AmazonSSMManagedInstanceCore - AWS 管理ポリシー

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AmazonSSMManagedInstanceCore

説明: AWS Systems Manager サービスコア機能を有効にする Amazon EC2 ロールのポリシー。

AmazonSSMManagedInstanceCoreAWS マネージドポリシー です。

このポリシーを使用すると

ユーザー、グループおよびロールに AmazonSSMManagedInstanceCore をアタッチできます。

ポリシーの詳細

  • タイプ: AWS 管理ポリシー

  • 作成日時: 2019 年 3 月 15 日 17:22 UTC

  • 編集日時: 2019 年 5 月 23 日 16:54 UTC

  • ARN: arn:aws:iam::aws:policy/AmazonSSMManagedInstanceCore

ポリシーのバージョン

ポリシーのバージョン: v2 (デフォルト)

ポリシーのデフォルトバージョンは、ポリシーのアクセス許可を定義するバージョンです。ポリシーを持つユーザーまたはロールが AWS リソースへのアクセスをリクエストすると、 はポリシーのデフォルトバージョン AWS をチェックして、リクエストを許可するかどうかを判断します。

JSON ポリシードキュメント

{ "Version" : "2012-10-17", "Statement" : [ { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "ssm:DescribeAssociation", "ssm:GetDeployablePatchSnapshotForInstance", "ssm:GetDocument", "ssm:DescribeDocument", "ssm:GetManifest", "ssm:GetParameter", "ssm:GetParameters", "ssm:ListAssociations", "ssm:ListInstanceAssociations", "ssm:PutInventory", "ssm:PutComplianceItems", "ssm:PutConfigurePackageResult", "ssm:UpdateAssociationStatus", "ssm:UpdateInstanceAssociationStatus", "ssm:UpdateInstanceInformation" ], "Resource" : "*" }, { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "ssmmessages:CreateControlChannel", "ssmmessages:CreateDataChannel", "ssmmessages:OpenControlChannel", "ssmmessages:OpenDataChannel" ], "Resource" : "*" }, { "Effect" : "Allow", "Action" : [ "ec2messages:AcknowledgeMessage", "ec2messages:DeleteMessage", "ec2messages:FailMessage", "ec2messages:GetEndpoint", "ec2messages:GetMessages", "ec2messages:SendReply" ], "Resource" : "*" } ] }

詳細はこちら