AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

Cost Explorer で予測する

レポートの将来の時間範囲を選択して予測を作成します。詳細については、「表示するデータの時間範囲の選択」を参照してください。以下のセクションでは、Cost Explorer によって作成される予測の精度とその読み方について説明します。

予測とは、選択した予測期間に AWS のサービスをどれだけ使用するかを、過去の使用状況に基づいて推定することです。予測では、AWS の請求額が見積もられ、推定した使用量に合わせてアラームと予算を使用できます。予測とは推測であることより、予測された請求額は見積もりとなり、各ご利用期間の実際の請求額とは異なる場合もあります。

天気予測のように、請求予測には精度に差が生じる場合があります。精度は、予測間隔によって異なります。予測間隔が広いほど、予測の範囲は広くなります。たとえば、特定の月の予算が 100 USD に設定されているとします。80% の予測間隔では、90 から 100 の間で平均 95 の支出が予測される可能性があります。予測帯域の範囲は、過去の支出のボラティリティ (変動) によって異なります。過去の支出の一貫性と予測可能性が高いほど、予測支出の予測範囲は狭くなります。

Cost Explorer の予測では、80% の予測間隔になります。AWS に 80% の予測間隔で予測するための十分なデータがない場合、Cost Explorer に予測は提供されません。この状況は、請求サイクルが 1 回未満のアカウントによく見られます。

予測の読み方

Cost Explorer の予測の読み方は、使用するグラフのタイプによって異なります。予測は、折れ線グラフと棒グラフの両方で利用できます。

80% の予測間隔の表示は、グラフのタイプごとに異なります。

  • 折れ線グラフでは、予測間隔はコスト線の両側にある一連の線として表示されます。

  • 棒グラフでは、予測間隔は棒の上部の両側にある 2 本の線として表示されます。

割引を受けている場合、月次コストに割引を含めるように予測するときは、[Show net unblended costs (正味非ブレンドコストを表示)] を使用することをお勧めします。非ブレンドコストに割引は含まれませんが、代わりに割引が独自の項目に分けられます。さまざまなコストの詳細については、「コストエクスプローラーの詳細オプション」を参照してください。

一括請求 (コンソリデーティッドビリング) での予測の利用

AWS Organizations で一括請求機能を使用すると、予測はすべてのアカウントのデータで計算されます。組織に新しいメンバーアカウントを追加すると、組織の新しい利用パターンが分析されるまで、予測の正確性が低下します。一括請求の詳細については、「組織の一括請求」を参照してください。