仮想マシンのバックアップ - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

仮想マシンのバックアップ

AWS Backup は、オンプレミスの VMware 仮想マシン (VMsの VMware Cloud™ (VMC) および の VMware VMware Cloud™ (VMC) の VMs の一元化 AWS および自動データ保護をサポートします AWS Outposts。オンプレミスおよび VMC 仮想マシンから にバックアップできます AWS Backup。その後、 AWS Backup から、オンプレミス VM、VMC 内の VM、または VMC on AWS Outpostsに復元できます。

AWS Backup は、VM 検出、バックアップスケジューリング、保持管理、低コストのストレージ階層、クロスリージョンおよびクロスアカウントコピー、 AWS Backup ボールトロックと AWS Backup Audit Manager のサポート、ソースデータから独立した暗号化、バックアップアクセスポリシーなど、フルマネージド型の AWSネイティブ VM バックアップ管理機能も提供します。機能と詳細の完全なリストについては、「リソース別の機能の可用性 テーブル」を参照してください。

AWS Backup を使用して、VMware Cloud™ on 上の仮想マシンを保護できます AWS Outposts。 AWS Outposts は、VMware Cloud™ on が接続され AWS リージョン ている に AWS Backup VM バックアップを保存します。VMware Cloud™ on を使用して、アプリケーションデータの低レイテンシーとローカルデータ処理のニーズを満たすために、VMware Cloud™ on AWS Outposts AWS Backup VMs AWS Backup を保護できます。データレジデンシーの要件に基づいて、 AWS Outposts が接続され AWS リージョン ている親にアプリケーションデータのバックアップ AWS Backup を保存することもできます。

サポートされている VM

AWS Backup は、VMware vCenter によって管理される仮想マシンをバックアップおよび復元できます。

現在サポートされている:
  • vSphere 8、7.0、および 6.7

  • 1 KiB の倍数である仮想ディスクサイズ

  • オンプレミスおよび 上の VMC の NFS、VMFS、および VSAN データストア AWS

  • ソース VMs からオンプレミス VMware AWS 用のデータをコピーするための SCSI ホット追加および Network Block Device Secure Sockets Layer (NBDSSL) トランスポートモード

  • VMware Cloud on 上の VMs を保護するためのホット追加モード AWS

現在サポートされていません。
  • RDM (raw ディスクマッピング) ディスクまたは NVMe コントローラーとそのディスク

  • 独立した永続ディスクモードと独立した非永続ディスクモード

バックアップの整合性

AWS Backupは、デフォルトでは、仮想マシンの VMware Tools 静止設定を使用して、アプリケーションの整合性のある仮想マシンのバックアップをキャプチャします。アプリケーションが VMware Tools と互換性がある場合、バックアップはアプリケーションの一貫性を保ちます。休止機能が使用できない場合、 はクラッシュコンシステントバックアップ AWS Backup をキャプチャします。リストアをテストして、バックアップが組織のニーズを満たしていることを確認します。

Backup ゲートウェイ

Backup ゲートウェイは、VMware VM を に接続するために VMware インフラストラクチャにデプロイするダウンロード可能な AWS Backup ソフトウェアです AWS Backup。 VMs ゲートウェイは VM 管理サーバーに接続して VM を検出し、VM を検出し、データを暗号化し、効率的にデータを AWS Backupに転送します。次の図は、Backup ゲートウェイが VM に接続する方法を示しています。

バックアップゲートウェイは、VMware 環境を に接続する OVF テンプレートです AWS Backup。

Backup ゲートウェイソフトウェアをダウンロードするには、ゲートウェイの使用 の手順に従います。

VPC (仮想プライベートクラウド) エンドポイントの詳細については、AWS Backup 「」および AWS PrivateLink 「接続」を参照してください。

Backup ゲートウェイには別に、 AWS Backup API から保持された独自の API が付属しています。Backup ゲートウェイ API アクションのリストを表示するには、「Backup ゲートウェイアクション」を参照してください。Backup ゲートウェイ API データタイプのリストを表示するには、「Backup ゲートウェイのデータタイプ」を参照してください。

エンドポイント

現在パブリックエンドポイントを使用している既存のユーザーが、VPC(Virtual Private Cloud)エンドポイントに切り替える場合は、AWS PrivateLink を使用して VPC エンドポイントで新しいゲートウェイを作成し、既存のハイパーバイザーをゲートウェイに関連付けた後、パブリックエンドポイントを含むゲートウェイを削除できます。