Windows VSS バックアップの作成 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Windows VSS バックアップの作成

AWS Backup では、Amazon EC2 インスタンスで実行されている VSS(ボリュームシャドウコピーサービス)対応の Windows アプリケーションをバックアップおよび復元できます。アプリケーションに VSS ライターが Windows VSS に登録されている場合は、AWS Backup は、そのアプリケーションに対して一貫性のあるスナップショットを作成します。他の保護に使用されているのと同じマネージドバックアップサービスを使用しながら、整合性のあるリストアを実行し、AWS リソースの使用料金を見積もることができます。EC2 でアプリケーション整合性の高い Windows バックアップを使用すると、従来のバックアップツールと同じ整合性設定とアプリケーション認識が得られます。

注記

AWS Backup は現在、Amazon EC2 で実行されているリソースのアプリケーション整合性バックアップのみをサポートしています。Windows VSS バックアップでは、すべてのインスタンスタイプまたはアプリケーションがサポートされているわけではありません。

詳細については、Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Creating a VSS Application-Consistent Snapshot」を参照してください。

Amazon EC2 を実行する VSS 対応の Windows リソースをバックアップおよび復元するには、次の手順を実行します。

  • 必要な前提条件タスクを完了します。手順については、Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Before You Begin」を参照してください。

  • AWS Systems Manager で VSS エージェントをダウンロード、インストール、設定します。このステップは必須です。詳細は、AWS Systems Manager ユーザーガイドの「Run Command を使用した SSM エージェント の更新」を参照してください。

  • Windows VSS (ボリュームシャドウコピーサービス) のバックアップを取る前に、IAM ロールに IAM ポリシーを追加し、Amazon EC2 インスタンスにロールをアタッチします。手順については、Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「VSS 対応スナップショット用の IAM ロールを作成する」を参照してください。IAM ポリシーの例については、「マネージドポリシー」を参照してください。

  • AWS Backup で VSS を有効にします。

    AWS Backup で Windows VSS バックアップを有効にするには  

    1. https://console.aws.amazon.com/backup で AWS Backup コンソールを開きます。

    2. ダッシュボードで、オンデマンドバックアップの作成またはバックアッププランの管理から作成するバックアップのタイプを選択します。バックアップタイプに必要な情報を入力します。

    3. リソースを割り当てる場合は、[EC2] を選択します。Windows VSS バックアップは、現在 EC2 インスタンスでのみサポートされています。

    4. [詳細設定] セクションで、[Windows VSS] を選択します。これにより、アプリケーション整合性のある Windows VSS バックアップを作成できます。

    5. バックアップを作成します。

サポートされていない Amazon EC2 インスタンス

次の Amazon EC2 インスタンスタイプは、小規模なインスタンスであり、バックアップを正常に取得しない可能性があるため、VSS 対応の Windows バックアップではサポートされません。

  • t3.nano

  • t3.micro

  • t3a.nano

  • t3a.micro

  • t2.nano

  • t2.micro