適切なサイズ設定に関する推奨事項によるコストの最適化 - AWS Billing and Cost Management

適切なサイズ設定に関する推奨事項によるコストの最適化

Cost Explorer の適切なサイズ設定に関する推奨事項の機能を使用するとAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でインスタンスを縮小または終了してコストを削減する機会を特定できます。適切なサイズ設定に関する推奨事項では、Amazon EC2 のリソースと使用状況を分析し、支出を削減する方法を示します。リンクされたアカウント全体で十分に活用されていない Amazon EC2 インスタンスが単一のビューに表示されるため、削減できる量をすぐに確認できます。推奨事項をよく理解したら、Amazon EC2 コンソールでアクションを実行できます。

適切なサイズ設定に関する推奨事項の開始方法

予約の推奨事項とリソースベースの推奨事項には、Cost Explorer コンソールからアクセスできます。この機能を有効にしてから推奨事項が生成されるまでに最大 30 時間かかることがあります。

適切なサイズ設定に関する推奨事項にアクセスするには

  1. AWS Management Console にサインインして AWS コスト管理 (https://console.aws.amazon.com/cost-management/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[適切なサイズ設定に関する推奨事項] を選択します。

適切なサイズ設定に関する推奨事項を有効にするには

  1. AWS コスト管理 (https://console.aws.amazon.com/cost-management/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [設定] を選択します。

  3. [推奨事項] セクションで、[Amazon EC2 リソースの推奨事項を受け取る] を選択します。

  4. [Save preferences (設定の保存)] を選択します。

注記

適切なサイズ設定に関する推奨事項を有効にできるのは、通常のアカウントまたは管理アカウントのみです。この機能を有効にすると、メンバーと管理アカウントのどちらからも適切なサイズ設定に関する推奨事項にアクセスできます。ただし、[設定] ページで、メンバーアカウントへのアクセスを管理アカウントが明確に禁止している場合は除きます。

推奨事項の品質の向上を目的として、AWS は、発行された使用状況メトリクス (ディスクやメモリの使用率など) を使用して、推奨モデルやアルゴリズムを改善する場合があります。AWS では、すべてのメトリクスを匿名化して集計した上で、モデルのトレーニングに使用しています。このエクスペリエンスをオプトアウトし、メトリクスを保存してモデルの改良に使用しないようリクエストする場合は、AWS Support までお問い合わせください。詳細については、「AWS サービス条件」を参照してください。

適切なサイズ設定に関する推奨事項の使用

次のトップレベルの主要業務指標 (KPI) は、適切なサイズ設定に関する推奨事項で確認できます。

  • [最適化の機会] – リソースと使用状況に基づいて利用可能な推奨事項の数

  • [推定月間削減額] – 提供された各推奨事項に関連する推定月間削減額の合計

  • [推定削減額 (%)] – 推奨事項リスト内のインスタンスに関連付けられた直接インスタンスコスト (オンデマンド) に対して可能な削減額

適切なサイズ設定に関する推奨事項をフィルタリングするには

  1. AWS コスト管理 (https://console.aws.amazon.com/cost-management/home) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[適切なサイズ設定に関する推奨事項] を選択します。

  3. [適切なサイズ設定に関する推奨事項] ページの一番上で、次のチェックボックスのいずれかまたはすべてを選択して、推奨事項をフィルタリングします。

    • アイドル状態のインスタンス (終了の推奨事項)

    • 使用率の低いインスタンス

    • Savings Plans およびリザーブドインスタンスを含める (推奨されるコスト削減計算で既存の Savings Plans または RI カバレッジを検討するためのオプション)

    • 推奨事項を生成する (単一のインスタンスファミリー内または複数のインスタンスファミリーにわたる推奨事項を生成するためのオプション)

  4. [結果] テーブルの上で、検索バーを使用して、次のパラメータでフィルタリングします。

    • アカウント ID (管理アカウントから利用可能なオプション)

    • リージョン

    • コスト配分タグ

適切なサイズ設定に関する推奨事項の詳細を表示するには

  1. AWS コスト管理 (https://console.aws.amazon.com/cost-management/home) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[適切なサイズ設定に関する推奨事項] を選択します。

