Amazon Timestream バックアップ - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Timestream バックアップ

Amazon Timestream はスケーラブルな時系列データベースで、1 日に最大何兆もの時系列データポイントの保存と分析が可能です。Timestream は、最新のデータをメモリに保持し、履歴データをポリシーに従ってコストが最適化されたストレージ階層に保存することで、コストと時間の節約のために最適化されています。

Timestream データベースにはテーブルがあります。これらのテーブルにはレコードが含まれており、各レコードは時系列内の 1 つのデータポイントです。時系列とは、株価、Amazon EC2 インスタンスのメモリ使用量、温度の測定値など、一定の間隔で記録された一連のレコードです。 AWS Backup Timestream テーブルを一元的にバックアップおよび復元できます。これらのテーブルバックアップは、 AWS リージョン 他のアカウントや同じ組織内の複数のアカウントにコピーできます。

Timestream は現在、ネイティブのバックアップサービスと復元サービスを提供していないため、Timestream テーブルの安全なコピーを作成することで AWS Backup 、リソースのセキュリティと耐障害性をさらに高めることができます。

Timestream テーブルのバックアップ

Timestream テーブルは、 AWS Backup コンソールまたはを使用してバックアップできます。 AWS CLI

AWS Backup コンソールを使用して Timestream テーブルをバックアップするには、オンデマンドでバックアップする方法と、バックアッププランの一部としてバックアップする方法の 2 つがあります。

オンデマンド Timestream バックアップの作成

  1. https://console.aws.amazon.com/backup AWS Backup でコンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインを使用して、[保護されたリソース]、[オンデマンドバックアップの作成] の順に選択します。

  3. [オンデマンドバックアップを作成] ページで、[Amazon Timestream] を選択します。

  4. [リソースタイプ] に Timestream を選択し、バックアップするテーブル名を選択します。

  5. バックアップウィンドウで、[今すぐバックアップを作成] が選択されていることを確認します。これにより、すぐにバックアップが開始され、[保護されたリソース] ページにクラスターが表示される時間を短縮できます。

  6. [コールドストレージへの移行] のドロップダウンメニューで、移行設定を設定できます。

  7. [保持期間] では、バックアップを保持する期間を選択できます。

  8. 既存のバックアップボールトを選択するか、新しいバックアップボールトを作成します。[Create new backup vault (新しいバックアップボールトを作成)] を選択すると、ボールトを作成する新しいページが開きます。完了すると、[Create on-demand backup (オンデマンドバックアップを作成)] ページに戻ります。

  9. [IAM ロール] で [ AWS Backup デフォルトロール] を選択します (アカウントにデフォルトロールがない場合は、正しい権限で自動的に作成されます)。

  10. オプションとして、復旧ポイントにタグを追加できます。オンデマンドバックアップに 1 つ以上のタグを割り当てる場合は、[キー] とオプションの [値]] を入力して、[タグを追加] を選択します。

  11. [オンデマンドバックアップを作成] を選択します。[ジョブ] ページに移動し、ジョブのリストが表示されます。

  12. クラスターの [バックアップジョブ ID] を選択すると、そのジョブの詳細が表示されます。CompletedIn Progress、または Failed のステータスが表示されます。表示されるステータスを更新するには、[更新] ボタンをクリックします。

バックアッププランで、スケジュールされた Timestream バックアップを作成する

保護されたリソースであれば、スケジュールされたバックアップに Timestream テーブルを含めることができます。Amazon Timestream テーブルの保護をオプトインするには:

  1. https://console.aws.amazon.com/backup AWS Backup でコンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[保護されたリソース] を選択します。

  3. Amazon Timestream を [オン] に切り替えます。

  4. 既存のプランまたは新しいプランに Timestream テーブルを含めるには、「コンソールへのリソースの割り当て」を参照してください。

[バックアッププランを管理] で、バックアッププランを作成して Timestream テーブルを含めるか、既存のプランを更新して Timestream テーブルを含めるかを選択できます。リソースタイプとして Timestream を追加する場合、[すべての Timestream テーブル] を追加するか、[特定のリソースタイプを選択] で、追加するテーブルの横にあるチェックボックスをオンにできます。

Timestream テーブルから最初に作成されるバックアップは、フルバックアップになります。それ以降のバックアップは増分バックアップになります。

バックアッププランを作成または変更したら、左側のナビゲーションにある [バックアッププラン] に移動します。指定したバックアッププランでは、[リソース割り当て] にクラスターが表示されるはずです。

プログラムによるバックアップ

オペレーション start-backup-job を使用することができます。以下のパラメータを含めます。

aws backup start-backup-job \ --backup-vault-name backup-vault-name \ --resource-arn arn:aws:timestream:region:account:database/database-name/table/table-name \ --iam-role-arn arn:aws:iam::account:role/role-name \ --region AWS リージョン \ --endpoint-url URL

Timestream テーブルのバックアップを表示する

Timestream テーブルのバックアップをコンソール内で表示および変更するには:

  1. https://console.aws.amazon.com/backup AWS Backup でコンソールを開きます。

  2. [バックアップボールト] を選択します。次に、Timestream テーブルを含むバックアップボールト名をクリックします。

  3. バックアップボールトには、概要とバックアップのリストが表示されます。

    1. [復旧ポイント ID] 列のリンクをクリックするか、

    2. 復旧ポイント ID の左側にあるチェックボックスをオンにして [アクション] をクリックすると、不要になった復旧ポイントを削除できます。

Timestream テーブルを復元する

Timestream テーブルを復元する方法を確認する