他のウィンドウの AWS マネジメントコンソール も参照してください。

前提条件

作業を開始する前に、次の項目が揃っていることを確認してください。

  • AWS アカウント。詳細については、「を初めてセットアップ AWS する」を参照してください。

  • でサポートされているリソースが少なくとも 1 つあります AWS Backup。

  • バックアップする AWS サービスとリソースに精通している必要があります。「サポートされている AWS リソースとサードパーティーアプリケーションのリスト」を参照してください。

    新しい AWS サービスが利用可能になったら、 を有効に AWS Backup してそれらのサービスを使用します。

    で使用する AWS サービスを設定するには AWS Backup
    1. にサインインし AWS Management Console、https://console.aws.amazon.com/backup で AWS Backup コンソールを開きます。

    2. ナビゲーションペインで [設定] を選択します。

    3. [サービスのオプトイン] ページで、[リソースを設定] を選択します。

    4. 「リソースの設定」ページで、トグルスイッチを使用して、 で使用されるサービスを有効または無効にします AWS Backup。サービスを設定したら、[確認] を選択します。オプトインしている AWS サービスが で利用できることを確認します AWS リージョン。

    詳細については、バックアッププランへのリソースの割り当て「」を参照してください。 AWS Backup コンソールでは、ユーザーはバックアッププランにリソースタイプを割り当てることができます。これは、その特定のサービスでオプトインが有効になっていない場合でも含まれます。

  • バックアップするリソースがすべて同じ AWS リージョンにあることを確認します。

このチュートリアルを完了するには、 AWS アカウント ルートユーザーを使用して にサインインします AWS Management Console。ただし、 AWS Identity and Access Management (IAM) では、 AWS アカウント ルートユーザーを使用しないことをお勧めします。代わりに、アカウントに管理者を作成し、それらの認証情報を使用してアカウントのリソースを管理します。詳細については、「を初めてセットアップ AWS する」を参照してください。

AWS Backup コンソールには、リソースをバックアップするためのさまざまなオプションが用意されています。オンデマンドでバックアップを作成したり、リソースのバックアップ方法をスケジュールして設定したり、リソースの作成時に自動的にバックアップするようにリソースを設定したりできます。