  3. [View (表示)] を選択します。

    各推奨事項の右にある [表示] ボタンを使用すると、インスタンスと推奨されるアクションの詳細を示すウィンドウが開きます。

推奨事項を CSV 形式でダウンロードするには

  1. [Cost Explorer を起動] を選択します。

  2. 左ナビゲーションペインで、[Recommendations (推奨事項)] を選択します。

  3. [CSV のダウンロード] を選択します。

CSV フィールドの定義については、CSV の詳細 を参照してください。

CloudWatch メトリクスを使用した推奨事項の強化

Amazon CloudWatch エージェントを有効にすると、AWS はお客様のメモリ使用率を調査できます。

メモリ使用率を有効にする方法については、「CloudWatch エージェントのインストール」を参照してください。

重要

CloudWatch 設定ファイルを作成する場合は、収集したメトリクスのデフォルトの名前空間とデフォルトの名前を使用します。

[InstanceID] で、append_Dimension を選択します。個別のメモリまたはディスクメトリクスにディメンションを追加しないでください。現在、ディスク利用率は調べられません。

Linux インスタンスの場合は、CloudWatch エージェントが収集するメトリクスとして、mem_used_percent を選択します。Windows インスタンスの場合は、"% Committed Bytes In Use" を選択します。

CloudWatch エージェントの詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「CloudWatch エージェントを使用した Amazon EC2 Instances インスタンスとオンプレミスサーバーからのメトリクスとログの収集」を参照してください。

CSV の詳細

[適切なサイズ設定に関する推奨事項] ページからダウンロード可能な CSV フォームのフィールドのリストを以下に示します。適切なサイズ設定に関する推奨事項が複数ある場合、フィールドは繰り返されます。ファイルには、関連するコスト配分タグもすべて含まれています。

  • [アカウント ID] – 推奨事項に基づき、インスタンスを所有する AWS アカウント ID。

  • [アカウント名] – 推奨事項に基づき、インスタンスを所有するアカウントの名前。

  • [インスタンス ID] – 一意のインスタンス識別子。

  • [インスタンス名] – インスタンスに付けた名前。

  • [インスタンスタイプ] – インスタンスファミリーと元のインスタンスのサイズ。

  • [インスタンス名] – インスタンスに付けた名前。インスタンスに名前を付けていない場合、このフィールドは空白として表示されます。

  • [OS] – 現在のインスタンスのオペレーティングシステムまたはプラットフォーム。

  • [リージョン] – インスタンスが存在する AWS リージョン。

  • [Running Hours (実行時間)] – 過去 14 日間のインスタンスの実行時間の合計数。

  • [RI 時間数] – 振り返り期間にわたって AWS 予約でカバーされる合計実行時間のサブセット。

  • [OD 時間数] – 振り返り期間にわたってオンデマンドである合計実行時間のサブセット。

  • [SP 時間数] – 振り返り期間にわたって Savings Plans でカバーされる合計実行時間のサブセット。

  • [CPU 使用率] – 振り返り期間におけるインスタンスの最大CPU使用率。

  • [メモリ使用率] – 振り返り期間におけるインスタンスの最大メモリ使用率 (Amazon CloudWatch エージェントから使用可能な場合)。

  • [ディスク使用率] – 振り返り期間におけるインスタンスの最大ディスク使用率 (CloudWatch エージェントから使用可能な場合。現在サポートされていません)。

  • [ネットワークキャパシティ] – 現在のインスタンスの 1 秒あたりの最大ネットワーク入力/出力オペレーション。これは、実際のインスタンスの使用またはパフォーマンスの測定値ではなく、キャパシティーのみを表します。推奨事項では考慮されていません。

  • [EBS 読み取りスループット] — 読み取りオペレーションの 1 秒あたりの最大数。

  • [EBS 書き込みスループット] — 書き込みオペレーションの 1 秒あたりの最大数。

  • [EBS 読み取り帯域幅] — 1 秒あたりの読み取り KiB の最大ボリューム。

  • [EBS 書き込み帯域幅] — 1 秒あたりの書き込み KiB の最大ボリューム。

  • [推奨アクション] – 推奨されるアクション (インスタンスの変更または終了)。

  • [推奨されるインスタンスタイプ 1] – 推奨されるインスタンスタイプのインスタンスファミリーとサイズ。終了の推奨事項については、このフィールドは空です。

  • [推奨されるインスタンスタイプ 1 の推定削減額] – 推奨されるアクション、インスタンスタイプ、関連レート、および現在のリザーブドインスタンス (RI) ポートフォリオに基づく予測削減額。

  • [推奨されるインスタンスタイプ 1 の予測 CPU] – 現在のインスタンスディスクの使用率と推奨インスタンス仕様に基づいた CPU 使用率の予測値。

  • [推奨されるインスタンスタイプ 1 の予測メモリ] – 現在のインスタンスメモリの使用率と推奨インスタンスの仕様に基づくメモリ使用率の予測値。

  • [推奨されるインスタンスタイプ 1 の予測ディスク] – 現在のインスタンスディスクの使用率と推奨インスタンスの仕様に基づくディスク使用率の予測値。

  • [推奨インスタンスタイプ 1 のネットワークキャパシティー] – 推奨インスタンスの 1 秒あたりの最大ネットワーク入力/出力オペレーション。これは、実際のインスタンスの使用またはパフォーマンスの測定値ではなく、キャパシティーのみを表します。推奨事項では考慮されていません。

