とは AWS Supply Chain - AWS Supply Chain

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

とは AWS Supply Chain

AWS Supply Chain は、既存のエンタープライズリソースプランニング (ERP) およびサプライチェーン管理システムと連携するクラウドベースのサプライチェーン管理アプリケーションです。を使用すると AWS Supply Chain、既存の ERP またはサプライチェーンシステムから、インベントリ、供給、需要に関連するデータを 1 つの統合 AWS Supply Chain データモデルに接続して抽出できます。

の概要 AWS Supply Chain

の機能 AWS Supply Chain

AWS Supply Chain は、次の機能をサポートしています。

  • データレイク – AWS Supply Chain データレイクは、サプライチェーン管理用に構築された拡張可能なデータモデルを使用して、サプライチェーンシステムからのデータを 1 か所に集約するプロセスを簡素化します。データレイクは、既存の ERP やサプライチェーン管理システムなど、あらゆる構造化されたデータソースからのデータを処理します。その他の倉庫管理システムに接続するには、Amazon S3 コネクタを使用できます。データソースが接続されたら、データソースと AWS Supply Chainのデータモデル間のデータマッピングを確認して確認できます。データフィールドのマッピングが完了すると、データソースからデータのインポートを開始できます。詳細については、「データレイク」を参照してください。

  • インサイト – AWS Supply Chain インサイトは、データレイク内のサプライチェーンデータを使用して、潜在的なサプライチェーンリスク (在庫切れ、過剰在庫、リードタイム偏差など) に関するインサイトを自動的に生成します。データがインポートされると、 は、在庫スナップショット、未処理の注文、転送中の出荷、アウトバウンド注文と予測からの需要に基づいて、予測された在庫 AWS Supply Chain を自動的に計算します。 は、在庫ポリシーに格納されている在庫レベルの下と上の両方を含む潜在的な在庫リスクをインベントリマネージャー AWS Supply Chain に積極的に警告し、在庫切れを解決するための再調整に関する推奨事項を提供します。インベントリマネージャーは、ベンダーによるリードタイムの逸脱が一貫している場合にも警告され、今後そのような逸脱を回避するために契約上のリードタイムを更新することをお勧めします。詳細については、「インサイト」を参照してください。

  • 需要計画 – AWS Supply Chain Demand Planning を使用して、需要予測の作成、市場状況に応じた予測の調整、および需要プランナーによるチーム間のコラボレーションを許可できます。詳細については、「Demand Planning」を参照してください。

  • 供給計画 – 供給計画を使用して、品目、コンポーネント、および製品の購入を計画および予測できます。供給計画は、自動補充計画と製造計画の 2 種類の供給計画をサポートします。詳細については、「供給計画」を参照してください。

  • サステナビリティ — AWS Supply Chain データレイクコネクタを使用し、パートナー情報を point-of-contact Amazon S3 またはその他の ERP システムからパートナーまたはパートナーの にマッピングすることで、パートナーを招待できます。詳細については、「持続可能性」を参照してください。

  • N 階層の可視性 — N 階層の可視性は、組織を超えて外部の取引相手に可視性とインサイトを拡張します。詳細については、「N 階層の可視性」を参照してください。

AWS Supply Chain へのサインイン

AWS Supply Chain にはウェブベースのクライアントがあるため、ウェブブラウザから AWS Supply Chain アカウントにアクセスできます。の使用を開始するには AWS Supply Chain、ブロードバンドインターネット接続と、次の表に示すいずれかのウェブブラウザが必要です。

ブラウザ サポートされるバージョン

Google Chrome

最新 3 バージョン

Mozilla Firefox Extended Support Release (ESR)

サポート終了日 前のバージョンはすべてサポートされます。詳細については、「Firefox ESR release calendar」を参照してください。

Mozilla Firefox

最新 3 バージョン

Microsoft Edge および Edge Chromium

バージョン 84 以降

Safari

macOS 上の Safari 10 以降

AWS Supply Chain システム管理者から一意の AWS Supply Chain ウェブクライアント URL が提供されます。紛失したか、忘れたパスワードを復元する場合は、管理者に問い合わせてください。

注記

AWS Supply Chain ダッシュボードは、アクセス許可ロールに従ってカスタマイズされます。詳細については、「ユーザーアクセス許可」を参照してください。

  1. ウェブブラウザで、 AWS Supply Chain 管理者から提供された [ウェブクライアント URL] を入力します。例えば、https://alias.awsapps.com と入力します。

  2. ユーザー名とパスワード にはAWS IAM Identity Center SSO 認証情報 (以前は AWS SSO と呼ばれていました) を入力します。

  3. [サインイン] を選択します。

ユーザーアクセス許可

AWS Supply Chain では、次のデフォルトのユーザーアクセス許可ロールがサポートされています。これ以外にも、複数のアクセス許可ロールを持つカスタムユーザーアクセス許可ロールを作成できます。特定のロケーションや製品を追加することもできます。

  • 管理者 – すべてのデータとユーザーのアクセスを作成、表示、管理するアクセス許可

  • データアナリスト – すべてのデータ接続を作成、表示、管理するアクセス許可

  • 在庫マネージャー – Insights を作成、表示、管理するアクセス許可

  • プランナー – 予測と上書きを作成、表示、管理し、需要計画を公開するアクセス許可

  • パートナーデータマネージャー – パートナーの管理と表示、データリクエストの管理と表示、持続可能性データの表示のアクセス許可

  • サプライプランナー – 供給計画を管理、表示するアクセス許可