製品系列 - AWS Supply Chain

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

製品系列

製品系列 とは、製品とその以前の製品バージョンまたは代替製品との間で確立された関係を指します。Demand Planning は、このような製品について、製品系列情報を使用してサロゲート履歴を作成し、これを需要予測の予測入力として使用します。

製品系列がサポートするパターンは次のとおりです。

  • 単一の製品に単一の系列または代替製品がある = 1:1

    製品系列パターン = 1:1

    1:1 シナリオの例は、次のとおりです。

    製品系列パターン = 1:1
  • 単一の製品に複数の系統または代替製品がある = 複数:1

    製品系列パターン = 複数:1

    Demand Planning は、チェーンメソッドまたはフラット化メソッドの両方としてモデル化された製品系列関係をサポートします。

    • チェーン形式 – A から B へ、B から C への系統関係を直接モデル化できます。次の例では、需要計画では、系統関係を A から B、B から C、A から C としてモデル化します。

      Predecessor 後継者

      A

      B

      B

      C

      次の例は、多対 1 のシナリオ - チェーン形式を示しています。

      製品系統パターン = チェーン形式
    • フラット化された形式 – Demand Planning は、引き続き A から B および A から C 形式の系統情報をサポートします。次の例では、需要計画は系統リレーションホップを A から B に、A から C にモデル化します。B から C は考慮されません。

      Predecessor 後継者

      A

      B

      A

      C

      注記

      チェーン形式は 10 レベルの系統関係のみをサポートします。10 個以上の場合は、フラット化された形式を使用して系統関係をモデル化できます。

    次の例は、多:1 シナリオ - フラット化された形式を示しています。

    製品系列パターン = フラット化された形式
  • 単一の製品が複数の製品系統または代替製品となる可能性があるになる = 1:複数

    製品系列パターン = 1:複数

製品系列機能を有効にして、product_alternate データエンティティでさまざまなバージョンの製品または代替製品や代替品の系統関係を定義できます。詳細については、「Demand Planning」を参照してください。

インスタンスが 2023 年 9 月 11 日以降に作成された場合は、データ接続モジュールに product_alternate AWS Supply Chain データエンティティが表示されます。インスタンスが 2023 年 9 月 11 日以前に作成された場合は、新しいデータ接続を作成して product_alternate データエンティティの取り込みを有効にします。

product_alternate データエンティティにデータを取り込むには、次のガイドラインに従います。

  • product_id – 予測作成の主な製品です。

  • alternative_product_id – 製品または代替製品や代替品の以前のバージョンです。

    単一の product_id に対して複数の alternative_product_id を含めるには、行を分けて入力します。

  • Demand Planning は、値が次の形式で指定される場合にのみデータを対象に含めます。

    • alternate_type が similar_demand_product と等しい。

    • ステータスがアクティブ。

    • alternate_product_qty_uom がテキスト形式の割合 (%)。

    • alternate_product_qty – alternate_product_qty データフィールドには、新しい製品の予測に使用する代替製品の履歴の割合を入力する。例えば、60% の場合は 60 と入力する。単一の product_id に複数の alternative_product_id を指定する場合、 の合計が 100 となる必要はありません。

  • eff_start_date および eff_end_date データフィールドは必須です。ただし、このフィールドを空のままにすると、Demand Planning は、それぞれ 1000 年と 9999 年で自動入力されます。

製品系列データを使用して予測を作成して product ID でフィルタリングすると、Demand Planning ページに [Forecast is based on alternate product's history] という識別子が表示されます。

次の表は、product_alternate データエンティティに取り込まれたデータに基づく Demand Planning 製品系列機能の仕組みを説明しています。

必須またはオプション 例 1 例 2 例 3 例 4 例 5 例 6 例 7 例 8 例 9 例 10 例 11

product_id

必須 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 製品 123 Null 製品 123

alternative_product_id

必須 製品 XYZ Null 製品 XYZ 製品 XYZ 製品 XYZ 製品 XYZ 製品 XYZ 製品 XYZ 製品 XYZ Null 製品 XYZ

alternate_type

必須 Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product NULL または異なる値 Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product Similar_Demand_Product

ステータス*

必須 ACTIVE ACTIVE ACTIVE inactive ACTIVE ACTIVE Null ACTIVE ACTIVE ACTIVE ACTIVE

alternate_product_qty

必須 100 60 100 100 Null 100 100 100 100 100 60

alternate_product_qty_uom

必須 割合(%) 割合(%) 割合(%) 割合(%) 割合(%) NULL または異なる値 割合(%) 割合(%) 割合(%) 割合(%) 割合(%)

eff_start_date

必須 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 Null 2023-01-01 00:00:00 2023-01-01 00:00:00 Null

eff_end_date

必須 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 2025-12-31 23:59:59 Null 2025-12-31 23:59:59 Null

予想される動作

該当なし 2023 年 1 月 1 日から 2025 年 12 月 31 日までの製品 XYZ の履歴の 100% が、製品 123 の予測に使用される。 alternative_product_id が欠落しているため、無効なマッピング。 alternate_type が「similar_demand_product」と等しくないため、無効なマッピング。 非アクティブなマッピング。 alternate_product_qty が欠落しているため、無効なマッピング。 alternate_product_qty_uom が欠落してるかパーセンテージでないため、無効なマッピング。 status が欠落しているため、無効なマッピング。 取り込みは失敗します。 取り込みは失敗します。 product_id と alternative_product_id が欠落しているため、無効なマッピング。 取り込みは失敗します。

該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし

Demand Planning は、eff_start_date を 1000 年に自動入力します。このシナリオは有効であり、データインジェストは失敗しません。

Demand Planning は eff_end_date を 9999 年に自動入力します。このシナリオは有効で、取り込みは失敗しません。

該当なし

Demand Planning は、eff_start_date を 1000 年に、eff_end_date を 9999 年に自動入力します。このシナリオは有効で、取り込みは失敗しません。

次の例では、ステータス非アクティブに設定され、製品系列がチェーン形式の場合に、Demand Planning が をどのように解釈するかを説明します。

ステータス

A

B

[アクティブ]

B

C

無効

C

D

[アクティブ]

需要計画では、最初のルートマッピングと子マッピングのステータスをチェーン全体のステータスと見なします。

A から B へのアクティブ

A から C アクティブ

A から D アクティブ

B から C への非アクティブ

B から D への非アクティブ

C から D までアクティブ