Optimizing your cost with Rightsizing Recommendations - AWS Billing and Cost Management

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Optimizing your cost with Rightsizing Recommendations

Cost Explorer の適切なサイズ設定に関する推奨事項の機能を使用すると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でインスタンスを縮小または終了してコストを削減する機会を特定できます。適切なサイズ設定に関する推奨事項では、Amazon EC2 のリソースと使用状況を分析し、支出を削減する方法を示します。リンクされたアカウント全体で十分に活用されていない Amazon EC2 インスタンスが単一のビューに表示されるため、削減できる量をすぐに確認できます。推奨事項をよく理解したら、Amazon EC2 コンソールでアクションを実行できます。

Getting started with rightsizing recommendations

予約の推奨事項とリソースベースの推奨事項には、Cost Explorer コンソールからアクセスできます。この機能を有効にしてから推奨事項が生成されるまでに最大 30 時間かかることがあります。

適切なサイズ設定に関する推奨事項にアクセスするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインして、https://console.aws.amazon.com/billing/home#/で Billing and Cost Management コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Cost Explorer] を選択します。

  3. Cost Explorer ページで、[コストエクスプローラーを起動] を選択します。

  4. ナビゲーションペインで、[Recommendations] を選択します。

適切なサイズ設定に関する推奨事項を有効にするには

  1. [コストエクスプローラーを起動] を選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[Recommendations] を選択します。

  3. [リソース最適化の推奨事項] セクションで、[Enable rightsizing recommendations (適切なサイズ設定に関する推奨事項)] を選択します。

注記

適切なサイズ設定に関する推奨事項を有効にできるのは、通常のアカウントまたは支払いアカウントのみです。この機能を有効にすると、リンクされたアカウントと支払者アカウントのどちらからも適切なサイズ設定に関する推奨事項にアクセスできます。ただし、[設定] ページで、リンクされたアカウントへのアクセスを支払者アカウントが明確に禁止している場合は除きます。

推奨事項の品質の向上を目的として、AWS は、発行された使用状況メトリクス (ディスクやメモリの使用率など) を使用して、推奨モデルやアルゴリズムを改善する場合があります。AWS では、すべてのメトリクスを匿名化して集計した上で、モデルのトレーニングに使用しています。このエクスペリエンスをオプトアウトし、メトリクスを保存してモデルの改良に使用しないようリクエストする場合は、AWS サポート までお問い合わせください。詳細については、「AWS サービス条件」を参照してください。

Using your rightsizing recommendations

次のトップレベルの主要業務指標 (KPI) は、適切なサイズ設定に関する推奨事項で確認できます。

  • Optimization opportunities – The number of recommendations available based on your resources and usage

  • Estimated monthly savings – The sum of the projected monthly savings associated with each of the recommendations provided

  • Estimated savings (%) – The available savings relative to the direct instance costs (On-Demand) associated with the instances in the recommendation list

適切なサイズ設定に関する推奨事項をフィルタリングするには

  1. [コストエクスプローラーを起動] を選択します。

  2. 左ナビゲーションペインで、[Recommendations (推奨事項)] を選択します。

  3. [リソース最適化の推奨事項] セクションで、[Enable rightsizing recommendations (適切なサイズ設定に関する推奨事項)] を選択します。

  4. 上部にある ライツサイズに関する推奨事項 ページで、次のチェック ボックスのいずれかまたはすべてを選択して、推薦をフィルターします。

    • Idle instances (termination recommendations)

    • Underutilized instances

    • Include 削減計画 and Reserved Instances (option to consider existing 削減計画 or RI coverage in recommendation savings calculations)

    • Generate recommendations (option to generate recommendations within the instance family, or across multiple instance families)

  5. 所見 検索バーを使用して、次のパラメータでフィルターします。

    • Account ID (option available from the payer account)