適切なサイズ設定に関する推奨事項による計算の概要

このセクションでは、適切なサイズ設定に関する推奨事項アルゴリズムで使用する削減額計算の概要を示します。

一括請求 (コンソリデーティッドビリング) ファミリー

一括請求ファミリーのすべてのアカウントのすべてのインスタンスを識別するために、適切なサイズ設定に関する推奨事項では、各アカウントの過去 14 日間の使用状況を調べます。インスタンスが停止または終了している場合、AWS はそのインスタンスを考慮対象から除外します。残りのすべてのインスタンスについて、CloudWatch を呼び出して、過去 14 日間の最大 CPU 使用率データ、メモリ使用率 (有効な場合)、ネットワーク入出力、ローカルディスクの入出力 (I/O)、およびアタッチされた EBS ボリュームのパフォーマンスを取得します。これは保守的な推奨事項を作成するためのものであり、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を及ぼしたり、パフォーマンスに予期しない影響を及ぼしたりする可能性があるインスタンスの変更を推奨するためのものではありません。

インスタンスがアイドルであるか、使用率が過小であるか、どちらでもないかを判断する

過去 14 日間のインスタンスの最大 CPU 使用率を調べて、次のいずれかの評価を行います。

  • [アイドル] – 最大 CPU 使用率が 1% 以下の場合。終了の推奨事項が生成され、削減額が算出されます。詳細については、「削減額の計算」を参照してください。

  • [使用率が過小] – CPU の最大使用率が 1% を超え、インスタンスタイプの変更でコスト削減が可能な場合は、変更の推奨事項が生成されます。

インスタンスがアイドルでもなく、使用率が過小でもない場合、推奨事項は生成されません。

変更の推奨事項の生成

推奨事項では、機械学習エンジンを使用して、特定のワークロードに最適な Amazon EC2 インスタンスタイプを特定します。インスタンスタイプには、AWS Auto Scaling グループの一部であるインスタンスタイプが含まれます。

推奨事項エンジンは、ワークロードの設定とリソースの使用状況を分析して、多数の定義特性を特定します。たとえば、ワークロードが CPU を大量に消費しているかどうか、日常的なパターンを示しているかどうかを判断できます。推奨事項エンジンは、これらの特性を分析し、ワークロードに必要なハードウェアリソースを特定します。

最後に、さまざまな Amazon EC2 インスタンスでのワークロードの動作を確認し、特定のワークロードに最適な AWS コンピューティングリソースに関する推奨事項を生成します。

削減額の計算

最初にインスタンスの過去 14 日間の実行を調べ、それが RI や Savings Plans によって部分的または完全にカバーされているか、オンデマンドで実行されているかを確認します。次に、RI がサイズ柔軟かどうかを調べます。インスタンスを実行するコストは、オンデマンド時間とインスタンスタイプのレートに基づいて計算されます。

推奨事項ごとに、新しいインスタンスを操作するためのコストを計算します。新しいインスタンスが前のインスタンスと同じインスタンスファミリー内にある場合、サイズ変更可能な RI は新しいインスタンスを前のインスタンスと同じ方法でカバーすると見なされます。推定削減額は、オンデマンドの実行時間数と、オンデマンドレートの差に基づいて計算されます。RI がサイズ柔軟でない場合や新しいインスタンスが別のインスタンスファミリー内にある場合、推定削減額は、新しいインスタンスが過去 14 日間にオンデマンドとして実行されていたかどうかに基づいて計算されます。

Cost Explorer は、推定削減額が 0 USD 以上である場合にのみ、推奨事項を提供します。これらの推奨事項は、Compute Optimizer 結果のサブセットです。コストの増加につながる可能性のあるパフォーマンスベースの推奨事項については、「Compute Optimizer」を参照してください。

削減額を表示する場合に、RI または Savings Plans の割引を反映するかどうかを選択できます。推奨事項は、デフォルトで両方の割引を反映します。RI または Savings Plans の割引を反映すると、一部の推奨事項では削減額が 0 USD として表示される場合があります。このオプションを変更するには、「適切なサイズ設定に関する推奨事項の使用」を参照してください。

注記

適切なサイズ設定に関する推奨事項では、結果として生じる RI 時間の可用性や他のインスタンスへの適用方法など、適切なサイズ設定の二次効果はキャプチャされません。RI 時間の再割り当てに基づく潜在的な削減額は計算に含まれません。