Amazon Aurora クラスターの復元 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Aurora クラスターの復元

AWS Backup コンソールを使用して Aurora リカバリポイントを復元する

AWS Backup は、Aurora クラスターを復元します。クラスターに Amazon RDS インスタンスを作成したり、アタッチしたりすることはありません。次の手順では、CLI を使用して Amazon RDS インスタンスを作成して、復元した Aurora クラスターにアタッチします。

Aurora クラスターを復元するには、複数の復元オプションを指定する必要があります。これらのオプションについては、Amazon Aurora ユーザーガイドの「Aurora DB クラスターのバックアップと復元の概要」を参照してください。

Amazon Aurora クラスターを復元するには

  1. https://console.aws.amazon.com/backup で AWS Backup コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Protected resources (保護されたリソース)] を選択し、復元する Aurora リソース ID を選択します。

  3. [Resource details (リソースの詳細)] ページには、選択したリソース ID の回復ポイントのリストが表示されます。リソースを復元するには、[バックアップ] ペインで、リソースの復旧ポイント ID の横にあるラジオボタンをクリックします。ペインの右上隅にある [復元] を選択します。

  4. [Instance specifications (インスタンスの仕様)] ペインで、デフォルトを受け入れるか、[DB engine (DB エンジン)]、[DB engine version (DB エンジンのバージョン)]、[Capacity type (容量タイプ)] 設定のオプションを指定します。

    注記

    [Serverless (サーバーレス)] キャパシティータイプが選択されている場合は、[Capacity settings (キャパシティー設定)] ペインが表示されます。[Minimum Aurora capacity unit (最小オーロラ容量単位)] と [Maximum Aurora capacity unit (最大オーロラ容量単位)] の設定のオプションを指定するか、[Additional scaling configuration (追加のスケーリング設定)] セクションから別のオプションを選択します。

  5. [設定] ペインで、AWS アカウント が現在のリージョンで所有しているすべての DB クラスターインスタンスにおいて一意の名前を指定します。DB クラスター識別子は大文字と小文字を区別がありませんが、すべて小文字で保存されます (例: 「mydbclusterinstance」)。これは必須のフィールドです。

  6. [Network & Security (ネットワークとセキュリティ)] ペインで、デフォルトを受け入れるか、[仮想プライベートクラウド (VPC)]、[Subnet group (サブネットグループ)]、および [Availability zone (アベイラビリティーゾーン)] 設定のオプションを指定します。

  7. [Database options (データベースオプション)] ペインで、デフォルトを受け入れるか、[Database port (データベースポート)]、[DB cluster parameter group (DB クラスターパラメータグループ)]、および [IAM DB Authentication Enabled (IAM DB 認証の有効化)] 設定のオプションを指定します。

  8. [Backup (バックアップ)] ペインで、デフォルトを受け入れるか、[Copy tags to snapshots (タグをスナップショットにコピーする)] 設定のオプションを指定します。

  9. [Backtrack (バックトラック)] ペインで、既定値をそのまま使用するか、[Enable Backtrack (バックトラックを有効にする)] または [Disable Backtrack (バックトラックを無効にする)] 設定のオプションを指定します。

  10. [Encryption (暗号化)] ペインで、デフォルトを受け入れるか、[Enable encryption (暗号化を有効にする)] または [Disable encryption (暗号化を無効にする)] 設定のオプションを指定します。

  11. ログのエクスポートペインで、Amazon に発行するログタイプの選択 CloudWatch ログ。[IAM role (IAM ロール)] は既にに定義されています。

  12. [Restore role (ロールの復元)] ペインで、この復元のために AWS Backup が引き受ける IAM ロールを選択します。

  13. すべての設定を指定したら、[Restore backup (バックアップを復元)] を選択します。

    [ジョブを復元] ペインが表示されます。ページ上部のメッセージには、復元ジョブに関する情報が表示されます。

  14. 復元が完了したら、復元した Aurora クラスターを Amazon RDS インスタンスにアタッチします。

    AWS CLI の使用

    • Linux、macOS、Unix の場合:

      aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance \ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora-mysql --db-instance-class db.r4.large
    • Windows の場合:

      aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance ^ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora-mysql --db-instance-class db.r4.large

Aurora リカバリポイントを復元するために、AWS Backup API、CLI、または SDK を使用する

StartRestoreJob を使用します。Aurora 復元中に、以下のメタデータを指定できます。

List<String> availabilityZones; Long backtrackWindow; Boolean copyTagsToSnapshot; String databaseName; String dbClusterIdentifier; String dbClusterParameterGroupName; String dbSubnetGroupName; List<String> enableCloudwatchLogsExports; Boolean enableIAMDatabaseAuthentication; String engine; String engineMode; String engineVersion; String kmsKeyId; Integer port; String optionGroupName; ScalingConfiguration scalingConfiguration; List<String> vpcSecurityGroupIds;

例:

"restoreMetadata":"{\"EngineVersion\":\"5.6.10a\",\"KmsKeyId\":\"arn:aws:kms:us-east-1:234567890123:key/45678901-ab23-4567-8cd9-012d345e6f7\",\"EngineMode\":\"serverless\",\"AvailabilityZones\":\"[\\\"us-east-1b\\\",\\\"us-east-1e\\\",\\\"us-east-1c\\\"]\",\"Port\":\"3306\",\"DatabaseName\":\"\",\"DBSubnetGroupName\":\"default-vpc-05a3b07cf6e193e1g\",\"VpcSecurityGroupIds\":\"[\\\"sg-012d52c68c6e88f00\\\"]\",\"ScalingConfiguration\":\"{\\\"MinCapacity\\\":2,\\\"MaxCapacity\\\":64,\\\"AutoPause\\\":true,\\\"SecondsUntilAutoPause\\\":300,\\\"TimeoutAction\\\":\\\"RollbackCapacityChange\\\"}\",\"EnableIAMDatabaseAuthentication\":\"false\",\"DBClusterParameterGroupName\":\"default.aurora5.6\",\"CopyTagsToSnapshot\":\"true\",\"Engine\":\"aurora\",\"EnableCloudwatchLogsExports\":\"[]\"}"