    • Region

    • Cost allocation tag

適切なサイズ設定に関する推奨事項の詳細を表示するには

  1. [コストエクスプローラーを起動] を選択します。

  2. 左ナビゲーションペインで、[Recommendations (推奨事項)] を選択します。

  3. [View (表示)] を選択します。

    各推奨事項の右にある [表示] ボタンを使用すると、インスタンスと推奨されるアクションの詳細を示すウィンドウが開きます。

推奨事項を CSV 形式でダウンロードするには

  1. [コストエクスプローラーを起動] を選択します。

  2. 左ナビゲーションペインで、[Recommendations (推奨事項)] を選択します。

  3. [CSV のダウンロード] を選択します。

CSV フィールドの定義については、CSV details を参照してください。

Enhancing your recommendations using CloudWatch metrics

Amazon CloudWatch エージェントを有効にすると、AWS はお客様のメモリ使用率を調査できます。

メモリ使用率を有効にする方法については、「CloudWatch エージェントのインストール」を参照してください。

重要

CloudWatch 設定ファイルを作成する場合は、収集したメトリクスのデフォルトの名前空間とデフォルトの名前を使用します。

対象: インスタンスID、選択 append_Dimension。 個々のメモリまたはディスクのメトリックに、追加の寸法を追加しないでください。現在、ディスク利用率は調べられません。

Linux インスタンスの場合は、CloudWatch エージェントが収集するメトリクスとして、mem_used_percent を選択します。Windows インスタンスの場合は、"% Committed Bytes In Use" を選択します。

に関する詳しい情報は、 CloudWatch エージェント、を参照 からメトリックスとログを収集する Amazon EC2 を使用したインスタンスおよびオンプレミス サーバ CloudWatch エージェントAmazon CloudWatch ユーザーガイド.

CSV details

[適切なサイズ設定に関する推奨事項] ページからダウンロード可能な CSV フォームのフィールドのリストを以下に示します。適切なサイズ設定に関する推奨事項が複数ある場合、フィールドは繰り返されます。ファイルには、関連するコスト配分タグもすべて含まれています。

  • Account ID – The AWS account ID that owns the instance that the recommendation is based off of.

  • Account Name – The name of the account that owns the instance that the recommendation is based off of.

  • Instance ID – The unique instance identifier.

  • Instance Name – The name you've given to the instance.

  • Instance Type – The instance family and size of the original instance.

  • Instance Name – The name you've given an instance. This field will show as blank if you haven't given the instance a name.

  • OS – The operating system or platform of the current instance.

  • Region – The AWS Region that the instance is running in.

  • Running Hours – The total number of running hours of the instance over the last 14 days.

  • RI Hours – The subset of the total running hours that are covered by an AWS reservation over the look-back period.

  • OD Hours – The subset of the total running hours that are On-Demand over the look-back period.

  • SP Hours – The subset of the total running hours that are covered by 削減計画 over the look-back period.

  • CPU Utilization – The maximum CPU utilization of the instance over the look-back period.

  • Memory Utilization – The maximum memory utilization of the instance over the look-back period (if available from the Amazon CloudWatch agent).

  • Disk Utilization – The maximum disk utilization of the instance over the look-back period (if available from the CloudWatch agent - currently not supported).

  • Network Capacity – The maximum network input/output operations per second capacity of the current instance. This isn't a measure of actual instance use or performance, only capacity. It's not considered in the recommendation.

  • Recommended Action – The recommended action, either modify or terminate the instance.

  • Recommended Instance Type 1 – The instance family and size of the recommended instance type. For termination recommendations, this field is empty.

  • Recommended Instance Type 1 Estimated Saving – The projected savings based on the recommended action, instance type, associated rates, and your current Reserved Instance (RI) portfolio.

  • Recommended Instance Type 1 Projected CPU – The projected value of the CPU utilization based on utilization of current instance disk and recommended instance specifications.

  • Recommended Instance Type 1 Projected Memory – The projected value of the memory utilization based on utilization of current instance memory and recommended instance specifications.

  • Recommended Instance Type 1 Projected Disk – The projected value of the disk utilization based on utilization of current instance disk and recommended instance specifications.

  • Recommended Instance Type 1 Network Capacity – The maximum network input/output operations per second capacity of the recommended instance. This isn't a measure of actual instance use or performance, only capacity. It's not considered in the recommendation.

