AmazonSSMAutomationRole - AWS 管理ポリシー

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AmazonSSMAutomationRole

説明: EC2 Automation サービスが Automation ドキュメント内で定義されたアクティビティを実行するためのアクセス許可を付与します

AmazonSSMAutomationRoleAWS マネージドポリシー です。

このポリシーを使用すると

ユーザー、グループおよびロールに AmazonSSMAutomationRole をアタッチできます。

ポリシーの詳細

  • タイプ: サービスロールポリシー

  • 作成日時: 2016 年 12 月 5 日 22:09 UTC

  • 編集日時: 2017 年 7 月 24 日 23:29 UTC

  • ARN: arn:aws:iam::aws:policy/service-role/AmazonSSMAutomationRole

ポリシーのバージョン

ポリシーのバージョン: v5 (デフォルト)

ポリシーのデフォルトバージョンは、ポリシーのアクセス許可を定義するバージョンです。ポリシーを持つユーザーまたはロールが AWS リソースへのアクセスをリクエストすると、 はポリシーのデフォルトバージョン AWS をチェックして、リクエストを許可するかどうかを判断します。

JSON ポリシードキュメント

{ "Version" : "2012-10-17", "Statement" : [ { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "lambda:InvokeFunction" ], "Resource" : [ "arn:aws:lambda:*:*:function:Automation*" ] }, { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "ec2:CreateImage", "ec2:CopyImage", "ec2:DeregisterImage", "ec2:DescribeImages", "ec2:DeleteSnapshot", "ec2:StartInstances", "ec2:RunInstances", "ec2:StopInstances", "ec2:TerminateInstances", "ec2:DescribeInstanceStatus", "ec2:CreateTags", "ec2:DeleteTags", "ec2:DescribeTags", "cloudformation:CreateStack", "cloudformation:DescribeStackEvents", "cloudformation:DescribeStacks", "cloudformation:UpdateStack", "cloudformation:DeleteStack" ], "Resource" : [ "*" ] }, { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "ssm:*" ], "Resource" : [ "*" ] }, { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "sns:Publish" ], "Resource" : [ "arn:aws:sns:*:*:Automation*" ] } ] }

詳細はこちら