特定のサービスの請求例 - AWS 請求

特定のサービスの請求例

一括請求が AWS のその他のサービスでどのように機能するかについて、知っておいていただきたい事柄が他にいくつかあります。

Amazon EC2 リザーブドインスタンス

たとえば、Amazon EC2 リザーブド DB インスタンスの例として、ボブとスーザンが組織内でそれぞれアカウントを持っているとします。スーザンは 5 つの同じタイプのリザーブドインスタンスを持っていて、ボブは何も持っていません。ある特定の時間内に、スーザンが 3 つのインスタンスを使用し、ボブが 6 つを使用し、組織の一括請求において合計 9 つのインスタンスが使用されました。AWS は 5 個のインスタンスをリザーブドインスタンスとして請求し、残り 4 つのインスタンスを通常のインスタンスとして請求します。

スーザンがリザーブドインスタンスを購入したのと同じ利用可能ゾーンでボブがインスタンスを起動する場合にのみ、ボブはスーザンのリザーブドインスタンスのコスト利点を受けることができます。たとえば、スーザンがリザーブドインスタンス購入の際に us-west-2a を指定した場合、ボブが組織の一括請求でコストメリットを得るためには、ボブは自分のインスタンス起動時に us-west-2a を指定する必要があります。しかし、Availability Zone の実際のロケーションは、アカウント間で独立しています。たとえば、ボブのアカウントの us-west-2a アベイラビリティーゾーンは、スーザンのアカウントのロケーションとは異なるロケーションにある可能性があります。

Amazon RDS リザーブド DB インスタンス

たとえば、Amazon RDS リザーブド DB インスタンスの例として、ボブとスーザンが組織内でそれぞれアカウントを持っているとします。スーザンが 5 つのリザーブド DB インスタンスを持っていて、ボブは何も持っていないとします。ある特定の時間内に、スーザンが 3 つの DB インスタンスを使用し、ボブが 6 つを使用し、組織の一括請求において合計 9 つの DB インスタンスが使用されました。この場合、AWS により、5 つがリザーブド DB インスタンスとして請求され、残り 4 つはオンデマンド DB インスタンスとして請求されます (Amazon RDS リザーブド DB インスタンスの料金については、料金表ページを参照してください)。スーザンがリザーブド DB インスタンスを購入したのと同じリージョンでボブが DB インスタンスを起動する場合にのみ、ボブはスーザンのリザーブド DB インスタンスのコスト利点を受けることができます。

また、「リザーブド DB インスタンス」で説明されているように、Susan のリザーブド DB インスタンスのすべての関連属性が、Bob によって起動された DB インスタンスの属性と一致する必要があります。たとえば、スーザンが以下の属性で、us-west-2 でリザーブド DB インスタンスを購入したとします。

  • DB エンジン: Oracle

  • DB インスタンスのクラス: m1.xlarge

  • デプロイのタイプ: Multi-AZ

これは、ボブが組織の一括請求においてコストメリットを得るためには、正確に同じ属性を持つ自身の DB インスタンスを us-west-2 で起動する必要があることを意味しています。

Amazon ElastiCache リザーブドノードインスタンス

たとえば、Amazon ElastiCache リザーブドノードの例として、ボブとスーザンが組織内でそれぞれアカウントを持っているとします。スーザンが 5 つのリザーブドノードを持っていて、ボブは何も持っていないとします。ある特定の 1 時間の内に、スーザンは 3 つのノードを使用し、ボブは 6 つ使用します。これにより、合計 9 個のノードが一括請求に使用されます。

AWS は 5 つをリザーブドノードとして請求します。AWS は、残りの 4 つをオンデマンドノードとして請求します。(Amazon ElastiCache リザーブドノードの料金については、「Amazon ElastiCache 料金表」を参照してください。) スーザンがリザーブドノードを購入したのと同じリージョンでボブがオンデマンドノードを起動する場合にのみ、ボブはスーザンのリザーブドノードのコスト利点を受けることができます。

また、スーザンのリザーブドノードのコスト利点を受けるには、ボブのノードの全属性が、スーザンが起動したノードの属性と一致する必要があります。たとえば、スーザンが以下の属性で、us-west-2 でリザーブドノードを購入したとします。

  • キャッシュエンジン: Redis

  • ノードの種類: cache.r3.large

ボブは組織の一括請求においてコストメリットを得るためには、同じ属性を持つ自身の ElastiCache ノードを us-west-2 で起動する必要があります。

Amazon OpenSearch Service リザーブドインスタンス

たとえば、Amazon OpenSearch Service リザーブドノードの例として、ボブとスーザンが組織内でそれぞれアカウントを持っているとします。スーザンが 5 つのリザーブド インスタンスを持っていて、ボブは何も持っていないとします。ある特定の 1 時間の内に、スーザンは 3 つのインスタンスを使用し、ボブは 6 つ使用します。これにより、合計 9 個のインスタンスが一括請求に使用されます。

AWS は 5 つをリザーブドインスタンスとして請求します。AWS は、残りの 4 つをオンデマンドインスタンスとして請求します。(Amazon OpenSearch Service リザーブドインスタンス料金については、「Amazon OpenSearch Service 料金表」を参照してください。) スーザンがリザーブドインスタンスを購入したのと同じリージョンでボブがオンデマンドインスタンスを起動する場合にのみ、ボブはスーザンのリザーブドインスタンスのコスト利点を受けることができます。

スーザンのリザーブドインスタンスのコスト利点を受けるには、スーザンが予約したものと同じインスタンスタイプをボブも使用する必要があります。たとえば、スーザンが us-west-2m4.large.elasticsearch インスタンスを購入したとします。ボブが組織の一括請求においてコスト利点を得るためには、同じインスタンスタイプを使用して us-west-2 で Amazon OpenSearch Service ドメインを起動する必要があります。