Understanding your rightsizing recommendations calculations

このセクションでは、適切なサイズ設定に関する推奨事項アルゴリズムで使用する削減額計算の概要を示します。

Consolidated billing family

一括請求ファミリーのすべてのアカウントのすべてのインスタンスを識別するために、適切なサイズ設定に関する推奨事項では、各アカウントの過去 14 日間の使用状況を調べます。インスタンスが停止または終了している場合、AWS はそのインスタンスを考慮対象から除外します。残りのすべてのインスタンスについては、CloudWatch を呼び出して、過去 14 日間の最大 CPU 使用率データを取得します。これは保守的な推奨事項を作成するためのものであり、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を及ぼしたり、パフォーマンスに予期しない影響を及ぼしたりする可能性があるインスタンスの変更を推奨するためのものではありません。

Determining if an instance is idle, underutilized, or neither

過去 14 日間のインスタンスの最大 CPU 使用率を調べて、次のいずれかの評価を行います。

  • Idle – If the maximum CPU utilization is at or below 1%. A termination recommendation is generated, and savings are calculated. For more information, see Savings calculation.

  • Underutilized – If the maximum CPU utilization is above 1% and cost savings are available in modifying the instance type, a modification recommendation is generated.

インスタンスがアイドルでもなく、使用率が過小でもない場合、推奨事項は生成されません。

Generating modification recommendations

推奨事項では、機械学習エンジンを使用して、特定のワークロードに最適な Amazon EC2 インスタンスタイプを特定します。インスタンスタイプには、AWS Auto Scaling グループの一部であるインスタンスタイプが含まれます。

推奨事項エンジンは、ワークロードの設定とリソースの使用状況を分析して、多数の定義特性を特定します。たとえば、ワークロードが CPU を大量に消費しているかどうか、日常的なパターンを示しているかどうかを判断できます。推奨事項エンジンは、これらの特性を分析し、ワークロードに必要なハードウェアリソースを特定します。

最後に、さまざまな Amazon EC2 インスタンスでのワークロードの動作を確認し、特定のワークロードに最適な AWS コンピューティングリソースに関する推奨事項を生成します。

Savings calculation

最初にインスタンスの過去 14 日間の実行を調べ、それが RI や 削減計画 よって部分的または完全にカバーされているか、オンデマンドで実行されているかを確認します。次に、RI がサイズ柔軟かどうかを調べます。インスタンスを実行するコストは、オンデマンド時間とインスタンスタイプのレートに基づいて計算されます。

推奨事項ごとに、新しいインスタンスを操作するためのコストを計算します。新しいインスタンスが前のインスタンスと同じインスタンスファミリー内にある場合、サイズ変更可能な RI は新しいインスタンスを前のインスタンスと同じ方法でカバーすると見なされます。推定削減額は、オンデマンドの実行時間数と、オンデマンドレートの差に基づいて計算されます。RI がサイズ柔軟でない場合や新しいインスタンスが別のインスタンスファミリー内にある場合、推定削減額は、新しいインスタンスが過去 14 日間にオンデマンドとして実行されていたかどうかに基づいて計算されます。

Cost Explorer は、推定削減額が 0 USD 以上である場合にのみ、推奨事項を提供します。これらの推奨事項は、Compute Optimizer 結果のサブセットです。コストの増加につながる可能性のあるパフォーマンスベースの推奨事項については、「Compute Optimizer」を参照してください。

削減額を表示する場合に、RI または 削減計画 の割引を反映するかどうかを選択できます。推奨事項は、デフォルトで両方の割引を反映します。RI または 削減計画 の割引を反映すると、一部の推奨事項では削減額が 0 USD として表示される場合があります。このオプションを変更するには、「Using your rightsizing recommendations」を参照してください。

注記

適切なサイズ設定に関する推奨事項では、結果として生じる RI 時間の可用性や他のインスタンスへの適用方法など、適切なサイズ設定の二次効果はキャプチャされません。RI 時間の再割り当てに基づく潜在的な削減額は計算に含まれません。